オリックスのアルバース、五回途中2失点で降板「なんとか粘りたかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスの先発アルバースは五回途中3安打2失点で降板した。

 三回まで無安打4奪三振の力投。四回2死から山川四球のあと、外崎に初安打を許した。中村は一ゴロ失策で満塁とされ、栗山の中前適時打で先制点を奪われた。

 「調子自体も悪くなかったし、四回まではいいピッチングができていたと思う。ただ、ファウルで粘られることも多く、球数が多くなってしまっていた。四回の場面はアンラッキーな部分もあったけど、なんとか粘りたかった」

 アルバースは五回先頭の金子に内野安打を打たれたところで球数92球となり交代。2失点も自責点は0だった。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
      ⇒オリックスのアルバース、五回途中2失点で降板「なんとか粘りたかった」

アルバース、ある程度の内容は見せてくれたと思います。次回は球数が減れば…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<6/30 1回戦 西武3-2オリックス>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2020年・オリックスバファローズ6月の関連ニュースまとめ>
6月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。