「13 宮城大弥投手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス宮城大弥が自己ワースト5失点「全然投げることができなくて…」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宮城大弥投手(20)が、プロ2年目で自己ワーストとなる5点を失い、5回で降板した。初回にレアード、エチェバリアの適時打で3点を失い、2回は中村奨の適時打、3回は2死から山口、藤岡の連打で5点目を失った。「ここが一番大事なゲームというところで、全然投げることができなくて。申し訳ないです、ということしかありません」と肩を落とした。ここまで12勝3敗と貯金9をチームにもたらしてきたが、相手先発のロッテ佐々木朗が6回無失… 続きを読む

オリックス宮城大弥7回1失点12勝「考え方の問題。打たれたら打者が上」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 首位に返り咲き、お立ち台でファンとともに拍手するオリックス宮城大弥投手(20)は自身の葛藤にも勝利していた。「(19歳で)11勝するまでは投げる度に勝っている気分で、悪くてもすぐに切り替えられた。あまり勝てなくなって、悩み続けて…。悩むことはいいことじゃないなと」緩急を生かす投球が持ち味だが、この日は初回から直球で攻めた。「押せるところは押そうと。いいゲームをつくりたかったので、初回から飛ばしてよかった」と笑顔で振り返った… 続きを読む

オリックス宮城大弥3敗目「申し訳ない気持ちが強い」20歳になって白星なし <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宮城大弥投手(20)が今季主催試合9試合目の登板で初黒星を喫した。6回7安打4失点で今季3敗目。109球の粘投も「打たれているボールは甘く入り、追い込んでからも決めきれない投球だった。チームに迷惑を掛けてしまう投球が続いているので、申し訳ない気持ちが強いです」と悔しさをにじませた。宮城は8月25日に20歳の誕生日を迎えてから4試合登板しているが、いまだに勝ち星なし。次回登板こそチームを白星に導きたい。※当記事の引… 続きを読む

オリックス宮城大弥6回途中3失点、対パ今季初黒星「投げ切りたかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 今季対パ・リーグ15戦負けなしのオリックス宮城大弥投手(20)が6回途中3失点、リードを許した展開でマウンドを降りた。そのまま味方が逆転することなく、ついにパ・リーグ相手に今季初黒星となった。初回2死から、浅村に右翼ポール際へソロ本塁打を放り込まれて今季楽天戦初失点。5回には2死二塁から山崎剛に中前適時打を許した。その後満塁とピンチを広げ、島内に対して自身初めての押し出し四球でこの回2点目を奪われた。6回先頭の茂木に四球を… 続きを読む

オリックス宮城大弥、自己最短タイ5回3失点降板「すべてが良くなかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宮城大弥投手(20)は自身最短タイの5回8安打4四球3失点で降板した。この日から「火曜日の男」となり期待されたが、序盤からロッテ打線に苦戦した。1回1死二、三塁から4番マーティンに右翼線へ2点適時二塁打を浴びて先制点を献上。2回にも1死満塁から中村奨に犠飛でリードを広げられた。3回以降も走者を出して苦しい投球が続いた。粘りを見せて得点こそ与えなかったが、球数がかさみ113球で降板した。「すべてが良くなかったと思い… 続きを読む

オリックス宮城大弥リーグ単独トップ12勝目ならず「もっと対応しないと」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 25日に20歳になったばかりのオリックス宮城大弥投手(20)が6回7安打1失点と粘ったが、リーグ単独トップの12勝目はならなかった。3回2死一、二塁で4番栗原に先制打を許し「ボール球を投げるときはしっかりとボールゾーンに投げ切るなど、もっと対応しないといけない部分が多かった」と反省を口にした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックス宮城大弥リーグ単独トップ1… 続きを読む

オリックス宮城、パ単独トップ11勝目「何とか踏ん張れた」貯金も今季最多12!! <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・宮城大弥投手(19)が自身6連勝を飾り、パ・リーグ単独トップとなる11勝目をマークした。 6回1死一、三塁のピンチで中村を遊ゴロ併殺に仕留めるなど、粘りの投球で7回を3安打無失点。西武には今季5戦5勝で「苦しい場面が多い投球でしたが、野手の方に助けてもらいながら何とか踏ん張れたことは、次につながってくれると思います」と汗をぬぐった。 打線は6回にT―岡田が均衡を破り、2死一塁で右翼フェンス直撃の先制二塁打を放っ… 続きを読む

オリックス宮城大弥が両リーグ10勝一番乗り!10代では1987年桑田以来<バファローズ最新ニュース> 

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宮城大弥投手(19)が両リーグ一番乗りとなる10勝目を挙げてハーラートップに立った。 後半戦の開幕投手を託され、6回6安打2失点の好投。10代での両リーグ10勝一番乗りは、1987年の桑田(巨人)以来の快挙。首位を走るチームを好発進へ導いた宮城は「立ち上がりはとても緊張したが、ラオウ(杉本)さんが初回に1発を打ってくれて、勇気をもらいました。序盤は悪くなかったと思うが、連打や長打で失点してしまったことや、いいと… 続きを読む

オリックス・宮城「勢いつけられるように」再開初戦抜てき <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 7年ぶりに首位で後半戦を迎えるオリックスは12日、再開初戦の先発に19歳の宮城を抜てきした。エース山本に並ぶリーグ最多の9勝を挙げているサウスポーは、表情に緊張感もにじませつつ「しっかり自分で勢いをつけられるように頑張りたい」と好発進を期した。ZOZOマリンスタジアムでキャッチボールや走り込みに精力的に取り組み「なるべく臨機応変に対応して、どんな状況でもいい投球をできるようにしたい」と思い描いた。東京五輪で日本代表の金メダ… 続きを読む

オリックス・宮城大弥が5回9奪三振 後半戦開幕へ「大事な場面でもっと厳しく」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 リーグトップタイの9勝を挙げているオリックス・宮城大弥投手は先発して5回4安打1失点。ペナントレースが再開する13日のロッテ戦(ZOZO)で後半の“開幕投手”を任されることが確実な左腕が、9奪三振で上々の試運転を終えた。 2回2死三塁で井上を追い込みながら、甘く入ったカーブを左前に運ばれて適時打。「追い込んでから変化球が高く入ってしまうなど、勝負所で納得のいくボールが投げられていませんでした。そういったところが失点につなが… 続きを読む