オリックス・ドラ2 K-鈴木 落差ある“岸カーブ”にスタッフ「おぉ!」<バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスのドラフト2位・K-鈴木投手(23)=日立製作所=が12日、新人合同自主トレで“岸カーブ”を披露した。キャッチボールながら、あまりにも大きな落差にスタッフも思わず「おぉ!」と声をあげた。

気温2度の舞洲サブ球場で新人選手がキャッチボール。ひときわ仕上がりの早さを見せていたのがK-鈴木だ。186センチの長身から投げ込まれる角度あるボールに注目が集まった。そのときだった。相手のはるか頭上に投げたようなボールが大きく曲がってグラブに収まった。相手を務めたドラフト1位の田嶋が「1回目線が上がってから落ちてきた」と驚きの声をあげたほどの落差だった。

K-鈴木は「楽天の岸さんのような軌道が理想。今は110キロくらいですが、もう少しスピード差がほしいので腕を振って100キロ台になるようにしたいです」と話す。

MAX154キロの速球にスピード差40キロの“岸カーブ”があれば大きな武器になる。即戦力右腕は緩急で開幕1軍をアピールする。

※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
オリックス・ドラ2 K-鈴木 落差ある“岸カーブ”にスタッフ「おぉ!」

先発・リリーフ、どちらでいくかによってこのボールの処遇が決まりそうですが、武器になるのは間違いないと思いますね。

個人的には、鋭いタイプの変化以外をリリーフで使うのはなかなか勇気が要ると思いますが、それでも自信を持って使えるってレベルの武器にできたらまさに鬼に金棒ですよね。実戦で使うのを見てみたいところです。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<オリックスバファローズ2017年度ドラフト>
新人選手の情報はこちらにまとめています。

<2018年・オリックスバファローズ1月(自主トレなど)の関連ニュースまとめ>
1月(自主トレなど)の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。