右肘手術のオリックス村西 春季キャンプでのブルペン解禁目指す 新球習得にも意欲 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

10月に右肘手術を受け調整中のオリックス・村西が29日、大阪・舞洲の球団施設で自主トレを行い、状態良化を強調した。術後の経過は良好で、来年1月を目途に投球練習を再開する予定。2月の春季キャンプでのブルペン投球解禁を目指す方針で、「手術前より投げやすくなりました」と手応えを口にした。
 村西は兵庫・津名から近大を経てドラフト3位で入団。クオーター気味のフォームから150キロ超の直球にスライダーやスプリットを織り交ぜる変則右腕で、1年目の今季は開幕ローテーション入りし4試合で0勝1敗、防御率9・00だった。

 2年目の来季に向けて新球習得にも意欲を示し、「まずは状態を戻すことからですが、チェンジアップとツーシームを、と思っています。投球の幅を広げていければ」と力を込めた。 

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒右肘手術のオリックス村西 春季キャンプでのブルペン解禁目指す 新球習得にも意欲

ひとまず、経過が順調なのは良かったと思います。なんせ今年は悔しい一年になったと思いますし、来季に期するものは強いですよね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2020年・オリックスバファローズ11月の関連ニュースまとめ>
11月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。