オリックス・メネセス抹消 4日に右手に痛み <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスは5日、ジョーイ・メネセス内野手(26)が4日ソフトバンク戦の9回の第4打席で右手に痛みが出たことにより、この日に福岡市内の病院でMRI検査を受け、「右手第2伸筋腱(けん)周囲炎」と診断を受けたと発表した。

5日に出場登録を抹消され、今後は状態をみながらリハビリを行っていく。

代わってクリス・マレーロ内野手(30)が1軍に昇格した。また、4日に先発した成瀬善久投手(33)も出場登録を抹消され、白崎浩之内野手(28)が1軍に今季初昇格を果たした。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス・メネセス抹消 4日に右手に痛み

結果が出ずに力んだ結果、にも感じますね…。ただ、この抹消はもう「リフレッシュ」と割り切ってほしいです。ケガ自体もそうですが、少しでも気持ちの部分で立て直すきっかけになりますように…。

一方で昇格組はやったるぜ、ぐらいの感じで頑張ってほしいですね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<5/4 7回戦 オリックス0-4ソフトバンク>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2019年・オリックスバファローズ5月の関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ5月の関連ニュースはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス・メネセス抹消 4日に右手に痛み <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. まさかメネセスまで、ありゃりゃぁ•••て感じで、まさに ” 弱り目に祟り目 ” ですね。
    いつまでたっても本来のメンバーが揃わない、と言って、控えも戦力的に乏しい、ますます寂しいメンバー構成になってしまいましたね。
    ブレシーズンのジャパン戦では4番をはって打ちまくり、解説者らの高評価を得てたのは、遠い昔のような•••。
    こうなりゃ、替わってのマレさんに大発奮してもらって、活気付けをしてもらうしかないですね。
    それと度々言ってしまいますが、こんな時にこそ ” Tの力 ” なんですよね。
    数日前の記事で、Tを中心として数人の中堅クラスがミーティングをしたそうな。
    スタメンで出てもからっきし打てず、おまけに替えられる•••。
    「俺が打線を引っ張ってやる!」くらいの気概を見せてくれや!ですわ、ほんま。
    成瀬さん、しゃあないですね。
    選手生命の危機のところテストで拾ってもらって、久々の一軍登板ですもんね。
    私も、ひょっとしたら面白い存在になるかな、と思ってましたが、残念ながら上はそんなに甘くはなかったですね。
    でも、もう一回下で調整~実戦して本来のに近づけたら、秋の勝負どころで頼りになる存在になると信じてます。

    1. モリケンさん
      コメントありがとうございます!

      メネセスに関してはもう、ストライクゾーンがすべてかも…。あの2カード目で完全におかしくなった印象。マレーロはここで発奮できるか、でしょうね…。

      しかし、やっぱり岡田がやっていかんと…。元気がないんですよねとにかく。そこが一番個人的には腹が立つ感じですね。

      成瀬は一回ケガもしましたからね…。仕上がりとしては6割ぐらいだったのかなと…。
      すぐにチャンス、って話にはならないと思いますが、それでももう一回ぐらいは投げさせてやってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。