オリックス・田口2軍監督、若手に“直電” 堤、武田らにハッパ<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの田口壮2軍監督(46)が、来季1軍入りを狙う若手に“直電”をかけて奮起を促していたことが29日、分かった。選手と密接にコミュニケーションを取りながら、戦力の底上げを図る。  対象になったのは、若手なのに秋季高知キャンプに連れていってもらえなかった堤、武田ら5、6人だ。田口2軍監督は電話で「来春のキャンプはアピールできる場をもらえるから、しっかり体をつくってきてくれ。やらないとチャンスは与えない」とハッパをかけた。来春の宮… 続きを読む

オリックス3位大城が仮契約「足でアピールしたい」<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス3位の立大・大城滉二内野手(22)が東京都内で、球団と仮契約を結んだ。 契約金は6000万円で年俸は1200万円。背番号はかつて岡田彰布氏や谷佳知氏らが背負った10番に決まった。大城は「これからバファローズの一員になるんだという特別の多いの中、震える手でサインしました。評価していただいた走攻守の中でも、特に足を生かしたプレーでアピールしたい」と語った。 (ソースは日刊スポーツ) 背番号的にも期待大、ということだし、安達を脅かすぐ… 続きを読む

オリックス山田 チェンジアップ習得し秘密兵器に<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの来季7年目左腕山田修義投手(24)が2つの武器で、16年シーズンの秘密兵器になる。7月末に育成から支配下に再登録され、1軍で2試合に先発。戦績は1敗ながら、福良監督から「面白い」と先発入りを期待される存在になった。  宮崎でのフェニックス・リーグでは日本ハム武田勝からチェンジアップを教わった。夏場から取得に取り組んできた球種を、一線級の使い手から学び「カウント球にも決め球にもできる」と秋季キャンプで練習に励んだ。21日には… 続きを読む

静かにオファー待つ人情家・鉄平 09年の首位打者「最後の悪あがき」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 静かに戦力外通告を受けた。かつてのタイトルホルダーが、突きつけられた現実。目立った選手は10月初めの第1次に受けるイメージが強い、戦力外のシステム。オリックス・鉄平外野手は、日本シリーズ後に行われる第2次でそれを受けた。だからかはわからないが“静かに”という表現が、ぴったり当てはまった。今は、他球団からのオファーを待ちながら、トレーニングする毎日だ。  「やっぱりか、と。この成績でしたから」。楽天に在籍した09年に、打率・327で首位… 続きを読む

元オリックス、ヘスマンが引退 マイナー歴代最多433発<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 かつてオリックスでプレーし、米マイナーリーグで歴代最多の通算433本塁打をマークする内野手のヘスマンが28日、現役引退の意向を明らかにした。AP通信などが伝えた。  37歳のヘスマンは1996年からマイナーで計19年プレーし、ことし8月に通算本塁打の新記録をつくった。メジャーではブレーブス、タイガース、メッツで通算109試合に出場して14本塁打を記録した。11年はオリックスに所属し、48試合で打率1割9分2厘、6本塁打だった。 (… 続きを読む