「プレミア12」タグアーカイブ

台湾が韓国を7-0完封 オリックス張奕が好投 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 台湾は先発したオリックスの張奕が好投し、東京オリンピック(五輪)の出場権を争う韓国に大勝した。初回に四球と内野安打から2死二、三塁とするも、韓国の5番金宰煥をフォークで空振り三振。立ち上がりのピンチをしのぐと波に乗り、4四球を与えながらも7回途中4安打無失点に抑えた。「ベストを尽くしていい投球をしたかった。失点することは考えなかった」。6日の1次ラウンド・ベネズエラ戦も7回を無失点に抑えた右腕。負けられない戦いで、チームに… 続きを読む

侍吉田正尚「ホッ」6打席目で待望の初安打&初打点 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 侍ジャパンの吉田正尚外野手に待望の一打が生まれた。1回2死三塁で、直球に詰まりながらも右前適時打。大会6打席目で初安打&初打点となった。初戦ベネズエラ戦はスタメン出場も、4打数無安打1敬遠。2戦目のプエルトリコ戦はスタメンから外れるなど主軸として力を発揮できなかった。「初安打だったので、打ててホッとしました。しっかりと振り切ることができました」と、かみしめた。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクを… 続きを読む

侍吉田正尚が適時打「強くいいスイングできた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 侍の5番・吉田正尚外野手が、反撃の一打を放った。6点を追う4回無死二塁。カナダ2番手のリッチモンドから右翼フェンス直撃の二塁打を放ち、日本に待望の1点をもたらした。「チャンスだったので、積極的に行こうと思いました。強く、いいスイングができました」。前日のフリー打撃では柵越え4連発を披露。好調さをアピールした。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

侍J・山岡、2日連続ブルペン「肩が緩かったので、締める意味で投げた」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 (前略)山岡(オリックス)が投手陣でただ一人、2日連続でブルペンに入った。稲葉監督が見守る中、スライダーやカットボールを交えて34球を投げ込み「肩が緩かったので、締める意味で投げた」と説明した。 シーズン中とは違う大会使用球を扱う感覚も「かなり良くなっている。後は打者が立ってどうか」と言う。カナダとの強化試合の2試合に向け「試したいボールとかはない。抑えにいく。結果を求めてやっていく」と力を込めた。※当記事の引用は全て以下… 続きを読む

侍・山岡、仲間と対戦に苦笑い「球種が分かって打っているのが見えた」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 11月に開催される野球の国際大会「プレミア12」に出場する日本代表が26日、宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で若手主体のオリックスと7イニングの練習試合を行い、3-1で競り勝った。 山岡(オリックス)は普段のチームメートとの対戦で2回1失点だった。「知っているメンバーなので、ここでスライダーを投げてくるだろうなと分かって打っているのが見えた」と苦笑いだった。 今大会ではプロ野球の公式球とは異なるボールが使われる。持ち球であるカット… 続きを読む

侍・吉田正尚「勝ちにつなげられる打撃」先制適時打 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 侍ジャパンの吉田正尚外野手が「5番」の役目を果たした。4回無死一塁、左中間を破る先制の適時二塁打を放った。1回の第1打席は1死満塁で遊ゴロ併殺に終わっていたが、期待に応える一打になった。「5番ということでポイントゲッターと言われていた。勝ちにつなげられる打撃だったりプレーを、1日1日やっていきたい」と先を見据えた。※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

侍・山岡 会沢から金言 左対策へ“新球”カットボール <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 11月開催の国際大会『プレミア12』に臨む野球日本代表「侍ジャパン」の宮崎強化合宿2日目となった23日、投手6人全員がブルペン入り。山岡泰輔投手(24)は会沢翼捕手(31)から左打者対策の金言を授かった。 「カットボールを左打者の内角に使えるんじゃないかと言ってもらいました」 今季は対右打者の被打率・196に対して左は・275と分が悪かった。内角へのカットボールは春のキャンプで練習したものの、シーズン中は使うことがなかったという。… 続きを読む

侍ジャパン・山本由伸、リリーフ起用へ「どの場面でもしっかり責任持って投げたい」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 侍ジャパンのオリックス・山本由伸投手(21)が22日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsカナダ」と「第2回WBSC プレミア12」に向けた宮崎での代表合宿初日を終え、充実の表情を浮かべた。キャッチボールなどで汗を流し、「世界一を目指してチームの戦力になれるように頑張りたい」と決意をにじませた。 今季はチームで先発ローテを担い、最優秀防御率のタイトルを獲得。侍ジャパンでは先発、中継ぎ、抑えを含めたジョーカー的… 続きを読む

オリックス山本由伸 来季背番号「18」エースへの成長を期待 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 来季、オリックス・山本由伸投手(21)の背番号が『43』から『18』に変更されることが20日、分かった。 プロ3年目の右腕は今季は先発として20試合に登板し8勝6敗、防御率1・95で球団史上最年少で最優秀防御率のタイトルを獲得した。球団関係者は「ウチにとって18と19は中心になってもらう人がつける番号。山本はふさわしい成績を挙げてくれたし、期待も大きい」と絶賛した。 『18』は山本にとっても特別な背番号だ。今季までつけていた岸田は… 続きを読む

オリックス山岡がプレミア12へ順調 打者12人で安打性1本「思ったより良かった」 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 プレミア12の侍ジャパンに選出されているオリックス・山岡泰輔投手、山本由伸投手が20日、秋季練習が行われているオセアンバファローズスタジアム舞洲でシート打撃に登板。同じく侍ジャパンの吉田正尚外野手らを相手に実戦形式の練習を行った。 プレミア12の公式球はスリランカ製。少し小さく感じるというそのボールが山岡にはピッタリ合うようだ。打者12人に対して41球を投げ安打性はわずかに1本。 「思ったより良かった。スライダーはちょっと… 続きを読む