「第1号」タグアーカイブ

オリックスドラフト2位の野口智哉がプロ初アーチ 「何とか今年中には打ちたいと思っていた」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのドラフト2位・野口智哉内野手(23)がプロ初本塁打を放った。 7回無死二塁で代打で登場し、フルカウントから唐川の内角低め速球を右翼ポール際に運んだ。 「打ったのはカットボールだと思います。良い感触で打つことができました。ファームでは長打も出るようになってきていましたし、何とか今年中には打ちたいと思っていたので、1本出てくれて良かったです」 鳴門渦潮高では遊撃手兼投手として甲子園出場し、関大ではリーグ通算100安… 続きを読む

オリックス・太田、今季1号は貴重な勝ち越しソロ「しっかりとタイミングを取って打つことが出来た」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・太田椋内野手(21)が今季1号ソロを放った。「バッター有利なカウントでしたし、しっかりとタイミングを取って打つことが出来たと思います! なんとかこの試合に勝てるように、この後も頑張ります!」1─1の五回の先頭。ロッテ先発・佐藤奨がカウント3─1から投じた外角の直球をとらえ、右中間のホームランラグーンまで運んだ。昨年9月30日のロッテ戦(ゾゾマリン)以来、今季1号ソロは貴重な勝ち越し弾。右肋骨骨折により戦列を離れ… 続きを読む

オリックス・伏見寅威が1号2ラン ミスを埋める逆転弾「なんとか切れずに入ってくれてよかった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・伏見寅威捕手(32)が、逆転の今季1号2ランを放った。0─1の二回2死一塁。広島先発・大瀬良が投じた139キロのシュートをとらえ、左翼ポール際へ運んだ。飛距離は十分な一発を放ち、「インコースのボールをうまく振り抜けましたが、切れるかなと思っていたので、なんとか切れずに入ってくれてよかったです!」とコメント。一回の守備では高めに抜けた先発・田嶋の直球を捕球できず(記録は暴投)、そこから失点につながっていた。それだ… 続きを読む

オリックス・杉本裕太郎、T─岡田の大砲コンビが2者連発で大量リード<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・杉本裕太郎外野手(31)、T─岡田外野手(34)が2者連続の本塁打を放った。6─0の七回1死。まずは杉本が中日4番手・谷元の変化球をとらえ、左中間2階席へ今季3号ソロ。「少し差し込まれていましたが、うまく力を抜いて振り切れました! T(─岡田)さん、おかえりなさい!」とようやく今年の本拠地初アーチを描くと、続くT─岡田も「ラオウがいい流れでつないでくれたので、思い切って打つことができました!」と初球を中堅右の2… 続きを読む

オリックス・マッカーシーが出場2試合目で初安打「うれしく思っているよ!」8回には2ラン<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの新外国人のジョー・マッカーシー外野手(28=レンジャーズ3A)が、1軍出場2試合目で来日1号を含む猛打賞をマークした。出場選手登録された前日20日楽天戦に続いて、5番DHで先発出場。2回無死一塁の初打席で楽天先発の早川の変化球を捉え、左前に運んだ。一塁ベースに到達し、一塁の田口ベースコーチにほっとしたような笑顔を見せた。「どんな選手にとっても、最初の1本というのはとても大変だと思うし、まずはその1本目を打つこと… 続きを読む

オリックス昇格即「2番二塁」大城滉二が今季1号「いい感じでバットも振れています」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 主砲の吉田正らコロナ感染による離脱者が相次ぐオリックスに、頼もしい存在が帰ってきた。2点リードの3回無死。昇格即「2番二塁」で起用された大城滉二内野手が、追加点となる今季1号ソロを左翼席に運んだ。カウント3-2から日本ハム加藤の内角138キロ直球を捉え「(感触は)完璧でした! いい感じでバットも振れています」と笑顔で振り返った。大城は4月29日に特例2022代替選手として1軍に今季初昇格。8日に出場選手登録を抹消されたが、… 続きを読む

オリックス・紅林の今季1号2ランで同点 前回マダックスの日本ハム加藤を八回で攻略<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの紅林弘太郎内野手が今季1号の同点弾を放った。 2点を追いかける八回1死一塁。加藤の初球132キロシュートを捉え、左翼席に運んだ。七回まで6安打無得点に抑えられていた中、値千金の一発。加藤は前回登板で、投球数100球以内で完封勝利のマダックスを達成していた。 紅林は今季25試合目の98打席目で飛び出した待望の一撃。喜びを爆発させて、ベンチの祝福を受けた。 「少しバットの先でしたけど、いい形で打球が上がってくれまし… 続きを読む

オリックス3カードぶり勝ち越し 吉田正尚 お目覚め1号&勝ち越し打<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが3カードぶりの勝ち越しを決めた。立役者は4番・吉田正。2点を追う4回無死一塁で、相手先発・エンスから右越えへ同点の1号2ラン。今季71打席目での初本塁打に「しっかり振り抜くことができました」と笑みを浮かべた。さらに6回2死一、三塁では勝ち越しの二塁内野安打。7試合ぶりのマルチ安打と復調気配だ。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒【オリックス】3… 続きを読む

昨季本塁打王のオリ・杉本が今季1号 バースデー弾に「みんなに祝ってもらったので打てました!」」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのラオウこと杉本が5日のソフトバンク戦で今季1号を放った。 5回先頭での3打席目、板東の初球、外角高めの146キロ真っすぐを敵地のバックスクリーン左へ放り込んだ。昨年は32本で本塁打のタイトルを獲ったが、今季は開幕から10試合目、39打席目での一発に苦しんでいた。 「感触もよかったですし、今日、誕生日でみんなに祝ってもらっていたので打てたんだと思います!」。 ベンチ前では恒例の昇天ポーズも飛び出し、31歳のバース… 続きを読む

オリックス5連敗から3連勝 伏兵・佐野皓がチーム日本人1号 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが5連敗から今季初の3連勝を飾った。2点を先行された5回2死一塁で、佐野皓が左越えへ同点の1号2ラン。不調の福田に代わって「1番・中堅」で今季初スタメンだった伏兵は「思い切っていい感覚で打つことができたと思います」と声を弾ませた。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒【オリックス】5連敗から3連勝 伏兵・佐野皓がチーム日本人1号 これはもう…… 続きを読む