”オリデミー賞”主演男優賞にラオウ杉本裕太郎「覚醒終わらず続くように」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

「Bs Fan-Festa2021 supported by CRTM」で、全オリファンの心に残った選手たちに贈る「オリデミー賞 supported by CRTM」の表彰が行われた。

流行語大賞に選ばれたのは、13勝の好成績とロングヘアから球児顔負けの丸刈り姿への大変身でファンのハートをぎゅっとつかんだ宮城。躍進が期待される若手に贈られる新人賞には、来田が選ばれた。来田は大阪メトロの1日駅長スタイルで、レッドカーペットに登場。「(1日駅長には)1度はなってみたいと思っていました。大阪メトロで一番好きなのは、大阪環状線です」と半ば本気でボケ、ゲストMCの霜降り明星に「大阪環状線はメトロちゃうやん」と突っ込まれていた。

また「平和賞」には、常にいいタイミングでマウンドの投手らに声をかけ、和ませたとして安達が受賞。安達は「平和が一番」と受賞コメントを語ったあと「実は投手になりたかったので、マウンドに行ってるんです。特別なことは何も言ってません」と明かした。マウンドで自分を落ち着かせるためのつぶやきを続ける田嶋は「文学賞」を受賞。「来年もたくさんつぶやいて、チームに貢献できるように頑張ります」と抱負を語った。

「主演女優賞」にはBs GirlsのリーダーCHAL。初期メンバーで8年間オリックスを支え、今季でBs Girlsを卒業するCHALは、シックなドレス姿でレッドカーペット・アライバル。「(今季の優勝には)生まれたときくらい泣きましたね」と明かした。「助演男優賞」には山田、富山、K-鈴木、吉田凌の中継ぎカルテットが選ばれた。山田は「小さいころからこの賞を取ることが夢だったので」、富山は「来年もこの賞を取れるように頑張ります」と力強く誓った。

「感動賞」は宗が受賞。10月12日ロッテ戦(京セラドーム大阪)で好投の小島から放った同点2ランで、打った宗がベンチで号泣し、打たれた小島も涙にくれた。まさに胸アツの活躍を見せた宗は「もう、泣かないようにします」とファンに誓った。スタンドに手を振りながらレッドカーペットを歩く姿に、霜降り明星も「ほんまのアカデミー賞みたい。さまになってる」と、リアル・ハリウッドスターと認められた。

山足は、優勝が決まった10月27日祝勝会でのクラッカーのフライング誤爆が認められ「大爆発賞」を受賞した。

「主演男優賞」は、覚醒した本塁打王、杉本が選ばれた。ラオウは「覚醒ではそれで終わってしまうので、これが続くように」と宣言。最高賞の「CRTMヒーロー賞」に選ばれたのは、小田だった。クライマックスシリーズ勝ち抜けを決めたバスターが、オリックスファンの心をつかんだ。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒”オリデミー賞”主演男優賞にラオウ杉本裕太郎「覚醒終わらず続くように」

しかしまぁ、振り返るといろいろありましたね…。ここを一区切りにして、次のシーズンに向かっていきたいですね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2021年・オリックスバファローズ12月までの関連ニュースまとめ>
12月までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。

↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。