「埼玉西武ライオンズ戦関連ニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス東明「感謝」けが負けず896日ぶり白星<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス東明大貴投手が896日ぶりの勝利を挙げた。 西武打線を5回3安打無失点に封じた。16年3月30日の日本ハム戦以来の勝ち星に「うれしいです。長かったですね」と感慨深げ。15年に10勝をマークしたが、16、17年と2年続けて右肘のクリーニング手術を受けたため、投げられない期間が長かった。投げてもうまくいかず、どこか気持ちの悪さを感じながらだったという。 今季は2敗を喫していたが、試合は作っており、防御率もこの日で1・25と安… 続きを読む

オリックストンネル抜けたらロメロ、吉田正が連弾<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの主砲がアーチの共演だ。 球団ワーストタイの3戦連続完封負け中だったが、4回に1点を先制して不名誉な記録をストップすると、続く5回にステフェン・ロメロ外野手、吉田正尚外野手の3、4番が爆発。まずロメロが西武榎田のシュートを右翼席へ21号ソロ。 「しっかりとらえることができたけど、少し上がりすぎたし、どうかなと思ったんだけどね。風も手伝ってくれて、なんとか入ってくれてよかったよ」と喜んだ。 さらに4番吉田正も、スライダーを… 続きを読む

オリックス37イニングぶり得点、若月が脱出打<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスがようやく“ゼロの呪縛”から解放された。球団ワーストタイの3試合連続完封負けを喫し、7日のソフトバンク戦の4回から33イニング無得点が続いていた。 この日も西武榎田を相手に、3回まで毎回安打を放ち得点圏に走者を送るが、あと1本が出ず無得点が続いていた。 しかし、4回2死から宗が二塁打でチャンスメークすると、9番若月が右中間を破る適時三塁打。連続イニング無得点を36で止め、4戦連続完封負けも阻止した。若月は「なんとか1点を… 続きを読む

2018/9/12(水) オリックスバファローズ VS 埼玉西武ライオンズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 やったで東明!2年半ぶりの勝利! オリックスバファローズ VS 埼玉西武ライオンズ (2018/9/12 ほっともっとフィールド神戸) 勝利投手 東明(1勝2敗0S) 敗戦投手 榎田(9勝4敗0S) <バッテリー> (ライオンズ)榎田、齊藤大、相内 – 森 (バファローズ)東明、山田、岸田、吉田一、山本、澤田 – 若月 <本塁打> (バファローズ)ロメロ 21号ソロ(5回・榎田)、吉田正 22号ソロ(5回・榎田… 続きを読む

オリックス3戦連続完封負け、福良監督は歯ぎしり<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが、球団ワーストタイの3試合連続ゼロ封負けを喫した。苦手多和田を最後まで攻略できず7安打も完封負け。16年6月11日DeNA戦から同14日阪神戦以来となる3戦連続シャットアウト負けとなった。 ほっともっと神戸での試合は1万8455人が詰めかけた。福良淳一監督(58)は険しい表情で「申し訳ないです。これだけ入ってもらって、応援してもらっているのに。こんな試合をして」と話し、歯ぎしりしていた。 ※当記事の引用は全て以下の記事… 続きを読む