2021/10/25(月) 東北楽天ゴールデンイーグルス VS オリックスバファローズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

東北楽天ゴールデンイーグルス VS オリックスバファローズ
(2021/10/25 25回戦 楽天生命パーク)

勝利投手 山本(18勝5敗0S)
敗戦投手 田中将(4勝9敗0S)

<バッテリー>
(バファローズ)山本 – 若月
(イーグルス)田中将、ブセニッツ – 炭谷、田中貴

■この内容なら、もう後悔なしで。

※今日は全部観れました。

この内容なら、あとどう転んでも後悔はしないと思います。一番最後でいいゲーム見せてくれてよかったと思います。

まずは山本-若月バッテリーですかね。15連勝・18勝完封締め…。

今日はなんだかんだ、ドキドキせずに観てられました。得点圏もほとんどなかったですし、そもそも強いコンタクト自体が銀次のヒットと最後の方の浅村のデカいフライ(駿太、ほんとビッグプレーでした…)だけだったかなと。

なんせ、バッテリーワークとして引き出しの開け方がうまくいった感じでしたね。途中までほとんど開けてなかったカットボールの引き出しを開けて、そこできちんとハマったところでもう安心して見ていられましたね。

しかし若月と安達がフライ落球はマジで驚きました…(若月は今季初失策)。ほんとどっちも大事に繋がらなくてよかった…。

■紅林は持ってた。そして9回の攻撃が本当に良かった!

一方では打つ方は…紅林、やっぱり持ってるんですかねということ。どちらも幸運な当たりでしたが連続でのタイムリーでしたからね…。

まぁ、打ったことはもちろんなんですけど、それよりも紅林は守備が良かった(こっちは運がらみではない)!特に浅村の深いゴロをノーバン送球で危うくないアウトにしたのは…。これはもう、完全に「力」だと思います。

ほんで何よりも良かったと思うのが、この2点だけで「終わらなかった」こと。最後「こじ開けて」取ってくれたことですね。2ランスクイズとは…。

転がした安達はもちろんのこと、2走の駿太もよく走った!これはもう、ベンチの勝ち(失敗リスクを考えても、点差や打順を見れば1点入れば十分だったから「むやみに攻撃的過ぎる」わけではない策だった)。

※この回はチャンスを作る過程もよかった。ラベロがマルチ、杉本が「右打ち」で繋ぎ(最終盤の代走を出せるタイミングだからもちろん単打の価値も大きいタイミング)、と「自分で打って」でしたからね。

■最終結果、どうなったとしても。

ひとまず、やれることはやったと思います。最後がこれであれば、もう最終結果どうなっても後悔なしで。

次のステージに向けて、気持ちを高めておきたいですよね。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2021年・オリックスバファローズ10月までの関連ニュースまとめ>
10月までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。

↓ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「2021/10/25(月) 東北楽天ゴールデンイーグルス VS オリックスバファローズ」への16件のフィードバック

  1. いやあしびれました。しびれました。
    由伸の神ピッチ、紅林の守りにタイムリー、持っているというか、見事でした。
    ツーランスクイズに駿太のスーパープレー、全員で勝つ野球でした。
    もう結果はどうなっても悔いなしです。
    知り合いのママさんも仙台に遠征。
    いい締めくくりでした。

    1. おかぴーさん
      コメントありがとうございます!

      やり切れましたね。最後の試合が一番安心して見てられました。
      今日はきちんと「全員で勝つ」野球になっていたと思います(ここが何より)。
      やることやりましたし、あとはもう気にせず待つのみ、ですね。ママさんも遠征、行った甲斐ありましたね!

  2. 間違いなく今年のベストゲーム。
    あそこでKANAASHIを成功させるとは。
    2011年や2014年の最終戦の記憶も塗り替えました。
    あとは10.19 の記憶を塗り替えろ!
    (なお私は物心着いてない)

    1. こたふさん
      コメントありがとうございます!

      さすがに2ランスクイズはやられました。見事。
      しかし一番最後の試合が一番安心して見てられたのは本当に大きかった!
      あとは10.19…ほんとそこだけは不吉ですが、なんとか!

  3. プレシャーに襲われている中、紅林が何かが持っていましたね。
    紅林の守りと幸運な安打
    あと1点ほしい所に、イーグルスをダメージ与えた安達のツーランスクイズは、お見事でしたね!
    ベンチの作戦勝ちでした。

    伝説の10・19の状態になりましたね。
    マリーンズ、もうあとがない状態に追い込んだので
    どんな結果に転んでも後悔ないと思います。

    1. ひろしさん
      コメントありがとうございます!

      今日はプレッシャーって言っていいミスしかなかったのもよかったです。
      しかし紅林は持ってました!のっていって守備もいい動きでしたねー。
      あとは2ランスクイズは本当に効きました。一番プレッシャーの少ないところでようやってくれました。

      なんせ、もうできることはないので後悔なしで行きたいですね。

  4. ベストを尽くしてくれました。シーズン全体で見ればまだまだ修正の余地はあると思いますが、本当に強くなりましたね。今はただ、それだけです。

    1. わすれたさん
      コメントありがとうございます!

