オリックス、指名候補40人に絞る 福良GM「投手の方が多い」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスは7日、大阪市の球団事務所でスカウト会議を開き、ドラフト会議に向けて指名候補選手を約40人に絞った。1、2位だけで20~30人がリストアップされ、16日の次回会議で最終決定する。

 岩手・大船渡高の佐々木、石川・星稜高の奥川、明大の森下らが入っているとみられる。会議に参加した福良ゼネラルマネジャー(GM)は「投手の方が多い。右の力のあるバッターも欲しい」と話した。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス、指名候補40人に絞る 福良GM「投手の方が多い」

投手というより、「右の力のあるバッター」が気になりますね…。なんとかご縁がありますように…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめ>
10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス、指名候補40人に絞る 福良GM「投手の方が多い」 <バファローズ最新ニュース>」への12件のフィードバック

  1. おっしゃる通り、私も「右の力のあるバッター」が気になりますね。BIG3が目立つ年ではありますが、その中の誰かを見事獲得できても貧打では今年の山本投手同様援護できないのでは可哀そうです。
    福良GMは吉田正尚選手を獲得した年も監督として最初は1位に投手を望んでいたとも聞いていますし、今年も普通に投手を指名かと、その辺を懸念していましたが、わざわざこんなコメントを出してくれるとは。ブラフなのか、投手陣の整備が進んでいる現状を踏まえ、本気で野手(この条件に合う1位は東邦の石川選手しかいないでしょうね)を指名してくれるのか。個人的には石川選手行ってほしいですね。
    2013年秋のドラフトの西武とオリックスの指名を比べてみるとやはり数少ない伸びしろが期待できる野手は上位で獲りに行かないとダメなんだろうなあ(もちろん吉田正尚選手もしかりですが)と思いますね。ちなみにこれはあくまで打てる野手の育成という観点であって、この年のオリックスの上位3人は戦力になってくれていて良いドラフトだったのは間違いありません。
    とにかく、最近は良い指名が多いので、管理人さんのおっしゃるように、今年のドラフトでもオリックスを強くしてくれる良いご縁があることを祈っております。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      もちろん、BIG3も即戦力とまではいけないかなとは思うので(行ったらすごいで…)、その間に野手…というのはもちろんありですけど、そうはうまくいくかと言われたらまた、ね…。

      正尚獲得の結果から、投手を希望していたことを批判する意見も多々ありましたが、あの年は投手もかなりの壊滅度合いで試合になってなかったですからね…。
      それはともかく、現状「編成権」だけであれば冷静に戦力を見ていい状況なのは間違いなさそうです。石川選手、2位では微妙に厳しいところもありそうとのことで…。今年はドラフト難しそう…。

      しかし、野手のドラフト指名は難しいですよね…。伸びしろまったくありませんでした、も珍しくないですしね…。
      かと思えば、そのまるっきり逆もあったりで、おもしろいですよね…。

      とにかく、来てくれる選手には最大限頑張ってほしいですね。

      1. 管理人さん、コメント返信ありがとうございます。

        冷静に見ると、今年の補強ポイントはリリーフ投手、捕手、ファースト、サード、ライトに入れる右の強打者(オリックスは左打ち多いですから)ではないかと思います。右の力のあるバッター確かに大事ですよね。
        石川選手はおっしゃる通り、2位には残っていないどころか、どこかが単独1位で行く可能性もあると思います。どうしても獲る気なら最初の指名でいかないと難しいでしょうね。
        「右の力のあるバッター」というのが、どういうイメージなのか今はわかりませんが、石川選手以外で2位以下でも獲得できる右打ちの選手だったら、紅林弘太郎内野手(駿河総合高)、井上広大外野手(履正社)、中村健人外野手(慶応義塾大学)、佐藤直樹外野手(JR東日本)、片山勢三内野手(パナソニック)あたりになるんですかね。
        個人的には中川選手のPL学園の1年先輩の中山悠輝内野手(東京ガス)(右打ち)には注目しているので、オリックスと縁があればなあと思っています。
        内野手、外野手はやや不作と言われているようなので、スカウトの目が大事になってきますね。40人くらいで投手の方が多いということは野手で狙っている選手はかなり絞り込まれているということでしょう(隠し玉的な選手がいたらすごいですが)。他球団の狙いも読んで上手にオリックスが本当に欲しい選手が指名できるといいですね。

        1. ひさしさん
          コメントありがとうございます!

