中島、金子、西流失したけど…オリ 今オフ初慰留 安達と3年契約へ <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスが安達了一内野手(30)に対して3年契約を用意していることが26日、分かった。近日中の契約更改の場で正式契約を結ぶ見込み。順当に進めば来季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得する正遊撃手の「残留交渉」に成功し、中島、金子、西と主力選手の流出が相次いだ今オフ初の朗報となる。
 実際は“危なかった”。球団側は下交渉の段階では複数年契約の打診をせず、今月4日の契約更改交渉の席で突然複数年の選択肢を提示。安達を「単年でサインするつもりで来たんですが…」と困惑させていた。

 安達は以降も「単年」を軸に熟考。交渉日程も先延ばしとなり、他の選手は全員更改を終えた。ただ、16年に発症した潰瘍性大腸炎の件で「球団に迷惑をかけている」と以前から語っており、球団の用意した3年契約を「誠意」と受け取って受諾する模様だ。

 体調不安があったとはいえ、今季も140試合に出場。守備範囲の広さや通算93盗塁など、走攻守で存在感の光る安達が仮にFA宣言すれば、他球団も黙ってはいない。特に今季推定年俸6400万円は格安で、獲得調査がしやすい選手。主力の流出が続いた際、チーム内では「安達さんまで出て行ったらまずいですよ」と不安を訴える選手もいただけにファンに対しても、ようやく明るい話題の提供となりそうだ。

 来オフには3年契約を終えるT―岡田との慰留交渉も控える。安達と並んでチームの柱となるべき選手で、是が非でも残留させなければならない。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
中島、金子、西流失したけど…オリ 今オフ初慰留 安達と3年契約へ

今年の状況を見ると、やはりフロントの仕事ぶりが気になります。下交渉、ちゃんとやってくださいね…。選手を戸惑わせるようなやり方は改めないと…。

ほんで、少しシビアな話をすると…安達は「中途に格安」だからこそ、他球団はむしろ手を出しづらい(人的補償を持っていかれやすいBランク)と思うんですが…。

とはいえ、精神的な部分で安達の存在が大きいのは確か。グラウンド上での余裕も感じられますしね。個人的にはあの「打てない、守れない」状態だったルーキーイヤーからよくここまで来てくれた、と思います。

来季は打棒をもう少し、ですね…。.250あれば、彼の守備・走塁ならお釣りがくるはず。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2018年・オリックスバファローズ12月(オフ・自主トレなど)の関連ニュースまとめ>
12月(オフ・自主トレなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「中島、金子、西流失したけど…オリ 今オフ初慰留 安達と3年契約へ <バファローズ最新ニュース>」への2件のフィードバック

  1. 管理人さん、こんにちは。

    個人的には安達選手とT-岡田選手は引退までオリックスで、チームの精神的支柱としての働きを期待したい存在だと思っています。3、4年先には太田選手がショートのレギュラーになってくれるのがオリックスとしてはベストでしょうが、そこまでの目標としても安達選手のような12球団屈指の守備の名手にはいてもらわないといけないはず。管理人さんのおっしゃる通り、下交渉が今回もまずい感じでしたが、5年先、10年先のビジョンをしっかり持って今後はチーム編成のために必要な選手のためには迅速に動いてほしいですね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      やっぱり、岡田や安達はドラ1なんですよね。大事に考えてるってとこを見せていかないと、スカウティングにも悪影響を及ぼし得ると思いますしね。
      そして、やっぱり守備はお手本にしてほしいですしね。守備だけなら安達以上のショートはいない(源田より精度は高いはず)ですしね。

      しっかし、このチームの弱点は完全にフロントということが浮き彫りになりましたね…。一貫性を持たせてほしいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。