「13 宮城大弥投手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス宮城大弥7回途中5失点粘投で今季2勝目「反省することしかない」中10日で先発<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 沖縄から応援してくれる少年少女のために、歯を食いしばった。オリックス宮城大弥投手(20)が、7回途中7安打5失点の粘投で、今季2勝目を手にした。白星を飾ったが、「全然ダメでした。反省することしかない。もっといい投球ができるように頑張りたい」と投球内容に満足がいかなかった。(中略)中嶋監督は「途中、ボールが逆球だったり、高かったり。もう少し修正できるのかなと思います」と20歳左腕に、さらなる進化を求めた。※当記事の引用は全て… 続きを読む

オリックス宮城大弥が今季初勝利、ベンチでガッツポーズ「勝ちたい気持ちがみなさんより」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 昨季新人王のオリックス宮城大弥投手(20)が、7回4安打1失点の好投で今季1勝目を手にした。4試合目での白星。試合後のヒーローインタビューで「なかなか勝てない時期が続いたので、やっと勝てて本当にうれしいです。(ゲームセットの瞬間に両手でガッツポーズしながらジャンプ。心境を聞かれ)勝てていない分、ちょっと勝ちたいという気持ちがみなさんよりあったので、そういうのが出ちゃいました。すいません」と頭を下げつつ、喜びを表現した。冷静… 続きを読む

オリックス宮城大弥「ファンです」ロッテ佐々木朗希に投げ負けるも「勉強する部分たくさん」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 20日のソフトバンク戦に先発する20歳の左腕、オリックス宮城大弥投手が今季初勝利を狙う。10日の敵地ロッテ戦での先発から、中9日。「バランスや球の強さを確認しながら」と京セラドーム大阪のブルペン投球で最終調整を行った。10日の対戦でロッテ佐々木朗希投手が完全試合を達成。宮城は投げ負けたが「ファンです」と笑顔で対応。同学年から「勉強する部分は本当にたくさんあった」と力に変える。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下の… 続きを読む

オリックス宮城大弥が自己ワースト6失点「粘り切れず悔しい」佐々木朗希にリベンジならず<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宮城大弥投手が6回途中8安打で自己ワーストの6失点を喫した。同学年の佐々木朗希とは、昨年10月に初対戦し、敗れていた。再戦でリベンジを誓ったが、白星をつかめなかった。試合後は「なんとか粘って最少失点で抑えていきたかったのですが、粘り切ることができず、悔しいです」と声を絞りだした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒【オリックス】宮城大弥が自己ワースト6失… 続きを読む

オリックス宮城大弥「向こうはジジイ!って…」10日対戦ロッテ佐々木朗希との裏話明かす<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 10日ロッテ戦(ZOZOマリン)に先発するオリックス宮城大弥投手(20)が、リベンジに燃えている。投げ合う相手は同学年のロッテ佐々木朗で「(昨年は)自分もチームもやられてしまった。明日は自分の投球ができたら。見て学ぶ部分もたくさんあるので、吸収しながら」と闘志を燃やした。宮城と佐々木朗の投げ合いは昨年10月14日以来、2度目となる。前回は佐々木朗が6回無失点だったのに対し、宮城は5回5失点だった。同学年の怪物を「どんな球種でも、ス… 続きを読む

オリックス・宮城、またも本塁打浴びる「苦しい投球だった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宮城は6回2失点で課題を残した。0―0の四回、今川に甘いスライダーを左越えに運ばれた。今季初登板で黒星を喫した西武戦でも本塁打を許して先制されており、「良くない打たれ方。ボール先行で、苦しい投球だった」と顔をしかめた。五回までに100球以上を費やしたが、中嶋監督は「もう一回いって感覚が良くなるように」と、追い付いた直後の六回に続投させた。期待に応え、緩い変化球で三振を奪うなど三者凡退とした昨季新人王は「六回のと… 続きを読む

オリックス西武キラー宮城大弥が5回4失点KO「立ち上がり3失点が悔やまれます」チームも今季初黒星<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが開幕2試合目で初黒星を喫した。誤算だったのが先発した宮城の乱調。昨季6戦6勝、防御率1・37の西武キラーが初回に捕まった。先頭の鈴木に左翼線二塁打、オグレディにも中前へ落とされ、いきなり無死一、三塁のピンチ。中村の二飛を挟み、1死一、三塁から山川に左翼席へ先制3ランを運ばれた。2回以降は立て直したが、5回4失点で降板。昨季13勝を挙げた高卒3年目左腕は「立ち上がりの3失点が悔やまれますし、何とか最少失点で粘りた… 続きを読む

オリックス宮城大弥開幕2戦目で今季初勝利挑む 21年6戦6勝好相性の西武戦も「不安」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 開幕2戦目の26日西武戦に先発予定のオリックス宮城大弥投手(20)が、自身今季初勝利を狙う。登板前日の心境は「不安です」とはっきりと回答。昨季と同じ開幕2戦目の先発マウンドに「去年と同じくらい緊張していると思います」と吐露した。昨季3月27日西武戦で先発し、7回2失点と好投。中嶋監督にバースデー勝利&監督就任初白星をプレゼントした。昨季の西武戦は6戦6勝無敗の好相性だが「去年は去年で、今年はしっかりやっていけたら。守備(の時間)を… 続きを読む

オリックス宮城大弥6回途中9Kも4失点反省「修正しなければいけないところが多かった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 先発した20歳左腕のオリックス宮城大弥投手は6回途中6安打4失点で最終調整を終えた。初回に三者連続三振を奪うなど9奪三振。ただ、3回には2四球が絡むなど打者一巡で3失点し「連打を止められなかったことや、先頭打者への四球など、修正していかなければいけないところが多かった」と反省した。順調に進めば、開幕2戦目の26日西武戦(ベルーナドーム)の先発を任される。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリッ… 続きを読む

オリックス宮城大弥、5回途中1失点にも猛省「今のままじゃローテーションに入ることも難しい」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの宮城大弥投手が、課題を口にした。 2回に中田にセンターへのソロを被弾するも、失点はこの本塁打のみ。4回までヒットで走者を出すが粘りの投球を披露した。5回2死で球数が80球になったところで交代。4回2/3を7安打1失点とまとめたが、登板後は「あんまり良くなかった。良いところは球数が前回よりも増えたことだけ。悪いところはピッチングにおいて、全て。今のままじゃ、ローテーションに入ることも難しくなってくると思います。ま… 続きを読む