「同点打」タグアーカイブ

オリックス・西浦、一回に3点二塁打「いいところに飛んでくれた」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの西浦が一回に3点二塁打を放った。1-4の2死満塁で、フルカウントからボルシンガーの内角カーブをしぶとく左翼線に落として走者を一掃。「逆方向を意識して打席に入った。いいところに飛んでくれた」とうなずいた。 9日以来の先発出場。打撃不振で出番が減っていたが、11打席ぶりの安打で起用に応えた。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

オリックス・今季途中加入のモヤが千賀から10号「うれしいよ!」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのスティーブン・モヤ外野手(28)が10号ソロを放った。1点を追う6回1死から千賀の153キロの直球をバックスクリーン右へと運んだ。6月に中日からトレード移籍してきた大砲がシーズン途中からの加入で2ケタ本塁打に到達。「自分の本塁打で同点に追いつくことができてうれしいよ!」と5試合ぶりの一発を喜んだ。 モヤは7月3日のロッテ戦(京セラD)で移籍後初出場すると、主にクリーンアップで起用され試合前まで出場58試合、打率… 続きを読む

オリックス中川4カ月ぶり第2号「無駄な動きを少なく、コンパクトに」<バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが1イニング2本塁打で楽天の先発・岸を攻略した。1点を追う2回。先頭打者のドラフト7位・中川が141キロの直球をフルスイングし、中越えへ2号ソロを放った。1死後、山足は127キロの変化球を芯で捉えて1号ソロを左越えへ運んだ。 中川は5月10日の楽天戦(ほっと神戸)以来、約4か月ぶりの一発で「直球にキレがあるのは分かっていたので無駄な動きを少なく、コンパクトにスイングすることを心掛けていました」。ルーキーながらこの… 続きを読む

オリックス宗が豪快2号「届いてくれてよかった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックス宗佑磨外野手(23)が、同点アーチを放った。1点を追う2回1死から、西武松本航の直球を右翼席へ運ぶ2号ソロ。宗は「カウント有利でしたし、センター方向を意識しながら力まずにスイングすることができました! なんとかスタンドまで届いてくれてよかったです!」と喜んだ。この日は山田修義投手(27)が2年ぶりの先発。3回まで1失点で踏ん張る先輩を援護した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリッ… 続きを読む

オリックス・西浦が同点打「いいところに飛んでくれた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 2点を追うオリックスは二回1死から中川が中前打で出ると安達は遊ゴロ内野安打に相手失策などで二、三塁とし佐野の遊ゴロで1点をかえすと続く西浦は中前にしぶとく抜く適時打で同点に追いついた。 「打ったのはストレートです。ランナー三塁のチャンスでしたし、なんとか“ことを起こそう”と打席に入りました。いいところに飛んでくれましたし、同点のタイムリーになってくれてよかったです!」 8月の快進撃を支えたロメロは右膝の炎症のためベンチを外… 続きを読む

オリックス小島が反撃のろし、自己最多3打点猛打賞 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが執念の逆転勝ちで勝負の11連戦を白星発進した。劣勢の流れを変えたのは小島脩平内野手だ。2点を追う7回先頭で西野の高め直球を捉えた。右翼スタンドに運ぶ4号ソロで反撃ののろしを上げた。「完璧でした。2点差だったので、ワンチャンスでいけると思った」。1点差に迫って迎えた8回無死二、三塁の打席では低め変化球をしぶとく右前に転がす同点打。この回の逆転劇につなげた。小島は9回の第5打席でも中前適時打を放ち、3安打3打点。プ… 続きを読む

オリックス・8月絶好調のロメロが適時打「積極的にいこうと思っていた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのステフェン・ロメロ外野手(30)が8月の好調ぶりを改めて示した。 2点を追う3回。吉田正の中犠飛で1点差に詰め寄って、なおも2死三塁。ロッテ・西野の初球・129キロのスライダーをうまく捉えて中前適時打とした。「2死三塁という状況だったし、同点に追いつくチャンスだったから中堅方向を意識して積極的にいこうと思っていたよ。バットの先だったけど何とか走者をかえす打撃ができてよかったね!」と喜んだ。 8月は試合前まで出場… 続きを読む

オリックス左キラーの福田が同点打「高い集中力を持って打席に入った」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの福田周平内野手(27)が同点適時打を放った。 オリックスは2回無死三塁、3回1死一、三塁をいずれも無得点で終わるなど、左腕・北浦を崩せずに0―2で迎えた5回。先頭の中川が遊撃への内野安打、続く西浦が野選で無死一、二塁となった。安達がバントを2球連続ファウルで追い込まれてから、120キロの変化球を中前適時打。さらに1死一、三塁から福田が140キロの直球を左前適時打とし、同点にした。 試合前まで対左投手の打率が3割… 続きを読む

オリックス・安達、3安打4打点の大活躍!6回の同点打「初球を狙ってました」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスが17安打14得点で大勝し、5連勝を飾った。  4打数3安打4打点の大活躍を見せた安達は、第1打席の中前適時打について「何とか後ろに繋ぐつもりで打席に入りました」と話し、6回の同点となる左中間への適時二塁打には「初球を狙ってました」と振り返った。 2回には、二盗を成功させてプロ通算100盗塁を達成したが「まだまだですね。もっと盗塁をしていきたいです」と笑顔で話した。 チームは5連勝を飾ったが「Aクラスを目指して、… 続きを読む

オリックス“夏男”の吉田正が8回に同点打 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスの吉田正尚外野手(26)が勝負強い打撃を見せた。1点を追う8回2死から連打で生まれた一、三塁の好機。森原の外角直球を捉え、左前適時打を放った。 7月に月間MVPに輝き、8月の月間打率も驚異の4割5分7厘(35打数16安打、11日現在)を誇る。「(夏場は)休むときは休んで。コンディションを整えることを大事にしている」と話す好調の主砲がゲームを振り出しに戻した。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下の… 続きを読む