「ドラフト2021」タグアーカイブ

【最新情報あり】オリックスバファローズ2021年ドラフト会議・選択希望選手のニュース一覧

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。以下、オリックスバファローズ2021年度のドラフト指名選手一覧です。名前のリンク先で、各選手の喜びの声の記事をリンクする予定です。 ※昨年、2020年度のドラフト指名選手ニュース一覧は、リンク先をクリックしてご覧ください。 また、当ページで、来季のドラフトまでのルーキー関連のニュースもこちらにまとめていきます。 ※本指名・育成指名ともに終了につき確定。 【1位】椋木蓮投手(単独指名・東北福祉大学) 10/… 続きを読む

オリックスドラフト2位の関大・野口智哉、球団の帽子に「懐かしい気持ちです」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスからドラフト2位指名を受けた関大・野口智哉内野手が20日、大阪・吹田市内の同大学で牧田編成部副部長、谷口スカウト、下山スカウト、内匠スカウトの指名あいさつを受けた。強肩強打が持ち味の即戦力内野手は、目標として色紙に「開幕1軍」と力強く記した。 小学校時代にオリックス・ジュニアに所属した野口にとって、縁の深いチームからの指名。この日は谷口スカウトから帽子をかぶせてもらった。「10年前に帽子をかぶった時の気持ちがよみ… 続きを読む

オリックス1位椋木蓮「先発と抑えの両方でやりたい」指名あいさつ <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスドラフト1位指名の最速154キロ右腕、東北福祉大(宮城)椋木蓮(21=高川学園)が12日、仙台市内の同大で福良GM、牧田編成部副部長、山口スカウトグループ長、上村スカウトから指名あいさつを受けた。ドラフト会議から一夜明け、ドラ1右腕はプロへの実感を口にした。「本当にプロになったんだなという感じです。自覚を持って、今以上にやっていかないと、という思いにもなりました」とオリックスの帽子を身に着け、気持ちを引き締めた。… 続きを読む

【ドラフト2021】オリックス5位の大阪桐蔭・池田は吉田正に弟子入り志願「ぜひ聞いてみたい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスから5位指名された池田陵真外野手(3年)=大阪桐蔭=は、「素直にうれしいです。強いチームですし、若い選手もいるので同じように活躍したい」と笑顔を見せた。 今夏の甲子園、東海大菅生との1回戦では3安打と気を吐いて勝利を導いた。高校通算25本塁打を誇る強打の外野手。 172センチと小柄ながら、オリックスには173センチの主砲・吉田正がおり「球界を代表する打者で、バッティングも参考にしてきました。トレーニング方法とか、… 続きを読む

【ドラフト2021】オリックス4位慶大・渡部遼人「頼られる選手になりたい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスに4位指名された慶大・渡部遼人外野手は東京6大学リーグ通算20盗塁のスピードスター。プロではチームに適応する好選手を目指す。「自分の売りは守備と走塁。チームにフィットして、どんな場所でも頼られる選手になりたい」と話した。チームメートでライバルの正木はソフトバンクから2位指名。「同じ舞台でプレーすることに喜びもありましたし、負けたくないという気持ちもある」と意識を高めた。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事… 続きを読む

【ドラフト2021】オリックス2位の関大・野口智哉「同世代に負けたくない」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 “オリックスの申し子”がレギュラー争いに殴り込みをかける。オリックスの2位指名を受けた関大・野口智哉内野手(22)は、現在首位を争うチームの内野陣に対し、「同世代には負けたくない。競争を楽しみにしています。それに勝てるようにしたいです」と力強く言い切った。 奈良・真菅(ますげ)小6年時にオリックスジュニアに在籍した。当時コーチだったのが、乾スカウト。「縁のあるチームからの指名でうれしいです。(活動は)3か月でしたが自分の中… 続きを読む

【ドラフト2021】オリックス1位東北福祉大・椋木蓮「体熱く」154キロ右腕 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 東北福祉大(宮城)椋木蓮投手は、オリックスが1位指名し交渉権を獲得した。「1位とは、思っていなかったです。すごくうれしい気持ちと同時に、体が熱くなった。1年目から活躍できる選手になりたい」と気持ちを新たにした。最速154キロを誇る快速男が、プロの舞台で腕を振る。9月25日に仙台6大学野球秋季リーグが開幕し、東北工大戦に先発。完成度の高さを示し、5回無安打無失点の好投。9奪三振をマークし、視察した11球団26人のスカウト陣をうならせ… 続きを読む

オリックスドラフト1位指名「まだ決まってない。4人くらい」スカウト会議 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは都内でスカウト会議を行った。代表取材に応じた福良GMはドラフト1位指名について「まだ決まってない。(候補は)4人くらい。当日、ギリギリまで話して決めます」と明言を避けた。昨年の回ドラフトでは佐藤輝を1位指名と公言。公言なしなら2年ぶりとなる。1位指名が競合した際には「(くじを)監督に頼んでる」とし、中嶋監督がクジを引く可能性が高い。支配下選手の指名人数は5、6選手を予定。育成選手の指名は「可能性はゼロではない」… 続きを読む

オリックススカウト会議「はっきりした1位はまだ決まっていない」福良GM <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは1日、大阪市内の球団事務所でスカウト会議を開き、11日のドラフト会議に向けて、高校、大学生、社会人の指名候補を60~70人に絞り込んでランク付けを確認した。1位指名について福良淳一GM(61)は「はっきりした1位はまだ決まっていない」と明言を避けた。指名は支配下選手5~6人と育成選手になる見込みという。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックススカ… 続きを読む

オリックススカウト会議、高校生投手では風間球打、小園健太らを確認 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは、大阪市内の球団施設でスカウト会議を開き、10月11日のドラフト会議に向けて候補選手を精査した。高校生投手ではノースアジア大明桜・風間球打、市和歌山・小園健太、高知・森木大智らを確認した。ドラフト1位入団は19年宮城、20年山下と2年連続で高卒投手となっている。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックススカウト会議、高校生投手では風間球打、小園健太… 続きを読む