2019/5/12(日) オリックスバファローズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスバファローズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス
(2019/5/12 ほっともっとフィールド神戸)

勝利投手 西宮(1勝0敗0S)
セーブ投手 松井(1勝1敗9S)
敗戦投手 エップラー(0勝1敗0S)

<バッテリー>
(イーグルス)福井、西宮、宋家豪、ハーマン、松井 – 嶋
(バファローズ)アルバース、エップラー、金田、海田、左澤 – 高城、若月

<本塁打>
(イーグルス)ウィーラー 7号ソロ(2回表・アルバース) 、島内 3号ソロ(3回表・アルバース)
(バファローズ)吉田正 8号2ラン(4回裏・福井)

■今日は勝てた…とは、よう言わん試合…。

一時同点になったものの、今日は勝てた…とはよう言わん試合、でしたね…。精一杯だったかなと思います。

というのも、澤田・増井が3連投で来ていましたからね…。勝つなら接戦だとそもそも確率が低かったんですよね。バカスカ打つか、アルバースが完投か…というね(代魔神、などと言えるようなチーム状況ではない)。

で、おそらくはその実現を狙ってアルバースとのコンビを、昨日打ってて守備もイケてた高城と組ませてみたんだと思うんですが…アルバースはノックアウト、高城もノーヒットとで結局代打と、目論見が外れましたね…。

■アルバースはちょっと、今のままでは…。

ただ、この目論見とは関係なく、アルバースはちょっと、今のままでは…。ヘタしたら再調整コースでは?

組む相手が違いましたから、いつもとリズムが違った部分は当然あるでしょうけど、それでもあんなコントロールでどうしろと…。同じような内容が2回続いたこともあり、これは厳しいかと…。ついでに言うと、自身のエラーまでそっくりリプレイのよう…。

■負けはついたけれど、エップラーが「見苦しい試合」になるのを防いでくれた。

その一方で、負けが付いてしまったとはいえエップラーはなんとか頑張ってくれたと思います。4イニング行ってくれたおかげで、ピッチャーを出し過ぎずに済みましたからね。

正直、ランナーは出し過ぎ(9被安打とは…)で大絶賛とはいかない苦しい部分もありましたけど、それでも苦境をなんとか1点で凌いできてくれました(相手のありえないランニングミスもありましたが…)からね。見苦しい試合にならなかったのは彼のおかげだと思います。

■金田もあの制球では厳しかった…。

ただ、その後を継いだ金田が今日はマズい内容でしたね…。ちょっとあの制球では、どうにもならなかったと思います。

あんだけ変化球でストライクが取れなければ、直球を狙い打たれて当然ですしね…。先頭に四球を出してしまったことと、ツーナッシングからライトヒッティングされて一気にピンチが広がったことで余計に苦しくなりましたね…。

このまま空気悪く終わったらイヤやなと思ってましたが、その後海田がゲッツー斬りで金田を救い、左澤が無失点投球で帰ってきたことで少しベンチの雰囲気が良くなったように見えたのは良かったと思います。

■大量点が必要な試合で「バント多用」はどうかと…。

一方の打線…。こちらは「作戦」に関してちょっと気になったところが…。

今日に関しては、先述のリリーフ陣の件を考えればチマチマ点を取っているだけでは勝てないってのは事前に分かっていたはず。その割にはバント策が多かったなと…。バントは基本、取れても1点ってことが多いことを考えると適切だったのかな?とは思いましたね。

初回の攻撃は送りバントも込みで鮮やか(大城、ほんと素晴らしいですね!)ではありましたが、その後は得点に全く結びついていませんからね…。

■それでも、一時劣勢を跳ね返したことなど、打線は変わってきた。

ただ、その点を除けば今日も計5点。1-4だった劣勢をひとまず同点まで持ってこれたことなど、明らかに一時期とは違うモノが見せられていると思います。

※8回に松井裕樹を引きずり出したのも良かったです。ただ、相手ながら嶋が「身を呈さなかった結果」直球が暴投になって三進されて失点したのはハーマンがかわいそうでした。彼は昨日散々な目に遭ったんだからなんとかしたかったでしょうに…。

先述の大城はまたマルチ、連日の1番起用の中川もマルチ、小島も5番でマルチ&3出塁と、よく機能しているんですよね。

そしてなんといってもこの一発がすごかった、正尚の第8号逆方向!

