「▼元・バファローズ関係者のニュース(2015以前退団者)」カテゴリーアーカイブ

ヤクルト退団の大引啓次が引退「夢のような13年」 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 今季限りでヤクルトを退団した大引啓次内野手(35)が、29日までに現役引退を決断した。「プロ13年は夢のような時間だった。3球団で多くの指導者やスタッフ、チームメートと出会えたことは自分の財産」と振り返った。9月に球団から来季の戦力構想外を通告されたが、現役続行を視野に引退セレモニーを辞退していた。NPBでのプレーを最優先に考えていたがオファーがなく、年末を迎えるタイミングで決断した。12月には学生野球資格回復研修を受けており、高… 続きを読む

原田孝一氏死去 阪急、南海でプレー <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 原田 孝一氏(はらだ・こういち=元プロ野球投手)24日午後0時25分、慢性心不全のため兵庫県西宮市の自宅で死去、91歳。熊本市出身。葬儀・告別式は26日午後0時半から西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は長男洋佐(ようすけ)氏。 熊本商高から49年に阪急(現オリックス)入団、54年には15勝(17敗)を挙げた。南海(現ソフトバンク)に移籍した59年限りで現役引退。通算成績は229試合で43勝44敗、防御率3・22。※当記事の… 続きを読む

イチロー氏、冠杯で地元の子供にラスト2メッセージ <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(46)が大会会長を務める「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の最後の閉会式が22日、愛知県豊山町の豊山町社会教育センターで行われた。イチロー氏は、故郷の子供たちに「伝えたいことは2点あります。これからは自分自身を、自分を、教育していかなくてはいけない時代。そのことが大事だと思う。もう1点は外に出て、体験して、感じてほしいということ」とラストメッセージを送った。イチロー氏… 続きを読む

山田久志氏がオリックス春季キャンプで臨時コーチ <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスのOB会会長である山田久志氏(71=日刊スポーツ評論家)が、春季宮崎キャンプで臨時投手コーチを務める。5年連続のオファーを快諾し「2クールぐらい。10日ぐらいまでです。今年はピッチャー3本柱を作らないといけない」と意気込んだ。特に期待するのは「左の田嶋」で強化指定選手とした。「(山岡、山本と)若い3人で競わせないと」と、最下位からの逆襲へ先発3本柱の確立を目指す。先発ローテーションを守った山岡には「1年間しっかり… 続きを読む

元阪急高井保弘さん死去 代打本塁打“世界記録” <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 代打本塁打の“世界記録”を持つ元阪急(現オリックス)の内野手・高井保弘(たかい・やすひろ)さんが、13日午前9時44分、腎不全のため兵庫・西宮市内の病院で死去した。74歳だった。通夜は14日午後6時から、告別式は15日午後0時半から西宮市高畑町2の25「エテルノ西宮」で執り行われる。喪主は故人の妻・高井安枝さん。愛媛県出身。今治西から名古屋日産を経て64年に阪急に入団。9年目に代打要員として1軍に定着。投手のクセや配球を徹底的に研… 続きを読む

イチロー氏異例マリナーズ在籍で学生野球資格回復も <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 今季限りで現役を引退したイチロー氏(46=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が、13~15日に都内で行われる学生野球資格回復研修を受けることが12日、分かった。プロ経験者が学生野球の指導者になるためには、同研修の受講が義務づけられている。資格回復が認められれば、イチロー氏は国内で高校野球、大学野球の指導が可能となる。(後略)※当記事の引用は全て以下の記事からです。記事全文は以下のリンクをクリックしてご覧ください。 … 続きを読む

オリックス 生誕100年西本幸雄メモリアルゲーム 来年4・25西武戦で開催 <バファローズ最新ニュース>

こんにちは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは7日、来年4月25日・西武戦(京セラドーム)を『誇り高き名将 西本幸雄メモリアルゲーム』と称して開催すると発表した。 これは山田久志OB会長(71)をはじめ阪急・オリックスOB会からの要望に球団が応えたもの。この日行われたOB会の冒頭で山田会長が明かした。「来年が西本さんの生誕100年。京セラドームを満員にして、しのぶ日にしたい」。当日は西本氏の誕生日。1967年初優勝時の阪急ブレーブスのユニホームを着用し、全員が西本… 続きを読む

猛牛V戦士・404発の中村紀洋氏が殿堂候補入り <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 野球殿堂博物館は3日、来年の野球殿堂入りの候補者を発表した。(中略)猛牛のV戦士・中村紀洋氏(46)も、プレーヤー表彰の新候補に選出された。01年梨田監督率いる近鉄の4番で46本塁打、リーグ最多132打点で優勝に貢献。この年に55本塁打を放った3番ローズとのコンビで“いてまえ打線”の中核を担った。メジャーでは活躍できなかったが、日本復帰後もオリックス、中日、楽天、横浜などを渡り歩いた。NPB通算2101安打、404本塁打。… 続きを読む

イチロー氏 圧巻草野球デビュー 4打数3安打1打点&16K完封勝利 <バファローズ最新ニュース>

おはようございます。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 マリナーズなどで活躍し、3月に現役を引退したイチロー氏(46=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)が結成した草野球チーム「KOBE CHIBEN」が1日、オリックス時代にプレーしたほっともっとフィールド神戸で高校野球の強豪、智弁和歌山の教職員チーム「和歌山智弁」との初陣に臨んだ。  イチロー氏は「9番・投手」で出場。打席では2回は四球、4回は一塁強襲の三塁打、5回は捕ゴロ、7回は二塁内野安打、8回は右前打で4打数3安打… 続きを読む

元近鉄の庭師ブライアント氏始球式、伝説死闘も回顧 <バファローズ最新ニュース>

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 1980年代後半から90年代半ばにかけて近鉄の主砲として活躍したラルフ・ブライアント氏(58)が25日、京セラドーム大阪でのオリックス-日本ハム戦で始球式を行った。現在は米アトランタ州で、庭師へと異色の転身を果たした同氏は、現役時代と同じ背番号16のユニホームを着てマウンドへ。年齢を感じさせないフォームからノーバウンドで投げ、打席に立ったオリックスのモヤは笑顔で見送った。大観衆の観衆に包まれ「とてもナーバスになったよ。でもボールが… 続きを読む