オリックスの新外国人候補にパイレーツ・オスーナをリストアップ!内外野守れる右の大砲<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスが来季の新外国人候補として、ホセ・オスーナ内野手(27)=パイレーツ=をリストアップしていることが19日、わかった。三塁や一塁に加え、外野も守れるユーティリティーな右の大砲。チームの補強ポイントである三塁の穴を埋めるべく、調査を重ねていく。

 25年ぶりのリーグ優勝を目指す上で、オリックスの課題は多い。なかでも、三塁手は重要な補強ポイントだ。その穴を埋めるべく、来季の新外国人候補として、オスーナをリストアップしていることが判明した。

 オスーナは2010年にパイレーツとプロ契約を結ぶと、17年4月18日にメジャー初昇格。昨年は95試合に出場し、打率・264、10本塁打、36打点と頭角を現した。守備位置は主に三塁と一塁で、三塁手としてはメジャー通算31試合に出場し、失策数は「0」。安定した守備力に加え、左翼や右翼も守れるユーティリティー性もある。

今季は26試合で打率・205、4本塁打、11打点と思うような成績は残せなかったが、12月12日で28歳とまだまだ伸び盛りな部分も魅力だ。

 オリックスは近年三塁手を固定できず、今季も中川や大下、宗、福田らが日替わりのような形で出場するケースが多かった。来季高卒3年目の太田ら有望な若手が定着することが望ましいが、1年間通して活躍できるかは不透明。来季も残留が決定的なモヤや2年契約の2年目となるジョーンズとともに、打線を形成するオスーナら新外国人の獲得にも力を注いでいく。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
  ⇒オリックスの新外国人候補にパイレーツ・オスーナをリストアップ!内外野守れる右の大砲

こんな感じの選手だそうです…。

ひとまず、安定した守備力と、やたらとクセはなさそうなスイングは好印象ですね。ただし、速球以外の対応はこれだとちょっとわからんかも…。変化球攻めにあったらどうなるか…。

それでも、サードで獲得できる(しかもユーティリティ性あり)のであればその方がいいのは間違いないかなと思います。ヨソも狙っているそうなので、動向に注目ですね…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2020年・オリックスバファローズ11月の関連ニュースまとめ>
11月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。