オリックス・斎藤 地元北海道でプロ初勝利「とにかくうれしい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

入団6年目のオリックス・斎藤が、地元・札幌でうれしいプロ初勝利を手にした。
 北照から14年ドラフト5位で入団。この日は同点の6回1死一塁でマウンドに上がり、宇佐見、中島を連続三振に仕留めた。

 続く7回に味方打線が5点を奪って逆転。斎藤は「とにかくうれしい。僕もいい投球をしようという気持ちでマウンドに上がった」とヒーローインタビューで喜びを口にした。

 サイドスローにフォームを変更するなど、苦労を重ねたすえの初勝利。それも地元での「凱旋白星」となり「それも含めてうれしいですね」と笑顔。家族は「家で(テレビを)見ているか、見ていないかだと思う」と斎藤。ウイニングボールは実家に送るつもりだ。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
   ⇒オリックス・斎藤 地元北海道でプロ初勝利「とにかくうれしい」

今年は本当にいいところでの快投が目立ってきていた中での初勝利。本当におめでとうございます!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<7/31 10回戦 日本ハム2-7オリックス>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2020年・オリックスバファローズ7月の関連ニュースまとめ>
7月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス・斎藤 地元北海道でプロ初勝利「とにかくうれしい」 <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. 外の出し入れができ始めたのが大きいですね。以前は打者に向かって投げるのに躊躇していた感じで外に大外しが多かったので。このタイプはコントロールが生命線ですしね。

    即席で身につくものではないですが、加えてツーシーム系で幅が広がれば言うことなし。ただ現状でも着実に戦力になってますね。

    1. アルパカさん
      コメントありがとうございます!

      たしかに、そういう感じでしたよね。ストライク以前の問題というかね…。
      あとはスライダーとのセットになる、制球のしやすい球種がひとつあるとさらに面白いですね。
      もっとも、打たれるまでは今のスタイルを大事にいってほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。