昇天ポーズ出た!オリックス杉本裕太郎が同点2ラン「打ったのは真っすぐ」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスが主砲「ラオウ」こと杉本裕太郎外野手(30)の2ランで同点に追いついた。

2点のリードを奪われた直後の6回無死二塁、カウント2-2からヤクルト先発小川泰弘投手(31)の甘く入った147キロ真っすぐを右方向へはじき返した。高い弾道でスタンドへ着弾。ゆっくりとダイヤモンドを1周し、ベンチ前ではお決まりの「昇天ポーズ」で東京ドームを沸かせた。

「打ったのは真っすぐ。少し詰まっていましたし、まさか入るとは思っていなかったのでなんとかスタンドまで届いてくれて良かったです!」

今季32本塁打でタイトルに輝いた男がまたしてもチームを救うアーチをかけた。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒昇天ポーズ出た!オリックス杉本裕太郎が同点2ラン「打ったのは真っすぐ」

これはもう、ベンチを救う非常に大きな価値のある本塁打やったんですけどね…。

しかし、最後の場面は正尚を歩かせ、で選ばれて一ゴロ…。これは相当悔しかったやろうなぁと。ただ、昨日に関しては当日大仕事やった後なんだから割り切っていこうぜ、とも思います。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<11/23 日本シリーズ3回戦 ヤクルト5-4オリックス>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2021年・オリックスバファローズ11月までの関連ニュースまとめ>
11月までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。

↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。