オリックスルーキー池田陵真、佐々木朗の初球161キロを安打「初球から振っていく方がいい結果に…」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスのドラフト5位の高卒ルーキー・池田陵真外野手=大阪桐蔭高=が、佐々木朗希との初対戦でヒットを放った。先頭で回ってきた2点ビハインドの3回、佐々木朗の初球、161キロの直球を捉え、センター前に運んだ。

 「いいピッチャーなので追い込まれたら厳しくなるので、どんどん振って合わせていこうと思っていました。好投手に限らず、自分は初球から振っていく方がいい結果につながると常に思っている」と振り返った。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒【オリックス】ルーキー池田陵真、佐々木朗の初球161キロを安打「初球から振っていく方がいい結果に…」

池田、これはひとつ、収穫にしておいてほしいと思いますね。

ただ一方で…20-3と、一軍のカベはやっぱりありますよね。正直言うと、2本出せるイメージはまだ現状はできないのも事実なのかなと…。杉本が合流=出番も減ると思いますし、ファームで出場機会を確保してもいいのかなとも感じます(実は身体がまだ小さいのも気にはなっています)。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<5/13 7回戦 オリックス1-4ロッテ>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2022年・オリックスバファローズ5月の関連ニュースまとめ>
5月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ2021年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。


↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック(タップ)、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。