逆方向に引っ張った、って言ってましたね。これは今後脅威になっていくはず。外に固める配球を潰せれば、もっとラクに打っていける状況が出来ていくと思います。

■負けたけれど、悲観は要らないと思います。

ひとまず、負けはしましたが、これまた悲観は要らないと思います。次は水曜日。英気を養って頑張ってほしいですね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ5月の関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ5月の関連ニュースはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「2019/5/12(日) オリックスバファローズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス」への12件のフィードバック

  1. 現地観戦していました。
    アルバースは、期待外れでした。
    再調整になるのかな?
    エップラーは、何とか4イニング行けただけに後の投手を考えると良かったと思う。
    金田は、内容として厳しいですね。

    1. ひろしさん
      コメントありがとうございます!
      そして現地、お疲れ様でした…。

      アルバースは再調整のようですね…。
      エップラーはよう救ってくれました。結果が重要ですからね。
      金田…せっかくいい感じに来てたんですけどね…。

  2. アルバース、コントロールが全然出来てない。
    リリーフ陣も四球が全般的に出してしまうのは良くない。
    打線は追いつきはしたけど、あと1本が出なかったですね。
    バントが多すぎた印象がありますね。
    あと細かい事ですけど、高城に代打伏見を出したのに、その後すぐに若月を出すのはどうなんでしょう?
    1点差だったとか色んな試合状況でしたが
    何かそれはいいのかな?と思いましたね。
    捕手が4人いたからやったという事も考えられますが….
    正尚が逆方向にホームランが出たことは良いですね。

    1. ゆうきさん
      コメントありがとうございます!

      アルバースはあんなコントロールではね…。
      リリーフ陣も、昨日の采配のおかげで気持ちマシになったとはいえ、まだ硬いですよね…。

      バントは今日に関しては要らなかったかなと…。そもそも、勝ちたいなら競っちゃいけない試合でしたしね…。

      トライの状態が良いとは言えない、ってのもあったかなと思います。4人捕手がいたからこその作戦に見えました。

      正尚は逆方向にでましたから、ここから結果の出やすい状況にできると思います。

  3. アルバース、自身のエラーでジ・エンドでしたね。降格したようですが、きっちり調整して、完璧なコントロールのまた活躍してほしいです。

    しかしここ数年良かったリリーフが今年はずっと安定しませんね。まあ、比嘉、塚原、海田、吉田一、黒木、近藤、山本、山田、澤田、岩本…いいリリーフ陣といっても毎年メンバーは入れ替わりで、続かないんですよね。3年働いてるのは吉田一くらいやと思います。定着しないことは長年の課題だったのかもしれません。左澤らの新戦力にも期待してるんですが、勝ちパターンを担っていた投手の復調、意地を見せてほしいです。

    1. 奈良人さん
      コメントありがとうございます!

      あのエラーも繰り返しでしたからね…。ただ、本人はやる気あふれるガッツマン。また活躍してくれると信じています。

      しかし、リリーフ陣がなっかなか…。チーム状況にプラス、15・16年の拙い運用(塚原…)も相まって、定着できたはずの人ができなかったりと難しい状況ですよね。
      なんとか意地を見せて、もう一度いい状態の投球を期待したいですね。

