オリックス山下「重い、怖い」低弾道ボールを初披露 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスの新人合同自主トレが9日、大阪・舞洲の球団施設で始まり、ドラフト1位の山下舜平大投手(18=福岡大大濠)がベールを脱いだ。

キャッチボールで、低弾道のキレのあるボールを披露。相手を務めたドラフト4位の中川颯投手(22=立大)は「まず(ボールが)重いのが第一印象。高校生は速いだけという印象だったんですが、大学、社会人に近いですね。親指が今も痛いです。持っていかれそうになった。重さがある。伸びもキレもあって、ズシンと来る。怖かったです」と驚いた。

山下は「今日は半分ぐらいの力で、ボールの回転だったりを確認しながらやってました」とニヤリ。「重いボールを投げようと思って投げられる技術はまだないので、自然とそうなっているのかな。でも、軽いより重いほうがいいので」と話した。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒オリックス山下「重い、怖い」低弾道ボールを初披露

重いだけじゃなくて低くて、ってのがポイントですよね。そこに非凡さを感じますね。山下の直球がプロを代表するようなレベルになっていきますように…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2021年・オリックスバファローズ1月の関連ニュースまとめ>
1月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ2020年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。