オリックス2位頓宮が適時打「どんな形でも1点を」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

開幕から6戦未勝利のオリックスが29イニングぶりに得点を挙げた。4回無死満塁でドラフト2位の頓宮裕真内野手(22=亜大)が安楽から先制の左前打を放った。

「打ったのはフォークだと思います。満塁のチャンスでしたし、昨日から投手陣の方たちが頑張ってくれていたので、どんな形でもいいから1点を取ろうと打ちました。タイムリーになってくれて良かったです」(後略)

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス2位頓宮が適時打「どんな形でも1点を」

ほんま、逆にプレッシャーがかかりがちなノーアウト満塁でよう一発でタイムリー打ってくれたと思います。チームに貢献できたことが大きく自信に繋がっていくと思いますね!

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<4/5 1回戦 オリックス2-0楽天>
試合の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

<2019年・オリックスバファローズ開幕~4月までの関連ニュースまとめ>
オリックスバファローズ開幕~4月までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ2018年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「オリックス2位頓宮が適時打「どんな形でも1点を」 <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. 重圧の中、ルーキーがタイムリー打てたことは、素晴らしいかったと思います。

    1. ひろしさん
      コメントありがとうございます!

      眠れない日々やったそうですが、監督の言葉で吹っ切れたそうですね。
      ほんと大仕事、やってのけてくれたと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。