          そういう感じですよね。とにもかくにも、右(左は正尚もモヤも、なんなら岡田が頑張った場合、どこで使うのってなりますからね…。他の有望選手も左多めですしね)。
          石川選手、有力候補って記事が出ていましたね。これはなかなか楽しみです。

          そして挙げていただいたメンバー、中でも中山選手は注目ではありますよね。本当に最後のPLの選手になるかも…。
          とにかく、捕手以外の野手が不作(凶作とも)とのことで、今年は本当にどんなドラフトになるやら…。

          1. 管理人さん、こんにちは。

            すみません、佐藤直樹選手はJR東日本ではなく、JR西日本でした。失礼しました。兵庫県、報徳学園出身の選手ですね。今年に入って評価を上げた選手で、かなりの球団がリストに入れているようですね。

          2. ひさしさん
            コメントありがとうございます!

            そうでしたか!ただ、どちらであっても縁のある選手に変わりはないですね。
            地元寄りの選手ですし、要注目選手ですねー。

  2. ドラフトまで1週間を切ろうとしていますが、情報戦が活発になってきましたね。
    ドラフト1位指名の本命は、佐々木ではないような感じも受け止めますが、
    もしかして社会人No1の左投手である河野か高校生野手の注目、石川のどちらかの指名予想かな?

    1. ひろしさん
      コメントありがとうございます!

      河野は名前が挙がってますよね。石川はこっちでは名前が挙がってませんが…もしかしたら…?

  3. Tの残留がなんとか決まってくれたおかげで
    心置きなくドラフトを迎えられそうで良かったです。

    選手を見る目は確かな福良GMが本格的に関わる
    初めてのドラフトという事で今年はいつも以上に
    すごく楽しみなんですよね。
    吉田正尚と広島岡田で後者を選ぼうとしていたのは
    結構批判されていますが、現場監督としてはあの時は
    計算できる即戦力投手がとにかく必要だったわけで
    別に正尚本人を評価していなかったという事ではないと
    思います。その岡田にしろ現在はイップスに苦しんで
    いるようですが去年まではそれなりに戦力になって
    いますし全くの見込み違いとまでは言えないでしょう。
    それになにより田中より山岡、ジェンセンよりロメロを
    選択したのは慧眼以外の何物でもないと思います。
    チームとしては打てる野手がとにかく欲しい状況ですが
    今年はその辺は不作で逆に投手は中々良いという事で、
    誰を選ぶか現場も最後まで相当悩みそうですね。
    とにかくドラフト当日まで期待して待ちたいと思います。

    1. 遊次郎さん
      コメントありがとうございます!

      正尚の件も、もし評価してなかったら「1位での指名」をしていないでしょうからね。
      現在の結果だけ見て批判対象になるのはどうかと…(というか、福良さんというだけで何でもかんでも批判しすぎ。この辺のファンの体質がちょっとね…まぁ、マテオとコーディエの件はあれでしたが…苦笑)。

      それはさておき、野手では東邦の石川選手が有力という記事が出てましたね。
      ただ、すごい選手は投手主体。難しいところではありますね。

  4. 紅林、いいですよね。今年は二巡目が全体の14番目なのでフロントが魅力を感じていれば是非狙いたい選手の一人です。あるいは3位で片山が取れれば美味しいと思います。
    もう片方の2、3位は即戦力投手で。プレミア12出場投手3人の疲労を考えたら、先発投手は1人確保しておきたいですからね。
    石川も大したものですが、佐々木や奥川、森下を狙わずしてまで1位一本釣りをする旨味はあまりないというのが今年のドラフトのようです。
    サードに関しては来年の方が豊作とも聞いているので、ポジションで拘る必要はないかと見られますね。

    オリックスのドラフトって凄く頭が良いと感じているので、今年も期待しています

    1. なまえわすれたさん
      コメントありがとうございます!

      紅林、いま映像で確認しましたがスケール感ありそうですね!あと片山はぜひ、即戦力って形でいければ…。

      もっとも、大卒の森下はともかく奥川・佐々木は投手の中でも相当な素材なのは間違いないですもんね…。
      サードはそもそも全然足りないんで、豊作の来年「も」行ってもいいぐらいかも、とは個人的に思っています。

      もちろん、こういう素人考えを超えるドラフト、期待したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。