2022/5/13(金) オリックスバファローズ VS 千葉ロッテマリーンズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスバファローズ VS 千葉ロッテマリーンズ
(2022/5/13 7回戦 京セラドーム大阪)

勝利投手 佐々木朗 (4勝0敗0S)
セーブ投手 ゲレーロ(1勝1敗1S)
敗戦投手 田嶋(0勝2敗0S)

<バッテリー>
(マリーンズ)佐々木朗、西野、ゲレーロ – 松川、柿沼
(バファローズ)田嶋、富山、張 – 伏見

<本塁打>
(マリーンズ)レアード 4号ソロ(8回表・富山)

■失点の「中身」がきつかった…。

※今日は8回以降は見れました。あとはハイライトと、一部映像確認です。

いやぁ…ついに5位転落ですね。今日はもう、投打とも褒めるところがほぼないですよね…。

それこそ、田嶋-トライバッテリーからお話ししますと…失点の「中身」がきついんですよね。1回表からいきなり追いかける展開にしちゃうといまの打線では…。3回も高部に四球を許して走られヒット一本で点取られ…。やっぱり、主導権としては大きいんですよね。

もちろん、そのあと7回まで0で行ってくれたことは大きいし、そこは良かったと思うんですが…やっぱり、勝ちには繋がりにくい内容には見えましたよね。四球が計4つもリズムがいいとは言い難く…。

そして後を継いだ富山が先頭の高部を歩かせ、三度走られ、繋がれ、スクイズを喰らって、そこで止まれずにレアードに追加の一発…。ちょっと寂しい内容になってしまいましたね。致命傷でした。

なんせ、打線が苦しいのはマリーンズも同じはずだけれども…気づけばチーム得点も20点近くの差に…。まぁ、楽天の連勝を止めて連勝してきて、勢いありそうやなと思ったら…という感じですね。

■佐々木に「簡単にやられた」とまでは思わないけれど…。

一方の打線もね…。なんというか、対戦回数が重なってきたこともあり、佐々木に簡単にやられた、とまでは思わないんだけれども…出力された数字は「内野ゴロの、織り込み済みの1点だけ」。この現実が苦しい…。

まぁ、今日は6回のバレラの三振での0と、8回の無死1、2塁での0がね…。調子の悪い紅林に代打大城、ってメッセージは良かったと思うんですが、それなら3番起用はそもそもなぜ?とも思ったところもあり…複雑でしたね。

それはそうと…バレラ、9回打席の途中で下がりましたが…アレ、有鈎骨かな…。心配です。

無理やりいいところを探すと…野口の外野からの送球は魅力を感じましたよ。正確性もあったと思いますしね。宗・トライもマルチ自体は良かったと思います(8回は宗の初球・進塁できないレフトフライが痛かったんですけどね…)。

■選手が打開しないと…。

しかしまぁ、苦しいけれどシーズンは続くわけなんでね…。

やっぱり、監督の策に頼らず、選手が打開してほしいですよね。相当疲れているように見えますし、こちらも心配です。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2022年・オリックスバファローズ5月の関連ニュースまとめ>
5月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。


↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック(タップ)、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「2022/5/13(金) オリックスバファローズ VS 千葉ロッテマリーンズ」への2件のフィードバック

  1. 投手陣は内容がきつかったですね…
    野手はまたも決めきれないのがね…
    宗、伏見のマルチは良かったですが。
    野口の送球は良かったですね。もしかしたら外野の方が良かったりして。

    1. ゆうきさん
      コメントありがとうございます!

      投手陣はうーん…。ちょっと失点の仕方がまずかった…。4点でも、受けるダメージとしては最大級になりましたね。
      野手はもう、やっぱり点取るまでにかかる流れがずっと一緒。さすがにこれはちょっと厳しいですね…。たまたまでももうちょっと打てるで、とも。
      トライのマルチはよかったんですが、宗はいざというところの中身が…。凡退がどっちも効いてしまったんでね…。

      野口、外野を完全に視野に入れてやるのであればありかも。送球は十分武器になるように見えましたね。もっとも、打球の追い方は危ういんですけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。