オリックス佐竹コーチ退場は「暴力行為あった」球審 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

両軍による乱闘の末、オリックス佐竹外野守備走塁コーチが退場処分を受けた。

1-5の4回2死満塁で若月が森脇からこの試合3個目の死球をぶつけられると、佐竹コーチが森脇を両手で突き飛ばした。これを機に両軍が入り乱れて小突き合いとなり、原球審が「オリックス側に暴力行為がありました」と説明し、同コーチに退場を宣告。4日の対戦でも死球を巡り両軍がもみ合いとなっていた。若月の死球は今季西武戦17個目で、遺恨は増長した。警告試合として再開された後の4回2死では田嶋が森へ死球を与え、退場した。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス佐竹コーチ退場は「暴力行為あった」球審

ルールの違反はもちろんいけないこと。罰則は甘んじて受けないといけないと思います。ただ、元を糺せば「技術不足」と思しき事例が発端でのもの。頼むから、外ぐらい投げ切ってくれよと思ってしまいました…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<8/13 19回戦 西武11-4オリックス>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2019年・オリックスバファローズ8月の関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ8月の関連ニュースはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。