「31 太田椋内野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス太田椋 ロッテキラーから「全球団キラー」へ 親子トレ真っ最中 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス太田椋内野手(20)が「全球団キラー」になることを約束した。大阪市内の球団施設で、打撃投手の父暁さん(50)と親子トレの真っ最中。今季は安達と紅林の二遊間コンビが定着したが、太田も負けてはいられない。シーズン3本塁打をすべて、優勝を争ったロッテ戦で放った。チーム内で「ロッテキラー」と呼ばれるも「全部のキラーになれるよう、頑張ります」と高い志を示した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクを… 続きを読む

オリックス太田椋550万円増も「悔しさ残る1年」来季レギュラー奪取誓う <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス太田椋内野手(20)が8日、大阪・舞洲の球団施設で行われた契約更改交渉で、550万円増の1600万円でサインした。「成績としては悔しさが残る1年だった。打撃面で力のなさを感じた」今季は53試合に出場して打率1割7分2厘、3本塁打、9打点の成績。開幕スタメンをつかんだが、思うようなシーズンとはならなかった。来季こそのレギュラー奪取を誓い「各ポジション、レギュラーは一人しかいない。(定位置を)もちろん、目指すところ」。打撃投… 続きを読む

オリックス 3年目・太田が大仕事!勝ち越し三塁打「打った感触よかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 同点の七回、オリックスは先頭の紅林が左前打で出塁。伏見が犠打の1死二塁から太田は3番手・石山の1ストライクからのスライダーを捉え右中間を破る適時三塁打でこの試合初めて勝ち越した。 「打ったのはスライダーです。このシリーズで初めての出場でしたし、しっかりとランナーをかえすこと、後ろにつなぐことを考えて打席に入っていました。打った感触もよかったですし、打球が抜けてくれてうれしかったです!」太田は安達に代わって今シリーズ初のスタ… 続きを読む

オリックス・太田が値千金の同点3号ソロ「打った瞬間、入ってくれると」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 1点を追うオリックスは八回2死から太田が佐々木千の初球スライダーを左翼スタンドに運ぶ3号ソロで同点に追いついた。 「打ったのはスライダーです。打った瞬間、入ってくれると思いました!ここまでの2打席、全然結果が出ていなかったですし、なんとかしたいと思って打席に入っていたので、いい結果になってくれてよかったです!」 太田の本塁打は5月7日・ロッテ戦以来。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックし… 続きを読む

オリックス太田椋ら4選手がフレッシュ球宴選出「いろんなことを吸収」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 日本野球機構(NPB)は24日、フレッシュオールスターゲーム(7月15日、松山)の出場選手を発表した。オリックスからは4選手が選ばれた。各選手のコメントは以下の通り。本田仁海投手 「選んでいただき、とても光栄に思います。自分の武器はストレートなので、ストレートで三振が取れるようにがんばります!なかなかない機会ですし、楽しみたいと思います」太田椋内野手 「とても嬉しいです。他球団の選手から、いろんなことを吸収したいと思います… 続きを読む

オリックス 太田が2号3ラン 1カ月ぶりの一発「どうかな?と思いながら」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 5点を追うオリックスは五回1死からT-岡田が右前打でチーム初安打を記録すると、続く伏見も中前打で一、二塁。2死後、太田がカウント1-2から石川の130キロを左翼スタンドに運ぶ2号3ラン。 「打ったのはシンカーです。チャンスの場面でしたし、逆方向を意識しながら、なんとかランナーをかえすことを考えていました。打った瞬間はどうかな?と思いながら走っていましたが、スタンドまで届いてくれてよかったです!」 太田の本塁打は4月7日・ロ… 続きを読む

オリックス・太田「どんどん攻めていこうと」1点差に迫る適時打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの太田椋内野手(20)が、適時打を放った。 2点を追う2回1死二塁。石川の初球、149キロを巧みに打ち返した。 石川の足元を抜く中前打で二塁走者の紅林が生還。3試合ぶりにHランプをともし、出場8試合ぶりの打点を挙げて1点差とした。 太田は「しっかりと自分のスイングができるように、どんどん攻めていこうと思って打席に入っていました。なんとかランナーをかえすバッティングができてよかったです」とコメントした。※当記事の引… 続きを読む

オリックス太田、逆転2点適時打!「なんとか食らいついていこうと」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの太田椋内野手(20)が、逆転の2点適時打を放った。 1点を追う2回1死二、三塁。カウント2―2から上間の146キロをうまく拾った。 バットの根元付近ながら気持ちで中前に落とし、2走者が生還。逆転に成功した。 太田は「とにかくランナーをかえすことだけ考えて打席に入っていました。追い込まれていましたし、なんとか食らいついていこうと思って打ちにいった結果が、いい結果になってくれてよかったです」とコメントした。※当記事… 続きを読む

オリックス太田野選、大城も守備乱れ逆転負け 勝率5割復帰ならず <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは守備の乱れから逆転負けし、勝率5割復帰に失敗した。7回1死二塁でT-岡田が今季14打席目で初安打となる適時二塁打で先制。だが、直後の8回の二遊間の拙守が誤算だった。1死一塁から二塁太田の野選で一、二塁となり、遊撃大城はハンドリングミスで併殺を取り損ねた。2死一、三塁と残してしまい、続く浅間に逆転二塁打を食らった。中嶋監督は「内野のミスが全て。1つ(アウトを)取ればいい状況判断ができなかったこと、併殺が取れなかっ… 続きを読む

オリ太田が自身初の「ビジター弾」 7試合連続1番起用に応え「何とかしようという思い」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 期待の若手が一振りで試合を振り出しに戻した。0―1の3回2死、7試合連続で1番起用されたオリックス3年目の太田椋内野手(20)がロッテ先発・岩下のフォークボールを捉え、左越えに今季1号となる同点ソロを放った。 昨季、プロ初を含む3本塁打を記録しているが、放ったのは全て本拠地・京セラドーム。「追い込まれていましたし、何とかしようという思いで打席に入っていました」とコメントした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文… 続きを読む