オリックス育成1位漆原「反骨心」ではい上がる決意<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

プロ野球ドラフト会議が25日行われ、新潟医療福祉大・漆原大晟投手(4年)がオリックスの育成1位に指名された。

新潟医療福祉大の右腕・漆原の名前は、オリックスの育成1巡目で告げられた。口を真一文字に結んで、指名された喜びをかみ締めながら会見に臨んだ。「向上心と反骨心で頑張りたい」と育成から支配下登録選手に、はい上がる決意をすでに固めていた。佐藤和也監督(62)は「何とか念願のプロ入りがかなった。育成ではあるが、実力をつければ十分やっていける世界」と期待した。「まだまだ、発展途上。指名はうれしかった」と話した漆原は「高いレベルの野球を経験したい。やっていける自信はある」と力強く言った。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス育成1位漆原「反骨心」ではい上がる決意

育成での獲得をするには非常に豪華な投手、と聞いています。支配下に入る日が楽しみですよね!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2018年・オリックスバファローズ10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめ>
10月(シーズン終了以降)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ2018年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。