オリックス山田45球 同姓山田臨時コーチから指導 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックス山田修義投手(27)が10日、宮崎・清武で行われている春季キャンプでブルペン入りし、45球を投げ込んだ。

臨時コーチを務める同姓の山田久志氏(日刊スポーツ評論家)からフォームの指導を受け、「『見ていて、上半身と腕に力が入ってしまうから、抜くところは抜いて、リリースのところでグッと力が入るように。もっと足を使って投げなさい』と言ってくださいました。力が入らないことを意識して投げていきたい」と意気込んだ。

今季10年目の左腕は昨季中継ぎとして30試合に登板し、1勝2敗で防御率は3・80。8月には18試合に登板し、2リーグ制後では56年稲尾(西鉄)、13年益田(ロッテ)、18年フランスア(広島)の月間最多登板に並ぶ偉業を達成。球史に名を刻んだ。今季も中継ぎとして活躍に期待がかかる。11日の紅白戦で今季初実戦を迎える予定。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス山田45球 同姓山田臨時コーチから指導

今年も山田には期待がかかりますよねー。その期待を形にするためにも「下半身主導」は大切ですよね。年間通じた活躍、期待しています。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ2月(春季キャンプなど)の関連ニュースまとめ>
2月(春季キャンプなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。