「ドラフト会議」タグアーカイブ

オリックス1位指名は即戦力投手「開幕から投げて」<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは19日、ドラフト前日に都内で編成会議を開いた。1位については即戦力投手を指名する方針。 創価大・田中、桜美林大・佐々木ら数名にしぼって議論を重ねた。約3時間の会議が終了後、瀬戸山隆三球団本部長は「1位は決定していない。難しいですね。継続審議します」と結論が出なかったと明かした。福良淳一監督も「いろんな意見が出た。こっちの意見も言いました。4月から投げられる投手をお願いしている。来年勝負ということを考えたら、開幕から投げてもらい… 続きを読む

オリックス ドラフト“隠し玉”に陽岱鋼いとこ<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスがドラフトの隠し球として日本ハムの「陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)のいとこ」をリストアップしていることが分かった。 福岡六大学野球連盟に属する日本経済大の張奕(チョウ・ヤク)外野手。陽岱鋼の父の妹の子どもといういとこの関係で、本家をほうふつとさせる走攻守で三拍子そろった選手だ。今ドラフト戦線では名前が知れ渡っていない「無印男」だが、今秋のリーグ戦では4本塁打を放ち本塁打王に輝くなど、課題の打力も大幅に向上。オリックスは綿密な調査の結果… 続きを読む

オリックス今年もドラフト「8~10人」大量指名へ<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは今年もドラフトで10人程度の大量指名に踏み切る。 5日、大阪市内の球団事務所でスカウト会議を開き、候補選手の順位付けを図った。会議には西名弘明球団社長も加わり、ドラフト戦略を確認。瀬戸山隆三球団本部長は「主に投手になるが、野手も含め、昨年くらい、8~10人は取りたい」と説明した。昨秋ドラフトでも12球団で最多タイの10位まで指名した。最下位からの巻き返しに、ドラフト補強で陣容を整える。 ※記事全文は以下のリンクをクリックしてご… 続きを読む

オリックスがスカウト会議「ニーズにあった選手を」<バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが5日、大阪市西区の球団事務所でスカウト会議を開いた。 編成部門の担当者に西名弘明球団社長も加わり、今秋ドラフト会議での指名候補を精査。約100人に絞り、順位付けを進めた。 瀬戸山隆三球団本部長は「現場の意向も聞きながら、うちのニーズにあった選手を指名したい」と話した。 ※記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。引用は全て以下の記事からです。 ⇒オリックスがスカウト会議「ニーズにあった選手を」 最近、ドラフトに関しては… 続きを読む