「東洋大学」タグアーカイブ

【最新情報あり】オリックスバファローズ2018年ドラフト会議・選択希望選手のニュース一覧

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。以下、オリックスバファローズ2018年度のドラフト指名選手一覧です。名前のリンク先は、各選手の喜びの声です。 また、当ページで、来季のドラフトまでのルーキー関連のニュースもこちらにまとめていきます。 ※指名選択終了につき確定。 【1位】太田椋内野手(天理高校) (入寮まで) 11/10 オリックス・ドラ1太田、背番号は引退・小谷野の「31」 未来の遊撃手へ期待11/27 オリックス1位太田椋が仮契約「3番ショ… 続きを読む

オリックス中川、吉田正、杉本のクリーンアップ今季初3連続適時打で先制 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのクリーンアップが今季初の3連続タイムリーだ。まずは3番に座るドラフト7位・中川圭太内野手(23)=東洋大=が初回1死三塁で中前適時打を放って先取点をもたらすと、続く4番の吉田正尚外野手(26)が右中間へ適時二塁打。さらに1軍昇格即スタメン起用された5番・杉本裕太郎外野手(28)も右翼線への適時二塁打で続き、スコアボードに一挙3点を刻んだ。 中川が「追い込まれていましたし、なんとか転がして先制点を取ろうと思ってい… 続きを読む

オリックス中川圭太が反撃打「逆方向に意識を置き」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの新人・中川圭太内野手(23)が反撃の一打を放った。2点を追う3回、2死二塁の好機にソフトバンクの左腕大竹のチェンジアップをとらえ左前へ運ぶタイムリーヒット。二塁から福田が生還、1点差とした。福田は1死一塁から、大竹のけん制につり出され、いったんは二塁でタッチアウトになった。しかし、西村監督のリクエストにより判定が覆りセーフとなっていた。リクエストでのチャンスを生かした形だ。中川は「追い込まれていましたし、逆方向… 続きを読む

オリD7・中川が10戦連続安打 初4番の第1打席で快音 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのドラフト7位ルーキー中川が1-0の一回2死で、高めに浮いた変化球をコンパクトに振ってしぶとく左前に運び、10試合連続安打をマークした。今季初めて先発から外れた吉田正に代わり、初めて任された4番の第1打席で快音を響かせた。 交流戦は打率3割8分6厘で新人として初の首位打者に輝き、チームに欠かせない存在となった。それでも「気を引き締めていきたい」と慢心せず、再開したパ・リーグ同士の対戦に臨んでいる。 下位指名での入… 続きを読む

オリックス中川、史上初のルーキー交流戦首位打者に <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのルーキー中川圭太内野手(23)が25日、プロ野球史上初の新人で交流戦首位打者を獲得した。チームの交流戦最終戦となった24日ヤクルト戦(神宮)で2安打を放ち、打率3割8分6厘で首位をキープしていた。この日、首位打者の可能性を残していた楽天ブラッシュが3打数無安打に終わり、中川を上回ることができなかった。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

オリックス中川5戦連続マルチ&4戦連続タイムリー <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのルーキー中川圭太内野手(23)が5戦連続マルチ安打&4戦連続タイムリーを放った。5番一塁でスタメン出場。4点リードの5回2死三塁で、梅野が投じたスライダーをとらえた。打球は二遊間を破り、中前に転がった。中川は「チャンスだったので、なんとかつないでいく気持ちで打席に入りました。いつもどおりのスイングで打つことができましたし、タイムリーになってくれて良かったです!」とコメント。初回にも9試合連続安打となる中前打を放… 続きを読む

オリ中川、交流戦首位打者再浮上 新人初の偉業「狙いたい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのドラフト7位・中川が延長10回に左越え適時二塁打を放つなど2安打を放ち、交流戦打率・385とし暫定トップに再浮上した。  試合が残るライバル候補は5位の楽天・ブラッシュ(同・367)。24日のヤクルト戦を残し、新人では史上初の“交流戦首位打者”に期待は高まる。偉業達成へ「ここまで来たら狙いたい。できるなら取りたい」と意気込んだ。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧くだ… 続きを読む

オリックス中川2戦連続先制打「直球にうまく反応」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのルーキー中川圭太内野手(23)が2戦連続の先制タイムリーを放った。5番一塁でスタメン出場。両チーム無得点で迎えた6回、無死一塁から吉田正の遊ゴロを遊撃手小園がトンネル。無死二、三塁のチャンスの打席で、アドゥワが投じた低めの直球をたたいた。打球は高いバウンドで前進守備の三遊間頭上を越え、左翼前に転がり2人の走者をかえした。中川は「内寄りのストレートにうまく反応することが出来ました。荒西さんが頑張って投げていました… 続きを読む

オリックス中川4安打で交流戦首位打者浮上も冷静 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのルーキー中川圭太が連日の猛打賞、プロ初の4安打で打線をけん引した。2回無死二塁の右翼線へ抜ける先制適時二塁打から始まり、全5打席で出塁。3得点に絡んだ。「相手によって狙い球だったり、どうやって打てるかイメージを湧かせながら打席に入っている。それがいい結果につながっていると思います」。この日で交流戦の打率3割8分2厘で、同戦首位打者に躍り出たが、「全く意識してません。そこは終わってからの結果なので」と冷静だった。… 続きを読む

オリックス、東海大・海野ら即戦力捕手を上位指名へ <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが全日本大学選手権で活躍した東海大・海野隆司捕手(4年=関西)と東洋大・佐藤都志也捕手(4年=聖光学院)を今秋ドラフトの上位候補にリストアップしていることが17日、分かった。球団関係者は「若月に続く若手捕手の補強が今秋ドラフトのテーマの1つ」と話しており、チームを支える次世代の捕手として注目していく。2人ともチームの4番を務める「打てる捕手」。東海大・海野は今春の首都リーグで打率3割1分6厘をマーク。さらに守備では大学随… 続きを読む