「3 安達了一内野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス・安達の2打席連続適時打などで1点差「追いつき、追い越せるように」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが6回に安達の2打席連続適時打などで1点差に迫った。 1―4の6回、杉本、T―岡田の安打で1死一、三塁にすると安達が右前適時打。上沢の直球に振り負けず「チャンスの場面でしたし、積極的に打ちにいきました。なんとか追いつき、追い越せるようにこの後も頑張ります!」と力を込めた。 なおも1死一、三塁から来田も右犠飛で続き、3―4と追い上げ終盤に入った。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリッ… 続きを読む

オリックス14年V争い知る安達了一が決勝打「優勝目指して引っ張る」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス安達了一内野手が勝ち越し点をたたき出した。2-2の5回2死一、二塁で、左越えの適時二塁打。日本ハム河野とは昨年から5打数5安打の好相性で「点が入ってよかったと。状態はいいです」と顔をほころばせた。プロ10年目で、14年の優勝争いを知る数少ないメンバーの1人。「7年前はついていくだけで、あっという間に終わった。今は引っ張っていかないと、という思いはあります。優勝目指して本当に頑張っていきたい。いいところにいるんで」… 続きを読む

オリックス安達が逆転2点適時打<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは1点を先制された直後の初回1死から宗が死球、吉田正遊撃内野安打、T-岡田四球などで2死満塁とし、安達が右前に2点適時打を放ち逆転した。 「打ったのは真っすぐです。T(-岡田)も四球でつないでくれていましたし、満塁のチャンスだったので、なんとかバットに当たってくれてよかったですし、タイムリーになってくれてよかったです!」 今季初先発の本田を援護した。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下の… 続きを読む

オリックス・T-岡田&安達の“おじさんズ”で先制「なんとか打点を挙げられてよかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは二回、杉本の二塁打、続くT-岡田の遊ゴロで1死三塁とし、安達の左越え二塁打で先制点を挙げた。 「打ったのは真っすぐです。T(-岡田)がぎりぎり右打ちでランナーを進めてくれたので、なんとか打点を挙げられてよかったです!先発メンバーの中のおじさんズで先制できてよかったです!(笑)」 安達の打点は6月1日以来、7打点目。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オ… 続きを読む

オリックス安達了一、海外FA権を取得「野球選手としてはうれしい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス安達了一内野手(33)が11日、海外FA権を取得した。安達は交流戦・広島戦(京セラドーム大阪)の試合前練習後に取材に応じ「野球選手としては(権利取得は)うれしいです。(権利行使については)特に何もないです」と語った。安達は、11年ドラフト1巡目で社会人の東芝から入団し、オリックス一筋。即戦力内野手の評価通りの働きでチームに貢献し、16年1月の難病の潰瘍性大腸炎発症後も正遊撃手を務めてきた。18年12月の契約交渉で… 続きを読む

オリックス安達が日本炎症性腸疾患協会へ「公式戦の出場数×1万円」を支援 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 日本プロ野球選手会は7日、オリックスの安達了一内野手(33)が、社会貢献活動として特定非営利活動法人の日本炎症性腸疾患協会へ「公式戦の出場試合数×1万円」を支援すると発表した。シーズン終了後に同協会が実施する「こどもキャンプ」贈る予定。安達は16年1月に国指定の難病『潰瘍性大腸炎』を発症し、難病と闘いながらプレーしている。今季はここまで38試合に出場して打率2割9分8厘の成績。遊撃から二塁にコンバート後も、堅実な守備でチームの勝利… 続きを読む

オリックス安達が勝ち越し打  「なんとか山岡に勝ちを付けられるようにと思っていた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 2-2の同点で迎えた八回。オリックスは相手失策などで2死一、二塁の好機に安達が中前適時打で勝ち越した。 「打ったのはスライダーです。山岡が頑張って投げていましたし、なんとか山岡に勝ちを付けられるようにと思っていたので、いいところに飛んでくれてよかったです!」 安達はこの試合が通算999試合目の出場となった。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。  ⇒オリックス安達… 続きを読む

正遊撃手オリックス安達を二塁先発「一番最適かなと」中嶋監督が起用説明 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが、正遊撃手の安達了一内野手を先発二塁で起用した。中嶋監督は「いろんなバージョンというか。試しているわけではなく、いろいろコーチ陣とも話しましたが、ぼくらは最下位から始まったチャレンジャーですので。いろんなことをしていかないといけないし、一番最適かなと思っていきました」と説明。外野手登録のロメロは3日西武戦に続いて、この日も一塁で起用するなどオプションを広げている。安達は3回無死二塁で西武森の痛烈な打球をしっかりさばくな… 続きを読む

オリの連勝は4でストップ 敗戦の中で見せたベテラン安達の技 中嶋監督「他の選手も勉強していって」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは相手を上回る9安打を放ったが、反撃及ばず。序盤の大量失点が響き、連勝は4で止まった。(中略)連勝は止まっても、反撃機運はあった。6回の吉田正の5号ソロ、9回には代打・中川圭が1号ソロで2点差に詰め寄った。特に、4回には安達が6球連続ファウルで粘るなど、上沢の13球目ツーシームを右中間二塁打し好機を演出。その後1死三塁で、杉本の投手のグラブをはじく適時内野安打で1点を返す場面もあった。 指揮官は「安達の素晴らしさ… 続きを読む

オリックス・安達、出場8試合ぶりの適時打で反撃「なんとかタイムリーになってくれてよかった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス・安達了一内野手(33)が出場8試合ぶりとなる適時打を放った。 「点を取られた直後のチャンスでしたし、なんとかタイムリーになってくれてよかったです!」 0-2の三回2死一、三塁。伊藤が投じたカーブにうまく対応し、中前へ弾き返した。定期的に休養日を挟みながら出場を続ける安達は、6日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来となる打点をマークし、チームの今季初の3連勝を目指して反撃した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。… 続きを読む