オリックス・岸田2軍投手コーチ 秋季キャンプ“デビュー”「みんな良く見えますね」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

今季パ・リーグの最下位に終わったオリックスの秋季キャンプが2日から始まった。投手は大阪、野手は高知での分離キャンプとなり、舞洲のオセアンバファローズスタジアムで始まった投手キャンプでは、今季限りで現役を引退した岸田護2軍投手コーチも“デビュー”した。
 ブルペンでは榊原らの投球を見守り、4年目右腕の吉田凌の投球を直接捕球する際には「うわ、良いよ~。(直球の威力で)刺された」と誉めながら指導する一幕も。岸田コーチは「みんな良く見えますね。さすがにみんな球が強い」と、奮闘する後輩達を頼もしげに見つめた。(後略)

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス・岸田2軍投手コーチ 秋季キャンプ“デビュー”「みんな良く見えますね」

「乗せる」タイプの指導は、若い選手に自信をつけるのにはもってこいやと思います。楽しく指導していってほしいですね!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ11月(秋季キャンプなど)の関連ニュースまとめ>
11月(秋季キャンプなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス・岸田2軍投手コーチ 秋季キャンプ“デビュー”「みんな良く見えますね」 <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. 管理人さん、こんばんは。

    おっしゃる通り、若い選手が自信を持てるように乗せるタイプの指導も大事ですよね。元々良き兄貴分として若手もよく観察していたと思いますし、コーチングの書籍も読み込んできたということなので、まずは肩肘張らない感じでスタートというのは良いですね。来季には本指名で3人、育成で4人と7人も新人投手が入ってくるので投手コーチの役割は重要ですよね。技術面でもメンタル面でも14年のプロ経験を生かして、若い選手が苦しんだり迷ったりしたときに、それでも一段一段自分で階段を上がっていけるように上手に導いていってほしいと思います。大いに期待しています。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      おそらく、小林コーチとはタイプが違うと思うんですよね(めっちゃ怖いってサトタツさんが現役のころに言うてたかと…笑)。
      両輪でうまく頑張ってほしいですね。山ほど仕事はありますし、どんどんいいところを見出していってほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。