「選手の去就・契約更改関連ニュース」カテゴリーアーカイブ

T―岡田 オリックス残留 「来年も残って」ファンの声が“決定打” <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 今季で3年契約が終了し去就が注目されるオリックスのT―岡田外野手(31)が、海外フリーエージェント権を行使せず残留することが5日、確実となった。親しい関係者に残留の意志を示しており、15年目の来季もオリックスでプレーする。  残留を第1希望に8月以降、福良淳一ゼネラルマネジャー(GM)ら球団幹部と複数回にわたり会談。金銭面を含んだ条件交渉で争っていたわけではなく球団からも減額制限を超える条件提示は受けていなかった。 今季は腰痛など… 続きを読む

オリックス・ディクソン帰国「日本人登録」も視野 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのブランドン・ディクソン投手(34)が3日、関西国際空港を経由し、米国に帰国した。今季は開幕直前の3月に右肩を故障するも、6月に1軍復帰。その後守護神に定着し、2勝1敗、5ホールド、18セーブで防御率3・03。助っ人右腕は「新しい経験になりましたし、とても楽しみました」と今季を振り返った。昨季まで主に先発を務めてきたが、今季はリリーフとしてチームに貢献した。ディクソンは「準備、強度、気持ちの違いはあった。どっちも醍醐味(… 続きを読む

オリックスのアルバース、モヤ、エップラーが帰国 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのアンドリュー・アルバース投手(33)、スティーブン・モヤ外野手(28)、タイラー・エップラー投手(26)が2日、帰国した。来季2年契約の2年目を迎えるアルバースは今季腰痛に苦しみ、18年の9勝を下回る2勝。「18年の時のような投球を1年間継続できるように、体作りをしっかりしたい」とカナダへ飛び立った。来季残留見込みのモヤは「やりたかったこと全てはできなかった。来年帰ってきたい思いは強い」と語り、ドミニカ共和国へ… 続きを読む

【追記あり】オリックス成瀬、青山、岩本ら戦力外に <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは2日、以下の選手に来季の契約を結ばないことを通知した。◆支配下選手成瀬善久投手(33)青山大紀投手(24)岩本輝投手(26)高城俊人捕手(26)宮崎祐樹外野手(32)◆育成選手塚原頌平投手(27)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 ⇒オリックス成瀬、青山、岩本ら戦力外に 意外性もありつつ、予感があったメンバーが中心…… 続きを読む

オリックス・ロメロ再会願い帰国 来季弱点克服誓う <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのステフェン・ロメロ外野手(30)が9月30日、チームメートとの再会を願いながら米国へ帰国した。オリックスでの3年目を終えた主砲は、来季について「(プレーするのは)オリックスが一番のチームだと考えている。チームメートや首脳陣、スタッフといい人間関係を築けているし、球団から必要とされていることがいいパフォーマンスにつながるものだから」と残留を希望した。今季は出場81試合、3割5厘、18本塁打、63打点。右脇腹痛、右膝痛など… 続きを読む

オリックスFA検討のT―岡田に複数年契約提示 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが、今季で3年契約が切れてFA権行使を検討しているT―岡田外野手(31)に複数年契約を提示していることが29日、分かった。単年契約も選択肢として提案。FA宣言残留も容認の方針だ。 T―岡田は出場機会の増加を理由に熟考中。シーズン最終戦のこの日は1軍昇格し、7回無死満塁で代打起用され、5月16日のロッテ戦以来の出場となったが、空振り三振に倒れた。今季は不振と故障から20試合で打率1割2分、1本塁打、2打点。それでも球団は1… 続きを読む

オリックス岸田引退会見「やりきった気持ちはある」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 今季限りで引退するオリックス岸田護投手(38)が20日、本拠地の京セラドーム大阪で引退会見を行った。紺色のスーツに水色のネクタイ。引き締まった表情で現れた右腕は「率直にスッキリしています。悔いがないといえばゼロではないですけど、やりきった気持ちはあります」と、現在の心境を語った。岸田は05年に大学生・社会人ドラフト3巡目で入団。オリックス一筋14年間で先発、中継ぎ、守護神などを任され、432試合に登板。44勝30敗、63ホールド、… 続きを読む

オリックス・モヤ来季残留へ 途中加入も2桁本塁打 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのスティーブン・モヤ外野手(28)が来季もチームに残留することが19日、分かった。今季は中日からのトレードで7月から戦力として加わり、貧打が続いていた打線を勢いづけてきた。主に打線の中軸で出場し、今季ここまで打率2割4分9厘、10本塁打、34打点を記録。得点圏打率2割9分6厘と勝負強さも発揮してきた。ここ3試合無安打が続き、この日は移籍後初めて7番に座った。4回1死満塁の第2打席では四球を選び、押し出しでチーム1点目に貢… 続きを読む

オリックス黒木・山崎颯が育成契約へ、共に今季右ひじを手術 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは黒木優太投手(25)と今オフに育成契約を結ぶ方針であることが17日、分かった。1年目の17年には55試合、18年には39試合に登板し、中継ぎの一角を担っていたが、今季は1軍登板はなかった。2月の春季キャンプで右肘痛を発症し、6月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術(トミー・ジョン手術)を敢行。球団関係者は「(支配下登録は)じっくり治して、投げられるようになってからになる」と説明した。8月に同箇所を手術した山崎颯一郎投手… 続きを読む

オリックス岸田護が引退 戦力構想外を告げられ決断 09年に2桁星、11年33S <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・岸田護投手(38)が今季限りでの現役引退を決断したことが17日、関係者の話で分かった。 プロ14年目の今季は1軍登板がなく、今月初旬には球団から来季の戦力構想から外れていることを告げられていた。16日には「まだ何も決めていない。18日からの(2軍の)名古屋遠征に帯同する。そこでいい投球をすることしか考えていない」と揺れる心中を明かしていた。 岸田は2005年度大学・社会人ドラフト3巡目でNTT西日本からオリックスに入団… 続きを読む