オリックス・杉本がサヨナラつなげる2ラン「仕掛けていく気持ちだった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスの杉本が2試合連発の2ランを放った。1-6の九回1死一塁で、初球の甘い変化球を振り抜いて左中間へ運び「負けていたので自分から先に仕掛けていく気持ちだった」とサヨナラ勝ちにつなげた。

 9日の巨人戦では4番に起用されて2安打と期待に応え、10日の日本ハム戦では代打で宮西から本塁打を放っているが「毎日が勝負」と慢心はない。西村監督は「ずっといい状態。当たればホームランになる。大きな存在になりつつある」と台頭を喜んだ。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス・杉本がサヨナラつなげる2ラン「仕掛けていく気持ちだった」

杉本、アグレッシブ野球を体現してますよね!ポジションどうすんねん、ってのもありますが、やっぱり、このロマンは捨てがたい…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<3/12 オープン戦 オリックス7x-6西武>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2019年・オリックスバファローズ3月(オープン戦~開幕前まで)の関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ3月(オープン戦~開幕前まで)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス・杉本がサヨナラつなげる2ラン「仕掛けていく気持ちだった」 <バファローズ最新ニュース>」への4件のフィードバック

  1. 杉本選手は覚醒の予感がしますね。西浦選手のように辛抱して使い続ければホームラン20本くらいはいけそうな気もします。
    競争で言うと、外国人枠も4人全部使わなくてもいいわけで、純粋に29人の中に必要な人材という基準で、監督が日本人多めに選ぶ覚悟があるなら、今年は戦術のバリエーションが増やす意味でも誰にもチャンスがあると言えますね。
    チーム盗塁数はオープン戦12球団トップの13。杉本選手も昨日一つ決めましたし、彼にも色々アピールの要素ありますね。
    杉本選手を含めて外野手の皆さんには、あと2週間自分の長所をまだまだアピールし続けてほしいですね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      杉本は守備が正直気になるところではありますが、それでも迷わせるぐらいの成績を残せていると思います。
      ほんま、それこそまだ試合に出れてもいないロメロとかは「外すぞ」ぐらいのメッセージ性のある起用の仕方でもいいのかも。

      外野の競争はほんま素晴らしいと思いますし、チーム全体で突き上げていってほしいです。

  2. バファローズは今、杉本や西浦の台頭で外野手のポジション争いが激しいので(ぜひとも武田も宗もどんどん参戦してほしいのですが)、Tー岡田はファースト、メネセスはDH固定の起用の可能性が高くなってきてますかね?

    そうなれば彼らの守備にとどまらず、打撃にもいい影響が出そうな気がします。

    1. tomorrowさん
      コメントありがとうございます!

      ほんと、外野が激しいがゆえに、岡田もどうなるやら、ですけどね(メネセスが意外と守れているため)。
      しかし今年は文字通り競争になってますから、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。