「先制打」タグアーカイブ

得点圏打率10割!オリックス新外国人メネセスV打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス新外国人のジョーイ・メネセス内野手(26=フィリーズ3A)が決勝の2点適時打を放った。3番左翼で先発。0-0の3回2死二、三塁で吉見の低め変化球を捉え左前へ。「バットの先だったけど、ラッキーなヒットになってくれた。2アウトだったので、本塁打よりも打点を意識しました」。これまで5番でも出場したが、西村監督は「やっぱり3番がいいのかな」。得点圏の4打席で2打数2安打2四球と打率10割を維持している。※当記事の引用は全… 続きを読む

オリックスドラ2頓宮がOP戦2号「うまく前でひろうことができました」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは三回1死から西浦が中前打で出ると3番・頓宮裕真内野手は初球の変化球を捉え滞空時間の長い飛球で左翼スタンドまで運ぶ先制2ラン。 「打ったのはカットボールかスライダーだと思います。一塁ランナーの西浦が足も速いので、外のストレートを待っていたんですが、うまく前でひろうことができました。ヘッドも効いていましたし、うまく打てたと思います」 ドラフト2位の頓宮はチーム1号となった5日のヤクルト戦(京セラ)以来となるオープン… 続きを読む

オリックス吉田正尚が場外1号「積極的に打てた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス吉田正尚外野手(25)のオープン戦1号は、豪快な場外弾となった。初回2死一塁で広島先発の床田のストレートを捉え、フルスイング。打球はシティ信金スタンドの右翼スタンドを悠々飛び越え、場外に飛び出した。「しっかりと自分のスイングで積極的に打つことができたと思います。先制点を取ることができてよかったです」。9、10日に京セラドーム大阪で行われた日本代表のメキシコとの強化試合。メキシコの4番を務めたメネセスが2死から左前… 続きを読む

さすが侍4番!オリックス吉田正尚が貫禄の2安打 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 侍ジャパンのメキシコ2連戦で満塁弾など計5打数4安打6打点と活躍したオリックス吉田正尚外野手が、チーム合流初戦で先制適時打を放った。1回2死二塁で多和田から二遊間へ強いゴロを打ち、二塁山野辺はグラブで当てて止めるのが精いっぱい。「昨年やられている投手なので」。昨季7試合で6勝を献上した右腕から3回1死でも左越え二塁打。代走を送られ、2打数2安打1打点でお役御免となった。「出塁するときと(走者を)かえすときと内容もアプローチもよかっ… 続きを読む

侍4番吉田正尚が衝撃満弾「積極的に強く振ろうと」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 吉田正尚外野手(25=オリックス)が衝撃の満塁弾を放った。初回、制球の定まらない先発バレダを攻め、満塁から真ん中低めの146キロ直球を弾丸ライナーで右翼席へ突き刺した。前夜は5番DHで出場したが、この日は4番に昇格していた。侍ジャパンにとっては、16年11月に行われたオランダ戦での鈴木誠也以来となるグランドスラム。「打ったのは低めの真っすぐ。しっかり自分のスイングができました。先制点のチャンスだったので、積極的に強く振ろう… 続きを読む

吉田正尚マッチョな一打 侍デビュー戦で初打点 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 吉田正尚外野手(25=オリックス)が侍ジャパンデビュー戦で初打点を挙げた。初回2死一、三塁で、元日本ハムの先発L・メンドーサの投じた甘く入った140キロ直球を、痛烈にセンター前へ運んだ。本拠地開催でチャンス時の登場曲「Macho Man」が流れる中、マッチョな一打を放った。「先制点のチャンスだったのでストライクが来たら積極的に打ちにいこうと思い打席に入りました」と話した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以… 続きを読む

オリックス・メネセス本拠デビュー戦でマルチ安打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス新外国人のジョーイ・メネセス内野手(26)が本拠地デビュー戦で2安打1打点と奮闘した。「3番一塁」でスタメン出場。両チーム無得点で迎えた6回1死二塁からヤクルト・ハフが投じた真ん中低めのカットボールをとらえ、左中間を破る先制の適時二塁打を放った。初回にもブキャナンの真ん中直球を左前にはじき返し、マルチ安打を記録。「初めての京セラドームでの試合で、ヒットもタイムリーも出てくれた。いい内容、いい結果が出てよかったよ」… 続きを読む

オリックス・ロメロ「いいところに」初回適時二塁打<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのステフェン・ロメロ外野手が初回、適時二塁打で先制点をたたきだした。1死一塁でソフトバンクの先発・千賀の変化球を捉え、右中間を真っ二つに割った。 「なんとか三振だけはしないようにと思っていたんだけど、いいところに打球が飛んでくれた。福田の足が速かったから、ホームまでかえってきてくれたね!」と俊足の一塁走者に感謝した。 この日は今季限りで退任する福良監督と引退する小谷野のラストデー。練習開始前に、選手、チーム… 続きを読む

オリックス・ロメロ「打った瞬間」自画自賛25号<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのステフェン・ロメロ外野手が7回、先制の25号ソロを放った。ソフトバンク・バンデンハークのスライダーを捉えた。 「ストレートに合わせていたんだけど、少し甘く入ってきたスライダーをきっちりと捉えることができたね。打った瞬間、行ってくれると思ったよ!」と自画自賛の先制弾だった。 ※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 ⇒オリックス・ロメロ「打った瞬間」自画自… 続きを読む

オリックス・宗が4号先頭弾&5号の2打席連続本塁打 前試合から3連発の離れ業<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 「1番・中堅」で先発出場したオリックスの宗佑磨内野手が初回、4号先頭打者本塁打を放った。 藤平の2球目、138キロを左翼スタンドに運び、「アウトコースのストレートをしっかりととらえることができました。風が吹いていたので、伸びてくれるとは思いましたが、まさか入るとは思いませんでした!」と振り返った。 先頭弾は4月30日・ソフトバンク戦(京セラドーム)以来、自身2本目。オリックス選手のシーズン2本の初回先頭打者本塁打は2… 続きを読む