オリックス・支配下登録、即スタメンの大下がプロ初打席で3ラン「歓声でホームランになったと」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスの大下誠一郎外野手(22)が、プロ初打席で本塁打を放った。1点を追う2回、松井佑の右前適時打で同点とした直後の1死一、三塁。フルカウントから、辛島の真ん中に甘く入った138キロを思い切り振り抜いた。驚きに近い歓声に乗った打球が左翼席に弾み、勝ち越し1号3ランとなった。二塁をまわり、ようやく本塁打を確認した大下は両腕を頭上でぐるぐる回し、子どものようにはしゃいでホームイン。ベンチのナインも、大盛り上がりで出迎えた。

 大下は「感触もよかったですし、スタンドに入った瞬間の歓声でホームランになってくれたとわかりました。(プロ初打席、初HRについて)本当にうれしいです」と喜びのコメント。昨秋の育成ドラフト6位で入団し、14日に支配下登録されたばかり。この日1軍に昇格すると、「8番・三塁」で即スタメン出場を果たした。背番号「40」のユニホームが間に合わず、山岡洋之打撃投手の背番号「102」で出場する慌ただしさ。2005年の育成ドラフト導入後で、育成入団の新人によるプロ初打席本塁打は史上初の快挙となった。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
   ⇒【オリックス】支配下登録、即スタメンの大下誠一郎がプロ初打席で3ラン「歓声でホームランになったと」

本当に「快挙」でしたね!まさに求めていた起爆剤になったと思います。

しかしタグの山になりましたね…笑。いかに大きな本塁打になったか、ということですね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<9/15 13回戦 オリックス5-1楽天>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2020年・オリックスバファローズ9月の関連ニュースまとめ>
9月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ2019年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス・支配下登録、即スタメンの大下がプロ初打席で3ラン「歓声でホームランになったと」<バファローズ最新ニュース>」への6件のフィードバック

  1. 管理人さん、こんにちは。

    今朝のスポニチの記事を読むと白鵬大の恩師の黒宮監督も脳梗塞で入院されていたんですね。いろんな人の思いを背負ってそれを自分の力に変えることができる、本当に素晴らしいと思いますね。監督の話では、先輩にも臆せず話ができ、弱いものいじめはせず、後輩や同級生を守るため向かっていくということで、正に男気あふれるタイプですし、今の仲良しクラブみたいなオリックスを戦う軍団に変えていく可能性を持った選手として今後に期待したいですね。
    管理人さんが昨日触れておられたように昨年のドラフト前に私も情報誌を読んでいた範囲で大下選手は下位ならどこかに本指名もあったかもしれないレベルの選手だったと思いますが、12球団それぞれの選手の年齢や守備の構成で(オリックスも含めて)見送られたのでしょうね。ただ、そこを粘って育成で抑えておけたのが編成の勝利ですよね。
    牧田スカウトは獲得に関しては素質はもちろん重要な要素だが、人間性や性格も重視してプロでやりたい本気度とか自分のことで一杯一杯にならない視野の広さとかも重視していると語っておられますね。乾スカウトもオリンピック代表として金メダルのために男性では考えられないくらいの猛練習を課せられた経験を活かしてこの子はプレッシャーに強いとか、集中力があるといった外的な能力面からは分からない部分を見出してほしいという期待から採用されたようですね。オリックスのトータルな人間力重視の指名方針、私は支持しています。余談ですが、榊原投手も育成から支配下の経歴、お父様の病気など、大下選手と似た境遇です。何とか心とボールのコントロールを身につけここからもう一歩階段を上ってほしいですね。
    今日は他にもスコアラーの担当制廃止、複数体制に変更という記事もありましたし、少しずつでもオリックスの古い体質を変える改革は進んでいると信じています。希望を持って見守っていきたいですね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      なんと、恩師も…。ほんでまた、大下はちゃんと「いい意味で」男気があるタイプとのことで…
      (やんちゃでこの逆のタイプをよう見かける・実際にそういう問題を起こしてしまう選手もいるからこそ、なかなかスッと指名にいけずに見送られるケースも…)

      しかし、牧田さんは本当にチャレンジができるというか…。ただ単にゴリ押すのではなく、根拠をもって推せるのが強みかなと。
      ※まさかあのドラフト暗黒期に入団した牧田さんが、こんな形で花開くとは夢にも思ってませんでした…。
      ほんでまた乾さんも楽しみなスカウトです。なんせ、選手実績はある意味「誰よりもある」んでね。メダル持っとる人間なんてそうはいませんからね。

      で、榊原もそうなんですよね…。お父様の病気も同じような感じのやったかな…。あとは心身がコントロールできれば、本当におもしろいぐらい勝てるはず。

      で、スコアラーの担当制は大失敗でしたね…。仕事ができた人・そうでない人で如実に結果が分かれてしまい、焦りに繋がっていたかも。
      客観的な視点は必要、ってことですね…。あとはホンマに、こういう動きをオーナーが止めたりしないことを祈るのみ…。

  2. テレビとはいえ、リアルタイムで視ていて由伸同様に鳥肌がたちました。
    また登場曲が『男の勲章』というのがいいですね。個人的には、由田さんの『バカサバイバー』以来のヒットです。
    問題なければ是非今日もスタメンで見たいですね。

    1. 磁石団長さん
      コメントありがとうございます!

      まさに男の勲章がピッタリ。(バカサバイバー懐かしい!)
      今日もヘンな張りとかなければぜひスタメンでいってほしいです。

  3. だい君、おめでとう!!やってくれましたねぇ!でも、まっさか一発になるとは·····。
    ほんま、まさか、まさかのデビューでした。育成、しかも下位からの入団。支配下登録〜一軍登録〜ベンチ入り〜スタメン出場と、即、即の鮮やかさ。で、初打席第二スイングでの柵超えアーチは、ほんま、絵に書いたような、まさに漫画の世界のような見事過ぎるデビューでした。恐れ入りました。たった一度やったけど、守備機会も無難にこなし、満点でしたね。ヒロインでは、かなり緊張気味みたいやったけど、これ又、初々しい。あの方言も良かったです。今のうちに一番欠けている、元気一杯さ。それはスイングにも表れてましたね。どうかどうか、怖いもん知らずでもええんで、小さい身体でもいい!縮こまらずに、大きく大きく育って欲しいもんです!!

    1. モリケンさん
      コメントありがとうございます!

      しかし育成下位入団から、よくぞ支配下を当年中に勝ち取り…そして本塁打デビュー…すごかったですねー。
      ヒーローインタビューはもう、あの味は残していった方がいいと思います。元気いっぱいさと、素朴さ…。
      楽しみな選手ですよね。ほんま大きく育っていってほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。