「▼オリックスバファローズ内野手のニュース」カテゴリーアーカイブ

オリックス宜保、プロ初適時打で初打点「気が楽に」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宜保翔内野手(19)が今季初昇格で先発出場し、2年目でのプロ初タイムリー初打点だ。1点リードの3回2死一塁。西武松本の高め速球をコンパクトなスイングで強振すると、左中間を破る適時二塁打で追加点をたたき出した。「1打席目に比べるとボールも見えていましたし、タイムリーになってくれてよかったです! まずは今年1本目のヒットを打つことができて気が楽になりました。(プロ初打点を)『単純にうれしい』。それだけですね!」とコメ… 続きを読む

オリックス太田「最高」1軍再昇格初戦に先制弾 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス太田椋内野手(19)が1軍再昇格初戦から貴重な先制本塁打を放った。1回2死走者なし。西武先発松本の内角速球を乗せるように運ぶと、左翼席の最上段へ。今季3号ソロ本塁打になった。「感触もよかったですし『なんとか切れるな』と思いながら走っていました。めちゃくちゃ気持ちよかったですし、最高です!」。20年初1軍だった7月16、17日ソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で2試合連続本塁打を放って以来、約2カ月ぶりのアーチだ。… 続きを読む

オリックス・ロドリゲスが勝ち越し二塁打「みんながいい仕事」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 1-1の六回、オリックスは福田、大城の連続四球を安達が犠打で進めて二、三塁。吉田正が敬遠で1死満塁とした。 ここで西武先発・ノリンが降板。2番手・宮川に対してロドリゲスは追い込まれながら127キロを左翼線に打ち返す2点適時二塁打で勝ち越した。 「打ったのはカーブ。みんながいい仕事をしていたし、とにかくミスショットしないことだけ考えていたよ!しっかりとボールにコンタクトできたし、タイムリーになってくれてよかった!」 さらに杉… 続きを読む

オリックス・昇格即スタメンのロドリゲス、反撃の適時打!名古屋で弾→神戸入りお疲れ親子ゲーム<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が3点を追う4回、無死二、三塁から反撃ののろしを上げる左前適時打を放った。 この日1軍に昇格したロドリゲスは、楽天の先発・松井の初球を仕留めた。「打ったのはチェンジアップ。前の2人(杉本、大下)がヒットで塁に出て、チャンスを作ってくれていたし、甘いボールが来たらしっかりとスイングしていこうと思っていたから、タイムリーになってくれてよかったよ!」と興奮気味にコメントした。 ロド… 続きを読む

オリックス・杉本、伏見、福田の3連続適時打などで一挙6得点逆転 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが2点を追う2回、一挙6得点の猛攻で試合をひっくり返した。敵失で1点を返し、なお無死満塁の絶好機。まずは杉本裕太郎外野手(29)が平井のフォークにうまくタイミングを合わせ、左前に落とす適時打で同点とした。9月に入り、前日まで18打数8安打と調子を上げてきた背番号99は「状況的にも力まずに、なんとかバットに当てていこうと思って打席に入っていました。いいところに飛んでくれましたし、同点のタイムリーになってくれてよかっ… 続きを読む

オリックス完敗 ノーノー阻止の西野「いつもと違う異様な雰囲気あった」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは九回に先頭打者の代打西野が中前打して無安打無得点試合を阻止するのがやっとで零敗を喫した。高橋光の前に三塁も踏めず、中嶋監督代行は「対策は立てたが、それができないくらい良かったということだし、こちらの対策がまだまだ甘かったということだと思う」と唇をかんだ。 終盤は高橋光がストライクを取るたびに大きな拍手が湧き起こった。敵地で重圧がかかる中で意地の一打を放った西野は「いつもとは違う異様な雰囲気はあった。何とか先頭と… 続きを読む

オリックス安達200犠打達成「歴代の監督に感謝」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス安達了一内野手が、プロ野球史上44人目となる200犠打を達成した。6点を奪った3回にバントを決めるなど2犠打。「野球をやっている以上、打ちたいなという気持ちはありますが、節目の記録を達成できたのはよかったです。使ってくださった歴代の監督に感謝です」と周囲への感謝を忘れなかった。16年に潰瘍性大腸炎を発症。選手生命の危機に直面しながら、コツコツと節目の数字を積み上げた。▼通算200犠打=安達(オリックス) 6日の楽… 続きを読む

オリックス大城2戦連続適時打「いいところ飛んで」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス大城滉二内野手(27)が、2試合連続適時打を放った。2回にジョーンズ、松井佑、中川の3連打などで2点差を追いつき、なおも1死二、三塁で楽天塩見の直球を捉え三遊間を破った。「状況的にも、とにかくバットに当てて転がしていこうと思っていましたし、それがいいところに飛んでくれました」。三塁走者の中川が勝ち越しのホームを踏んだ。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください… 続きを読む

オリックス中川6戦ぶり適時打「いい結果になって」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス中川圭太内野手(24)が2回、チーム初の適時打を放った。2点を追ったこの回、先頭ジョーンズ、松井佑の連打で無死二、三塁とし、楽天塩見のスライダーを左前に運んだ。「追い込まれていましたが、なんとか追いつこうと思っていましたし、それがタイムリーといういい結果になってくれてよかったです」と、6試合ぶりの適時打を振り返った。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。   ⇒… 続きを読む

オリックス安達執念ドロー打「惜しかった」監督代行 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス安達了一の2点適時打で、執念のドローに持ち込んだ。2点を追った9回2死満塁から左前へ同点打。延長10回も2死二、三塁と攻めたが、中川が二飛に倒れた。中嶋監督代行は「いやぁ惜しかったですね…。(9回、10回に)決めきれませんでした。でも姿勢としては非常に良い姿勢」とナインをたたえた。敗れれば自力CS進出の可能性が消滅する危機は変わらないが、懸命に前を向く。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリン… 続きを読む