2022/8/11(木) オリックスバファローズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスバファローズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス
(2022/8/11 17回戦 京セラドーム大阪)

勝利投手 宮城 (7勝6敗0S)
敗戦投手 弓削 (0勝1敗1S)

<バッテリー>
(イーグルス)弓削、津留﨑、福井、鈴木翔 – 太田、田中貴
(バファローズ)宮城、宇田川 – 伏見

<本塁打>
(イーグルス)浅村 19号ソロ(7回表・宮城)
(バファローズ)頓宮 4号2ラン(2回裏・弓削)、杉本 15号ソロ(4回裏・弓削)

■頓宮の先制パンチが効いた!

※今日はほぼハイライトです。

快勝でしたねー。ひとまず、この3連戦はマッチアップから想定される最低限の星勘定は達成できた感じにはなったのかなと思います。

今日はまず打線が頑張ってくれましたねー。頓宮の先制パンチ、効きました!

近めを意識させるボールがあった中であってはならない失投でしたが、それを逃さず特大弾。これは景気づけに十分だったと思います。ここ最近の打率は4割超と、それこそ1塁守備が磨かれていけばもっと出れるはず。

※それだけに、ヒーローインタビューのあの感じ(守備の件をギャグにしちゃったヤツ)はちょっと残念だったかな、個人的には。解説の岡さんにも照れ隠し、と言われていましたが…。結局のところ失策やもたつきに「ふつうに、素直に」向き合っていかないと…とは感じましたね…。

■元がプロ初スタメンでマルチ!打点!

あとは忘れちゃいけないのはプロ初スタメンの元!マルチに打点といい一日になりましたねー。

広告下にも本文が続きます。

まぁ、こちらもちょっと組み立てを見ると「なめ過ぎたか…」という感じもありましたが、少し警戒感が上がる中で2本目を出したのがGOODでしたねー。2本とも得点に関係する安打になりましたし、本人が自負する「勝負強さ」の片鱗は見せてくれたんじゃないかと思います。

しかし、上記の頓宮の件もそうですが…この3連戦の野手起用は「ナカジマジック」だったといっても過言ではないと思いました。さすがに起用した選手が揃いも揃って打つ、ってのは想定していなかったです。

なんせ今日は下位打線からのつながりが非常に良かったと思います。紅林も猛打賞で、そこから上位に流れるところも小技などでうまくつなげていましたしね。14安打の割には点が…とも思いましたが、チャンスを作りながら0点になったのは結局8回だけでしたし、今日はまぁいいか、と思います。

■宮城-トライバッテリーでようやく7勝目。

こういう諸々がありつつ、宮城-トライバッテリーは8回まで行けましたね!やっと7勝目、挙げられましたねー。しかも被安打2。1失点で済んだのもかなり久々。ようやく好投してくれて本当に良かったと思います。

勝ってないだけに、いかに力まずに投げさせてあげられるか…ってところにウェイトがかかっていたと思いますし、そこを実現しきれてよかったと思います。

また、最終回には初めてリードして宇田川の登板でしたが…こちらはやはり、ゆっくりステップアップでよかったかも。先頭四球もありつつ、前の2試合に比べたら明らかに操れていないボールがあったんで、あれだと競るとちょっと怖いかなーとも感じました。もちろん、球威は文句なしでした。

■明日からもめちゃくちゃ大事…。

ひとまず、1日でもう一度3位は取り返せました。明日からホークス戦…ここも無茶苦茶大事になりますね…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2022年・オリックスバファローズ8月の関連ニュースまとめ>
8月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。


↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック(タップ)、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク

「2022/8/11(木) オリックスバファローズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス」への8件のフィードバック

  1. 宮城が久々の快投でしたね。伏見も良かったです。
    頓宮、打撃に集中するなら一塁コンバートでも良さそうですけどね。もちろん守備も練習しないといけないけど。
    元、とりあえずいいスタートになりましたね。
    どこまで出番があるかは分からないが、出た試合で結果を出して行ければ。
    センターが出来ればチームとしてはかなり大きいですから。
    竹安もこの流れで好投を期待したいですね。

    1. ゆうきさん
      コメントありがとうございます!

      宮城-トライバッテリー「らしい」感じが久々に出てくれましたねー。本当に良かったと思います。
      一方で頓宮…悩みどころなんですよね。捕手自体の数は「足りない」んですよね…。ただ、一塁やるならそれこそ今の意識じゃダメなんちゃうかなーとは感じるところも。なんせ、もっと総合力は欲しいですよね。
      元はいいスタートきれましたね!ひとまず、自分のストロングポイントはアピールできましたしね。センターで総合力を発揮できれば…。

      明日の竹安も、良い流れで行って欲しいですね!

