オリックス・西村監督が自らノック 西村、中川に期待「お互いに意識しあって」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

3日目のこの日は西村徳文監督自らバットを持って内野手にノックした。

 遊撃手候補の太田椋内野手、宜保翔内野手、フェリペ捕手、広沢伸哉内野手と三塁に就いた西村凌外野手、中川圭太内野手に約20分間打ち込んだ。

 特に三塁に入った2人について「西村は打撃にいいものを出してくれている。(定位置を争う)2人で練習するのはお互いに意識しあっていい。誰かが三塁のレギュラーを取ってくれれば。打つだけでなくしっかり守りをやっていってくれないと困る」と期待していた。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス・西村監督が自らノック 西村、中川に期待「お互いに意識しあって」

とにもかくにも、来季は三塁を固めたいですよね…。打ててナンボではありますが、守りがダメまで行ってしまうとカバーが難しいのも現状やと思いますしね…。

特に、西村の場合は昨年は一度コンバートをやめた身。今度こそモノにしていきたいところですね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2019年・オリックスバファローズ11月(秋季キャンプなど)の関連ニュースまとめ>
11月(秋季キャンプなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。