「6 宗佑磨内野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

サヨナラ打のオリ・宗 “涙”のお立ち台「なんか…年齢を経るにつれて、泣きやすくなって」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが来た!19日のソフトバンク戦は、敗色濃厚だった9回に同点に追いつき、延長10回にサヨナラ勝ち。首位ソフトバンクとの天王山3連戦で3連勝を飾り、ゲーム差を0とした。 主役は宗だ。延長10回、2死満塁でレイから中前に抜けるサヨナラ打。仲間にもみくちゃにされたヒーローだが、思いがこもった一打だった。 4回には自らの失策を皮切りに3点を返され、9回には無死一、二塁から犠打失敗。あやうく敗因となるところで、吉田正の同点適… 続きを読む

オリックス・宗が途中交代 水本監督代行「飛び込んだ時に右肩を強打」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宗が六回表からベンチに退いた。四回の三塁での守備で右肩に違和感が生じたという。水本監督代行は「飛び込んだ時に右肩を強打した。悪化を防ぐために下げさせてもらった」と説明した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックス・宗が途中交代 水本監督代行「飛び込んだ時に右肩を強打」 宗のこれも心配ですね…。仮に試合に出れても、攻守に調子の低下が懸念されま… 続きを読む

オリックス宗佑磨 初球宴で敢闘賞、100万円ゲットに「信じられない」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宗佑磨内野手が敢闘賞を獲得。「信じられないというか、ほんとに光栄でしかないという感じです」と喜びを語った。 輝きを放ったのは1点を追う六回、2死満塁でDeNA・伊勢から中前に同点の適時打を放った。 球宴初出場となった宗は「場違い感がえげつなくて、緊張すごいしました」と振り返ったが「ヒットも打てたし、打球も何とかさばいて気持ちが和らいでいった」と徐々に球宴を楽しんでいった。100万円の賞金の使い道については「いろ… 続きを読む

オリックス宗佑磨、選手間投票で初選出に驚き隠せず「選ばれると思ってなかったんで…」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 マイナビオールスターゲーム2022(7月26日=ペイペイドーム、同27日=松山)の選手間投票の結果が11日に発表され、オリックス宗佑磨内野手(26)が、球宴に初選出された。会見では「選ばれると思ってなかったんで…」と驚きを隠せずも「選手からの支持をいただいたということですごく光栄に思います」と白い歯を見せた。初球宴には「やっぱりプロ野球の憧れ(の場所)だと思います」と喜び「僕の自然なプレースタイルを見てほしい」と宣言した。… 続きを読む

オリックス・宗が10試合連続安打 守備でも好プレー連発<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宗が2―3の五回に10試合連続安打となる適時打を放った。2死一、三塁で追い込まれてから山崎伊のフォークボールを右前に運び「コンパクトなスイングを意識した。タイムリーになって良かった」と一塁上で右手を突き上げた。一回は1死三塁で速球を引っ張って二ゴロとし、三塁走者の福田が本塁に突入。アウトと判定されたが中嶋監督のリクエストによるリプレー検証でセーフに覆り、先制点をもたらした。三塁守備でも再三の好プレーで観客を沸か… 続きを読む

オリックス背中に「WILL」の宗佑磨がオリっこデーにサヨナラ打「必死にやってる姿見て」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 背中で踊る「WILL」が歓喜でぬれた。オリックス宗佑磨内野手が0-0の9回1死一、三塁で西武平良の2球目、159キロ直球を押し込んだ。打球はレフトの前にポトリ。今季3度目のサヨナラ勝利を決め、ウオーターシャワーを浴びた。3位浮上と勝率5割復帰を決める一打に「子どもたちに、僕らが必死にやってる姿を見てほしいんです。大人でも、こんなに必死に頑張ってるんだぞ!」と、胸を張った。ゴールデンウィーク初日に「オリっこデー」として、選手… 続きを読む

オリックス 12年ぶりの開幕戦勝利へ一丸 6回に宗が先制打「必死で食らいつきました」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 12年ぶりの開幕戦勝利へ、オリックスが先制した。山本と西武・高橋の投手戦の様相となった一戦。0―0の6回2死二塁で、宗が先制となる右翼線適時二塁打を放った。2ボール1ストライクからの4球目、高橋の内角141キロ直球を、はじき返した。 「開幕戦の緊張感の中、みんなで“なんとか先制点を”と言っていましたので、安達さんが出て、(福田)周平さんが進めたチャンス、とにかく必死で食らい付きました」(後略)※当記事の引用は全て以下の記事… 続きを読む

オリックス・宗がオープン戦1号「少しバットの先」でも右翼ポール際にスタンドイン <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宗佑磨内野手がオープン戦の1号ソロを放った。 3点を追いかける六回無死。小川の投じた初球のカーブを振り抜くと、打球は右翼スタンドのポール際に飛び込んだ。 「甘く入って来たら、初球から積極的に打ちにいこうと思っていました。少しバットの先だったので、感触的にはどうかなと思っていましたが、スタンドまで届いてくれましたし、結果的にはよかったと思います」 宗はキャンプを上肢のコンディショニング不良で調整が遅れた。ただ、オ… 続きを読む

オリックス宗佑磨「毎日が勝負」逆転2点適時打など2安打、オープン戦4試合連続安打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宗佑磨内野手が3回に逆転2点適時打を放つなど2安打をマークし、自身オープン戦4試合連続安打を記録した。「毎日が勝負。1軍の投手の球をたくさん見て、シーズンにいい状態で入ろうという意識があります」。上半身のコンディション不良で出遅れていたが、すでに三塁の守備にも就いており、シーズン開幕に間に合った。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックス宗佑磨「毎日… 続きを読む

オリックス・宗、初オープン戦で二塁打「1軍の投手に早く対応していきたい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 上半身の状態不良で出遅れていたオリックスの宗が、初のオープン戦出場で二塁打を放った。「5番・指名打者」で先発し、先頭打者で迎えた二回の1打席目に、三浦のカーブを右翼線へはじき返した。まだまだ本調子ではないようで「1軍の投手に早く対応していきたい」と話した。昨季は外野から転向して正三塁手の座を獲得し、25年ぶりの優勝に貢献した。今季も競争を勝ち抜く気構えだ。「試合に出続けたいので、そうなるように頑張りたい」と意気込んだ。※当… 続きを読む