オリックス宗が先制適時打 ヤクルト守備の失策絡め1死満塁で右前へ <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスが1点先制した。

0-0の3回、先頭の紅林弘太郎内野手(19)が中前打で出塁。続く伏見寅威捕手(31)の4球目にバスターエンドランを敢行した。遊撃へのゴロをヤクルト西浦が失策し、無死一、三塁とチャンスを広げた。

犠打と四球で1死満塁とし、宗佑磨外野手(25)が打席に入った。カウント1-1から低めのチェンジアップを右前に運び、1点先制に成功した。

◇オリックス宗 「(福田)周平さんが四球でつないでくれていたチャンスだったので、必死にくらいついていこうと思っていました。タジ(田嶋)も頑張って投げていましたし、しっかりとバントも決めていたので、なんとか先制点になってくれて良かったです」

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒オリックス宗が先制適時打 ヤクルト守備の失策絡め1死満塁で右前へ

ここまではよかったんですけどね…。このあと、押し込む攻撃がほしかったですね…。

しかし宗は…ちょっと守備がいいリズムに乗れていないのかなと。勝敗を左右してしまった面もあり、なんとか引きずらずに行きたいですが…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<11/23 日本シリーズ3回戦 ヤクルト5-4オリックス>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2021年・オリックスバファローズ11月までの関連ニュースまとめ>
11月までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。

↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。