  2. 管理人さん、こんばんは。

    快勝でしたね。
    管理人さんがおっしゃる通り、この3連戦、野手の起用は「ナカジマジック」炸裂という結果に。初戦の西野選手、2戦目の大下選手、そして今日の元選手(先制ツーランの頓宮選手もマジックの広い意味で含めますが)と下から上がってきた選手を絶妙なタイミングでスタメン起用し、全員が得点に絡む活躍をしてくれましたね。
    これはファームからの報告をうまくすくい上げ、一軍に上げてからも試合前の練習もしっかり確認し、選手一人一人に一軍でどういうことをしてほしいかきちんと伝えていざスタメンでの起用にしっかり準備をさせているからだと思います。
    1試合毎の結果に関しては自チーム、相手チームの様々な要素が絡むので、個人的には起用責任や采配の巧拙等を細かく指摘してもタラれば論に陥ることもあるので、あまり好きではありません(管理人さんの長年チームを見て来られた上での指摘、考察は参考になります)。先週の日ハム3連戦の先発3人に関しても同様で、竹安、東の二人はまずは良く投げた、試合で出た課題を克服して次も頼むぞ、一ファンの立場としてはそれでいいんではないかと思っております。当然うまく行くこともあるし、うまく行かないことも多々ありますよね。
    さすがに残り20試合を切る段階では違ってくるでしょうが、中嶋監督は1試合1試合の結果に汲々とはせず、出た選手で勝利を目指すというスタンスで、常に長いスパンで基礎的なチーム力を引き上げるために腰を据えた選手起用を行ってくれているのが良いと思います。ソフトバンク相手にも起用した選手がまずは自分の力を発揮してくれれば、そしてそれがうまく噛み合えばきっと勝てるでしょう。
    元選手が、一昨年のドラフトでDeNAの牧選手より早く指名されたのは将来大きく育つ可能性に球団が賭けたからだと思います。一軍定着まではまだまだ長い道のりでしょうが、寄り道することなく努力を続け、いずれ主力の座までたどり着いてほしいですね。
    今日は勝ったので余談をさせてください。高松商の浅野翔吾くんは凄いですね。最初の右中間のホームランは驚きました。オリックスは外野のプロスペクトが3人いるので、指名はないのかもしれませんが、来年どの球団に行くのか気になりますね。球団のスカウト陣を信じて今年のドラフト会議も期待して待ちたいと思っています。
    本日も余談込みで長文失礼いたしました。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      いやぁ、正直これはもう、ナカジマジックでしたね。全的中はさすがにすごすぎました。
      元に関しても、正直ほんまに良かったのは先月やったよなーとも思っていたので、このタイミングで結果が出たのも意外でした。

      今年は特に…なんというか去年以上にコロナがらみがね…。うちもありましたし、ヨソも不憫すぎて…ってのも多々あり…なのでね。
      そういう中ではありますが、根拠を感じにくい起用も少なく、今年の方が個人的にはチームに馴染めてきたのかなと思っています。選手も起用内容を説得してくれる場面が多く見受けられていますね。

      次はホークス戦ですが…ここも、ひとまず悪くても1勝2敗で行ってくれれば…でいいかどうかが今年は読めない…。
      ただ、逆境で粘って大きな連敗をせずに…と来れているのは力がついてきた面も出てきたのかなと思います。元はここからスタートですが、今日のことは大きな自信になったはず。総合力のある選手になんとか…。

      しかし高松商の浅野選手は…これ、1位候補ですよね…。
      さすがにプロスペクトばかりを抱えると育成が滞ってしまうので指名はないと思いますが、球界の宝になっていけるか、楽しみな選手だと思います。

  3. 昨日の今日で嫌な流れを断ち切った勝利は大きいですね。宮城は久しぶりに完璧に近かったですし、元、頓宮とナカジマジック大当たり。
    勝ち越せてなによりでした。

    1. おかぴーさん
      コメントありがとうございます!

      今日は相手方にイヤな流れも(瀧中の感染は響きましたね…)あった中で割り切りもあるとは思いますが、宮城が快投してくれて何よりでした。
      また、頓宮をはじめとする野手起用をここまで当て切ったのは本当に凄いと思います。ローテ的にも勝ち越しは最低限、といったところでしたが、ひとまず良かったと思います。

  4. 平野とワゲスパックが投げられない状況だけに宮城が8回まで投げてくれたのが大きかったですね。頓宮は先制ホームランは見事でしたが1塁守備はまだかなり危なっかしく、このままだとどっちつかずな印象になってしまいますよね。打撃一本で生きていくのか、意地でも捕手を貫き通すのか本人がどちらかに振り切らないといけない時期に来ているのかなと思いました。元も抜擢に見事に答えましたね~まあ確かに初安打の時は相手の配球も消極的過ぎというか緩急も無くただ漫然と外角に集めるだけでちょっと雑では有りましたが、それだけに2本目が価値が有りましたよね。去年は2軍でしばらく打率が1割以下どころか5分くらいの時期すら有ったりと非常に苦しんでいた所を見ているだけに感慨深いです。外野専念するようになってから少しずつ打撃が良くなってきてましたが、初めてのスタメンでいきなり結果を出す辺りスケールの大きな選手になりそうな期待感が有りますよね。まだまだ課題は山積ですが今後も楽しみです。

    1. 遊二朗さん
      コメントありがとうございます!

      宮城が8回まで行ってくれたの、本当に大きかったです。打線も点差を広げておく理想を達成出来てよかったと思います。
      しかし頓宮については…なんというか意識の面がね…。守備のこと、ギャグにしていい状態やと思ってる人、いるのかな?と思ったのが正直な印象。打撃についても「最近の数字はいいけど…」という状態なんですから、もっと必死さを見せていかないと。この点に関してはチームとして甘やかしたのはいい判断ではなかったかもなーと感じています。

      元はほんと、二本目が大きかったです。1本目はさすがに舐めすぎ(太田も配球面がね…なんというか、2試合続かない印象はあります)。
      しかし去年もそうですが、今年も長らく1割台でちょっとこれは一軍とかいう話はないのかもなーと思っていたんで、よくここまで上げてきたなと思います。外野一本の形になってから(こういうのを見ると、やっぱりプロの見立てってほぼほぼ、正しいんですよね…頓宮の件とも少し絡みますが)集中ができるようになってきたのかなと思います。
      もちろん今年来田と衝突した件など、守備とかに課題はかなりあるやろうと思いますが、スケールは楽しみですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。