  4. 管理人さん、こんばんは。

    おっしゃる通り、出せるリリーフが限られていた試合、アルバースが3回で降板では、終盤勝負の展開にはなりましたが、負けるべくして負けたとも言えますね(20安打はちょっとひどい)。こういう展開のときこそ山崎福也投手がいてくれたら、との思いが強まります。
    ただ管理人さんも触れておられたように左澤投手はすぐ挽回のチャンスを与えてもらって、今日はしっかり抑えたのは今後につなげるためにも非常に良かったと思います。
    奈良人さんもおっしゃっている通り、リリーフの定着は課題としても、首脳陣が酷使や見切りなどで定着させられないとしたら問題なわけで、左澤投手の件はほっとしています。
    バントのご指摘はその通りですね。初回先頭の中川選手が二塁打って、そもそも昨日の8回の奇跡の大逆転と同じパターンじゃないですか。チームの流れを考慮したら、ここはまず行け行けどんどんでいいはずです(福田選手が引っ張れば進塁は可能)。昨日の結果を引きずっている楽天のチームも福井投手も立ち上がりまだ不安なはずで、そこに1アウト献上では、相手の心理が全然わかってない作戦と言われても仕方ないと思います。
    西村監督は、長いシーズンを見据えたチーム力強化を図りながら勝利を目指す難しいかじ取りを常に冷静にされていると感じています。ただ、良くなってきた流れを監督が止めてしまうのはもったいないなあと思うことが多少ありますね。打撃好調な選手が複数出てきているときは、その流れに選手が乗っていくのを後ろでコントロールすることだけに注意して、監督が止めることはないようにしてほしいです。
    打てなくなってきたらその時は若い先発投手陣のためにどんな手を使っても援護点を取りに行っていただきたいですが。
    今週は勝ち越しましたし、チームの進化は日々感じられていますので、展望は明るくなってきたと思います。来週は何とか榊原投手に勝ちをつけてあげて、その勢いで連勝街道と行きたいですね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      昨日は正直、打ちまくる以外での勝利の画は浮かばなかったですね…。さちや、下で悪くなければもう戻してもいい気がしますね…。
      ただ、試合内容自体は最後に左澤が抑えてくれたおかげで変な空気を引きずらなくて済んだのは良かったと思います。

      バントの件は「そのイニングだけを見れば」全くもって理解不能、というわけでもないんですが(福田の状態は悪い。昨日の最後のヤツをきっかけにしてほしい)、昨日の場合は勝つには大量点以外に道がないわけでしたからね…。昨日に関しては、5点でも勝機としてどうかな?ってなるぐらいでしたからね…。

      もっとも、トータルで見れば西村監督は十分すぎるぐらい頑張って下さってますから、上向いてきた状況を信じられる形にはなってきていると思いますね。

  5. 管理人さんこんばんは。関東は暑くなってきましたが関西の方はいかでしょうか。

    いや〜、今日はイーグルスに20安打も打たれましたね。これでは勝つのは難しいかと。まあ今日3試合分ぐらいまとめて打たれたので今後の試合を抑えてくれれば・・

    アルバースが再調整になったら、代わりの先発を一枚どうするんですかね。
    小林あたりに任せるんでしょうか?

    さて、リリーフ陣はよく休んで、また良いパフォーマンスを見せてほしいですね。

    1. tomorrowさん
      コメントありがとうございます!
      こっちも暑いですね…

      20安打にしては8点ってむしろしょっぱいんですけどね…。
      それはともかく、アルバースのところは来週はエップラーって報道がありましたね。

      リリーフ陣はとにかくリフレッシュを…。

  6. 現地で観戦してました。
    アルバースくん、調子が良くないなりにまとめられればと見てましたけど、一人相撲でイライラしちゃって…、ヒットも打たれてましたけどHR以外で回心の当たりは銀次選手ぐらいだったのでね、もうちょっと落ち着きましょうや。
    エップラーくんの4イニング目は意外でした。六回のアウトはいずれも芯で捉えられてたように見えたもので。まぁでも次に出せる投手があの状態の金田くんだったのなら納得ですが。
    七回表が一点で済んだのを見て、まだ流れはどっちつかずのように見えてましたが、八回表で完全にイーグルスさんに行っちゃいましたからね。
    まあ、今週はトータルで勝ち越しましたし、打線もドン底の状態からは抜け出しつつあるのかなと。しばらく週五試合が続きますし、何とか中継ぎを建て直して上位に食らいついていってほしいものです。

    1. 磁石団長さん
      コメントありがとうございます!
      そして現地、お疲れ様でした。

      アルバースはとにかくもったいなかったですね。心身ともにイマイチな感じでしたね。投球以前の問題って感じもしましたし、再調整も当然かと…。
      エップラー、たしかに6回で下げるかな?とも思いましたが…なかなか投手陣が苦しかったですね…。

      あと、相手方の陰のヒーローは宋かなと思います。ようあんな負の流れでパッと片づけてきたと思います。それが追加点も呼んだと思いますしね。
      もっとも、勝てる形は見えてきたところもありますし、なんとか中継ぎを立て直して…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。