オリックス福良GMが2年連続入団テスト構想示唆 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックス福良淳一GMが、2年連続で入団テストを行う構想を示した。

今夏の甲子園大会中止を残念がった上で、今後のスカウト活動について「影響は大きい。(2年生から)一冬越えてどれくらい成長があったか見られない」と言及。今秋のドラフト会議へ向けた情報収集が進まず、入団テストの実施を問われて「考えていかないといけない。集まっていいのかという状況にもよる」と明かした。

センバツ、春季大会に続き地方大会も中止。独自で代替開催が検討される地方大会や、再開した場合の部活動を視察できるか現時点では不明。福良GMは「それができないと2年生までの(材料で)でやるしかない。社会人なら大体の力は分かっているが高校生は急に伸びる。下位指名は難しくなる」とドラフト戦略への影響を懸念した。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
     ⇒オリックス福良GMが2年連続入団テスト構想示唆

高校生の一年はデカいですよね…。今年のドラフトのころ、どんな状況になるやら、ですね…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2020年・オリックスバファローズ5月の関連ニュースまとめ>
5月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス福良GMが2年連続入団テスト構想示唆 <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. そもそもスカウト活動は担当エリアが決まっていても、都道府県を跨いで移動しなければならず、今年に関してはなかなか制約が大きいですよね。
    入団テストに関しては、個人的にはプロ野球界に進みたい選手たちのために是非やってあげてほしいと思いますね。会場、人数、移動手段等々新型コロナ感染対策を講じて(可能なら少人数に分けて複数回でもいいと思うのですが)、昨年までの実績がなくてもこの1年の伸びしろをアピールできる場を与えてあげて、将来の可能性がある選手をプロ野球界に引き入れてあげられればいいですよね。単にオリックス一球団のためというより、プロ野球界全体に良い人材を増やすという意味でも大切なことと思います。
    福良GMには球団に働きかけて何とか実施にこぎつけていただけたらと願っています。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      ほんっと、そうですね…
      特に今年からスカウトになる乾さんはホンマに大変やと思います…。

      入団テストの件を「早めに」「メディアに」話して問題提起をする福良GMのやり方、いいと思いますね。
      早めに提起しているからこそ、そして公言しているからこそ人が動きやすくなるってのはありますからね。

      なんせ今年はスカウト活動の難しさを加味しても、選手にさわれる機会確保をする上で入団テストは有効な手段たりうると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。