オリックス・メネセスが先制打「捉えること出来た」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックス・ジョーイ・メネセス内野手が試合の均衡を破る先制パンチを食らわせた。

両チーム無得点で迎えた6回、大城、吉田正の連続内野安打で無死一、二塁のチャンスを作り、相手先発の東浜から泉に代わった直後の打席。1ボールからの2球目、外角低め145キロの直球を完璧に捉え、左中間を破る適時二塁打で先制点をたたき出した。「低めのストレートをしっかりと捉えることが出来たよ。タイムリーになってくれて良かった」と喜んだ。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス・メネセスが先制打「捉えること出来た」

この流れで押していけなかったのがやっぱり辛かったですね…。

ただ、メネセス自体は上り調子だと思います。打ちまくってくれれば、どっかで噛み合いの時がくるはず…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<4/22 4回戦 ソフトバンク3-1オリックス>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2019年・オリックスバファローズ開幕~4月までの関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ開幕~4月までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。