オリックス長村球団本部長が退任「けじめをつける」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスが7日、長村裕之球団本部長(60)が11月1日付で退任すると発表した。88年に阪急で引退後はオリックス1、2軍コーチやフロントで編成業務に携わり、16年途中から編成部長に復職して17年に日本ハムからFA宣言した増井の獲得などに尽力。

今季は5年連続Bクラスの6位に終わり、「責任感と覚悟を持って常時、上位争いのできるチーム作りを目指してきました。勝敗の結果が問われる世界ですから、総合的に判断してけじめをつけるときと感じ、辞職を願い出ました」と語った。今後は球団の執行役員を務め、12月末で退団する。後任は森川秀樹球団本部長補佐(59)が務める。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス長村球団本部長が退任「けじめをつける」

まずは、お疲れ様でした。シーズンの途中で編成権を返上する形になっていましたからこうなるかな、とは思っていましたが…。人は良さそうな方だと思っていたので、結果がつき切らなかったことが残念でしたね…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめ>
10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。