「▼オリックスドラフト関連ニュース」カテゴリーアーカイブ

【最新情報あり】オリックスバファローズ2018年ドラフト会議・選択希望選手のニュース一覧

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。以下、オリックスバファローズ2018年度のドラフト指名選手一覧です。名前のリンク先は、各選手の喜びの声です。 また、当ページで、来季のドラフトまでのルーキー関連のニュースもこちらにまとめていきます。 ※指名選択終了につき確定。 【1位】太田椋内野手(天理高校) (入寮まで) 11/10 オリックス・ドラ1太田、背番号は引退・小谷野の「31」 未来の遊撃手へ期待11/27 オリックス1位太田椋が仮契約「3番ショ… 続きを読む

オリックスドラフトで“田嶋2世”JFE西日本の151キロ左腕・河野竜生狙う <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが今秋ドラフト上位候補として、JFE西日本の“田嶋2世”河野竜生投手(21)をリストアップしていることが29日、分かった。 最速151キロ左腕は17年ドラフト1位の田嶋と同じく高卒で社会人に進み、7月の都市対抗では8強入りに貢献した。オリックスの先発ローテで左腕は田嶋だけ。1年目に6勝を挙げた田嶋級の即戦力左腕に注目している。 河野は鳴門高で史上5人目の1年夏から3年連続で甲子園で先発。JFE西日本では18年日本選手権で… 続きを読む

オリックス福良GM、佐々木朗希絶賛も1位明言せず <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス福良淳一GM兼編成部長が最速163キロ右腕の大船渡(岩手)佐々木を大絶賛した。先発で3回を無失点に抑えた6月30日の練習試合(対由利)を初視察。この日は大阪市内の球団施設を訪れ「いいよ、やっぱり。コントロールも変化球もよかった。まだ余力を残している感じ。リミッターを外してどれくらいの球を投げるのか。(将来は)楽しみですね。レベルは高いよ」と語った。1位指名の可能性には「まだ候補はいっぱいいる」と明言は避けた。※当記事の引… 続きを読む

オリックス、東海大・海野ら即戦力捕手を上位指名へ <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが全日本大学選手権で活躍した東海大・海野隆司捕手(4年=関西)と東洋大・佐藤都志也捕手(4年=聖光学院)を今秋ドラフトの上位候補にリストアップしていることが17日、分かった。球団関係者は「若月に続く若手捕手の補強が今秋ドラフトのテーマの1つ」と話しており、チームを支える次世代の捕手として注目していく。2人ともチームの4番を務める「打てる捕手」。東海大・海野は今春の首都リーグで打率3割1分6厘をマーク。さらに守備では大学随… 続きを読む

オリックス福良GM、初スカウト会議「佐々木生で」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは4日、京セラドーム大阪内の球団事務所でスカウト会議を開いた。福良淳一球団本部ゼネラルマネジャー(GM)兼編成部長(58)も1日付で現職に就任後、初参加となった。「初めてですからね。今までの流れを確認した。(全日本)大学選手権で(候補に)挙がっている選手を聞いただけです」と説明した。5月28日の就任会見で福良氏は「投手は若い選手が出てきた。野手ですね」と補強ポイントについて言及。この日あらためて今後の方針について… 続きを読む

“最後のPL戦士”オリD7位・中川、目標は「先輩方」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの新入団選手発表会見が15日、大阪市内のホテルで行われ、“最後のPL戦士”として注目を集めるD7位・中川圭太内野手(東洋大)は目標とするPL学園出身の先輩を問われ、「偉大な先輩方、としておいてください。抜けてるとマズイんで」と苦笑い。キラ星のごとくスターがそろう名門ならではの苦労をうかがわせた。PL時代の1年先輩、中山悠輝内野手(東京ガス)から祝福と同時に「俺もプロを諦めてないよ」と電話をもらったことを明かし、「… 続きを読む

オリックスのドラ2・頓宮裕真「1年目から2桁本塁打が目標」入団会見に参加 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは15日、大阪市内のホテルで新人8選手の入団会見を行った。 ドラフト2位・頓宮裕真内野手(22)=亜大=は、三冠王に輝いたブーマーと同じ背番号44を背負う。 侍ジャパン大学代表で4番を務め、大学通算14本塁打を放った大砲は「44番はブーマー選手が付けていた背番号ですが、僕は裕真という名前なので、ブーマーからユウマ(の背番号)に変えられるようにしたいです」と力強く宣言した。 ルーキーイヤーの目標を問われると、「1年目から2… 続きを読む

オリックスのドラ1太田が入団会見 吉田輝星との対戦を希望「いい投手」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは15日、大阪市内のホテルで新人8選手の入団会見を行った。 ドラフト1位・太田椋内野手(17)=天理=は、対戦したい投手に同級生で日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手の名前を挙げた。 「甲子園を見ていていい投手だな、と思ったので」。太田は今夏の甲子園に出場できなかったが、同世代で屈指の実力を持つ右腕と、1軍で対戦することを夢見た。 父・暁さんは元近鉄で、オリックス打撃投手を務めている。「早く1軍に上がって父の球を打ちたい… 続きを読む

オリックスドラ6左腕・左沢が契約金3500万円で仮契約「右左問わず内角攻める」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスからドラフト6位指名された左沢優投手=JX-ENEOS=が3日、横浜市内の新横浜プリンスホテルで入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。 相模原市出身で、社会人までずっと神奈川を本拠にプレーしてきた。初となる関西についての印象を聞かれると、「未知の世界」と即答。大学時代の先輩である阪神・岩貞にはドラフト指名後に自ら連絡し、「『同じ関西だな。ご飯行こうな』と言われました」と頼もしい言葉を受け… 続きを読む

オリックス育成1位・漆原と仮契約「強気に攻めていくスタイルが自分の持ち味」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは30日、育成ドラフト1位で指名した新潟医療福祉大の漆原大晟投手(22)と新潟市内で交渉し、支度金300万円、年俸260万円で入団合意。背番号は127。 「仮契約を終えて、もっと成長していかなければいけないという思いが強くなりました。ストレートに自信があり、強気に攻めていくピッチングスタイルが自分の持ち味だと思っています。与えられた場所で最大限のパフォーマンスがだせるように、プロでも“準備”を大切にしていきたいと… 続きを読む