オリックス金子、MVPで5冠締め 残留前向き!?「悔しさ強くなっている」<バファローズ最新ニュース>

こんばんは、本日もオリックスバファローズの最新ニュースをお伝えいたします。

パ・リーグのMVPには、オリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言している金子千尋投手が初めて選出された。
壇上で、司会者から自身の去就を問われた右腕は一瞬、困惑の表情を浮かべ「そのへんは、まだちょっと、決まってないので…」と返答に窮した。
だが、続けて「野球をやることに変わりはないので、来年もこの賞を取れるように頑張りたい」と切り返した。

最優秀防御率(1・98)と最多勝(16)に沢村賞、ベストナイン、そしてこの日発表されたMVPを加え、今季は5冠に輝いた。オリックスのMVP受賞
は1996年のイチロー以来。
パ・リーグで優勝チーム以外から選出されたのは2008年の楽天・岩隈久志以来だ。
しかし、チームが2位でのMVPを心からは喜べなかった。
「優勝してこの賞を受賞したかった」と何度も繰り返した。

ポスティングシステム(入札制度)を利用した米大リーグ移籍を、今オフは見送った。
現在は国内他球団と代理人サイドが交渉中だが、関係者によれば、オリックス残留に気持ちが傾いているという。リーグ優勝を逃した今季の雪辱への思いが募ってきたからだ。

受賞後の会見でも、来季こそオリックスで優勝を、とも受け取れる発言があった。
「(優勝)できなかったのは、優勝争いを経験している選手が少なかったからかもしれない。今年はその経験ができて、選手の誰もが悔しさが強くなっている」と前向きに語った。

今後の交渉次第では移籍の可能性もあるが、「これからもMVPに恥じない成績を残していかなくてはいけない」と金子。どのユニホームに袖を通しても、日本球界NO1投手の座は譲らない。

(ソースはスポーツ報知)

昨日、授賞式にはオリックス勢(糸井、伊藤、佐藤達也、平野佳寿)が勢ぞろいでしたねー。
壮観でした。
私は当たり前に強かった90年代からのファンなので、感慨もひとしおです。

金子の五冠、マジですごいですわね。
しかもMVP…恐ろしいですわ。
加えて、残留行けそうな気が…というより現実味を帯びてきた気がします。

今後も、オリックスバファローズの最新ニュース、注視していきたいと思います。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。