オリックスのキャッチフレーズ「B」強調で「V」 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスは9日、今季のキャッチフレーズを発表した。「B INNOVATION ♯超革新系」で、バファローズの「B」を強調し、勝利を示す「V」を右上がりの矢印で示す、力強いロゴマークだ。

西村徳文監督(60)は「今年、変わらないといけない。変革というところが、そのなかに入っている。1人1人が変わればチームの雰囲気は当然、変わる。チームも変わっていく。そういう話をフロントと話していきながら決まった。いろんな意味合いがあるでしょう」と説明した。

「B」にも「Boost(底上げし)」「Break(ブレイクし)」「Boom(ブームを起こす)」意味を込めた。昨季は最下位だったが、今年は大リーグの超大物、アダム・ジョーンズ外野手(34=ダイヤモンドバックスFA)の獲得に成功するなど、助っ人を積極補強し、巻き返しを図る。

指揮官は「チームを変えていくのは1人の力ではできない。コーチ、選手、スタッフを含めて、みんなでやっていかないといけない」と話し、一丸態勢を強調していた。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックスのキャッチフレーズ「B」強調で「V」

ヘンに突飛でもないですし、わかりやすい、いいキャッチフレーズだと思います。全体で進化していきたいですね!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2020年・オリックスバファローズ1月(自主トレなど)の関連ニュースまとめ>
1月(自主トレなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックスのキャッチフレーズ「B」強調で「V」 <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. 管理人さん、こんばんは。

    オリックスは偶然とは言え、BRAVES、BLUE WAVE、BUFFALOESと合併した球団のニックネームの頭文字が全てBという歴史もあり、Bは正に球団を象徴する文字ですね。
    球団がBoost、Break、Boomの意味を込めているというのもいいと思いますし、いっそオリックスファンは(バスケットから借りて)Boosterと名乗って外野の熱い応援だけに止まらず、広い球場が一体となった厚い応援ができるようなムーブメントがあればなあと個人的に思っています。
    昨年はホップの年、今年はまだステップの年と見ていますが、新キャッチフレーズの下、球団、選手、ファンが三位一体となって「変わろうぜ」「やったろうぜ」と盛り上がってシーズンを戦っていってくれることを祈っています。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      なんせ一体感はもっとほしいところですね。
      もう15年ほどたってますし、さすがにそろそろひとつになっていかないと…。
      今年は盛り上がっていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。