「決勝打」タグアーカイブ

オリックスT岡田が3年ぶり15発「感触は完璧!」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスT-岡田外野手(32)が、3年ぶりの15本塁打を放った。初回1死でロッテ古谷のストレートを捉え、右翼スタンド5階席への豪快な先制弾に。「感触は完璧でした! なんどか早い段階で点を取れればと思っていたので、きょうも初回から先制できてよかったです」と、先制犠飛を放った23日同戦(京セラドーム大阪)に続く初回からの得点を喜んだ。T-岡田の年間15本塁打は31本を残した17年以来で、23日の初打席から5打席連続打点をマークした。… 続きを読む

オリックスT岡田「後で抱きつく」佐野の俊足に感謝 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 4試合ぶり先発のオリックスT-岡田外野手が、チームトップの14号ソロを含む3安打4打点、全4打席で打点を挙げた。1番佐野の俊足があってこその得点もあり「佐野さまさまですね。後で抱きついておきます」と8歳下の後輩を持ち上げた。快勝も最下位のまま。「チームがしんどいときになかなか引っ張れなかった。残り試合は少ないですけど、先頭に立って1試合1試合全力で頑張っていきたい」。かつての大砲は主に2番に座りチャンスメークを心掛ける。※… 続きを読む

オリックス大城が窮地救うV弾「人生で一番の感触」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 途中出場のオリックス大城滉二内野手が9回に決勝1号ソロを放ち、窮地を救った。負ければCS進出完全消滅の可能性があったが、同点の9回に楽天松井から起死回生の一撃。「野球人生で一番の感触でした。残り試合も少ないですけど、チーム一丸でやっていきます」。借金20を抱えるが、シーズン最後まで諦めない。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。   ⇒オリックス大城が窮地救うV弾「人生で… 続きを読む

オリックス大下が先制弾「塁に出ることだけ考えて」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのルーキー大下誠一郎外野手(22)が豪快な先制アーチを放った。5回、先頭で西武先発十亀のカーブを完璧に仕留めた。打球はライナーで左翼席へ。先制パンチの今季2号ソロだ。「とにかく塁に出ることだけ考えて打席に入っていました。感触もよかったですし、打った瞬間、入ってくれると思いました! なんとか先に1点が欲しかったので、ホームランになってくれてよかったです」。昨秋ドラフトで育成契約し、9月14日に晴れて支配下選手登録されていた… 続きを読む

オリックス・小田 先制の今季1号「まさか入ると思っていなかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 0-0で迎えた三回、オリックスは先頭の小田が石川の初球139キロを左翼スタンドに運ぶ1号で先制した。 「いい感じで捉えられていましたが、まさか入ると思っていなかったですし、なんとか外野を越えてくれと思っていたので、スタンドまで届いてくれてよかったです!」 小田の本塁打は昨年8月21日・ソフトバンク戦以来、通算8本目。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。   ⇒オリックス… 続きを読む

オリックス・伏見が勝ち越しの3点三塁打「燃えていました」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの伏見寅威捕手(30)が勝ち越しの3点適時三塁打を放った。1点を追う7回に杉本の適時打で同点とし、なおも1死満塁とした絶好機。カウント1ボールから寺岡のスライダーを真芯で捉えた。打球は右中間を破る走者一掃の三塁打。三塁にヘッドスライディングした伏見は、両腕で大きくガッツポーズをつくった。 伏見は「みんなで作ってくれたチャンスでしたし、燃えていました。なんとか(先発した)宮城の負けを消すことができてよかったですし、… 続きを読む

オリックス・ロドリゲス先制打「自分の仕事できた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が貴重な先制タイムリーを放った。2回無死一、二塁で打席へ。西武先発浜屋の外角チェンジアップをリーチを伸ばしてとらえ、左翼線にライナーで適時二塁打を放った。「甘いボールが来たらしっかりととらえていこうと打席に入っていたよ。いい当たりではなかったけど、先制のタイムリーになってくれてよかったし、しっかりと自分の仕事ができてよかったね」。モヤの活躍で出番が減っていたが相手先発が左腕で… 続きを読む

オリックス・モヤは再昇格後10戦6発「ビジネス」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの決勝打は同点の3回、3戦連発となるスティーブン・モヤ外野手の6号2ランだ。再昇格後は10試合で6発。8回には天井直撃の二塁打も放った。この日からジョーンズが1軍復帰し、外国人枠争いは激しさを増す。「それはチーム、フロントが考えること。自分はグラウンドに立って、結果を出すだけ。出なければ他の人が出る。それがビジネス」と闘志を燃やした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧… 続きを読む

オリックス・福田が先制の右前打「しっかりと自分のスイングができた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは2回1死二、三塁で福田周平内野手(28)の右前打で先制した。日本ハムの先発・マルティネスの152キロの直球を右前にはじき返し、「打ったのはインコースの真っ直ぐです。いい場面で回ってきたチャンスでしたし、どんな形でもいいので、しっかりと自分のスイングをすることだけ考えて打席に入ったことがいい結果につながってくれたんだと思います!」とコメント。福田はこれで6試合連続安打となった。その後、T―岡田の打席で盗塁を決めた… 続きを読む

オリックス吉田正尚が先制の12号「少し詰まった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田正尚外野手(27)が先制12号ソロを放った。「少し詰まっていたので、なんとか届いてくれてよかったですし、先制点を取ることができてよかったです」0-0の2回無死で打席に向かった。ソフトバンク千賀から2球を見送り、カウント1-1からの3球目156キロ直球を振り切った。打球が右翼テラス席に突き刺さると、ゆっくりダイヤモンドをまわった。吉田正は、この本塁打で今季100安打に到達した。※当記事の引用は全て以下の記事から… 続きを読む