      ほんま、始まったころ…というか、つい最近まで「これは…」って場面も多かったですが、最後でこれを出せたのは本当によう頑張りましたね。
      もちろん!これが一発屋的なものではいけないし、それは望まざるところ。ですが、このカチっとしたところが定着していけば…。

  5. ポストシーズンありますが、ひとまず、公式戦全日程の更新お疲れ様でした!
    7年前を知らないのでCSにオリックスが関係あるというのが不思議な感覚です

    個人的にはメラドで先発田嶋が一回も無かったのが残念。自分の体調が良くなく、来年は球場に足を運べるかどうかも分からないからなぁ…(メラド有観客試合で田嶋は未だ勝ったことが無いという事実)

    まあ、ポストシーズン、全力で行ってほしいですね!

    1. サイタジさん
      コメントありがとうございます!

      7年前、あのときも本当に強かった…。そのシーズンを終わってからこのブログを始めたので、私も初めてのAクラスです。

      あら、サイタジさんまずは本当にお大事にしてくださいね!もちろん来季はどこかで田嶋がライオンズ戦、ってのはあると思いますしね。
      そして今年はまだポストシーズンがありますからね。気合を入れ過ぎずに、いまのテンションで行けたら…。

  6. 山本、凄かったです。
    今年ほとんど屋外球場では投げてなかったので心配でしたがそれも吹き飛ばしてくれました。
    安達や若月は硬さが出たのかな?
    紅林が良くやってくれました。
    後は千葉ロッテの結果待ちですね…

    1. ゆうきさん
      コメントありがとうございます!

      あまりいいイメージのない仙台でしたが、山本快投でしたねー。素晴らしかったです。
      しかし安達以上に若月は身体が固まっていたかも。まさかの今季初エラーでしたからね…。ただ、無失点リードなんでね。本当によく頑張ってくれました。
      安達は2ランスクイズも決めましたし、このへんも良かったですね。
      それにしても紅林は…押しも押されもしない存在に、ここからなっていってほしいですね。むしろもう来年が大事やでってことですね。

      しかし、もうロッテだったとしても後悔なしです。やることはやりましたし、ロッテは間違いなく強いのでね。

  7. いや~最後にこんな良い試合が見れて感無量です。まだシーズン全部終わってないけど凄いやり切った感が有りますよね。出場選手の殆ど全員に見せ場有ったと言っても過言ではないと思いますが、個人的に影のMVPは駿太!ツーランスクイズでの好走塁(ここは風岡コーチの判断も素晴らしかった!と同時にここでも度々ポンコツ扱いしてほんとすみません…)に守備でも超ファインプレーは痺れた!2軍でも腐らずこの日までに準備してきたんだなと思うと目頭が熱くなりました。安達も若月もプレッシャー故なのからしくない凡ミスも有りましたが、他のプレーでしっかりカバーできてたと思います。初3番のラベロも地味に良い働きでした。紅林も開幕時を振り返るとほんとビックリするくらい攻守に成長しましたね。宮城と言い近頃の未成年の成長速度半端無い(笑)死球の影響もほぼ無くなったようでこれも良かった(千賀の方もも借り?はある意味返してくれたようでなにより)
    最後に由伸、本当に素晴らしかったです。相手のマー君にも隙らしい隙が無かった中で粘り負けなかったですね。紅林や宮城の急成長が良く話題になりますが、もしかしたら今年一番成長したのって実は由伸なんじゃないかと最近思い始めている自分がいます。しかし今年はどこも本当にしんどいシーズンだったと思います。試合が終わった時、選手達の表情も勝った喜びよりも最後までやりきった事への安堵の方が大きいように感じました。とりあえずこの先の結果はどうあれCSまではゆっくり休んで!ですね。

    1. 遊二朗さん
      コメントありがとうございます!

      やり切りましたよ、いやほんとにね。最後でこれは本当に大きいです。
      駿太はようやってくれましたねー。超好捕に超好走塁!そして風岡コーチもよく回しました(とはいえ、もう転がった時点で回すのは「既定事項」だったかも…)。
      正直、今年の感じだと駿太が残ってくれるかは不透明ですが、それでもいい準備をしっかりしてくれたことが非常に良かったと思います。
      ほんで若月・安達はらしくない働きもありましたが、それ以外で完全に取り返せてましたしね。良かったと思います。

      一方のラベロは…ちょっと解説の野口さんからは気になるコメントも。実際、相手方から見て「もったいな…」と感じたのはラベロの2本。
      外はブンブン来そうな感じ(打球も引っ張り込み気味…)があったので、そこはできる限り直しておいてほしいかな…。もちろん気をよくしておいてほしい、とは思います。
      ほんで昨日は本当に紅林がね…素晴らしかったですね。攻守ともに、本当に年間通じ、ようこらえました。紅林本人のコメントを見ると首脳陣というより、ついていき切った紅林を褒めたいかな…(内情の話が出てきたところ、今の時代っぽくないやり方やな、とも感じたので…。紅林の結果が出ずにあの「苦しかった話」がポロっと出てたら袋叩きだったはず)。もちろん粘り強く使ったことももちろん評価されてしかるべき、ではあります。

      そして山本は本当に一皮むけましたね。精神面がオリンピックで磨かれたかなと。今までは精神面に関しては脆さも結構あった山本ですが…そういうのが6月以降全くなくなりましたよね。
      しかし今年はしんどいシーズンではあったものの、ハッキリと「ただ弱かっただけ」のチームが結局、なかったように思います。どこも強さはあったと思います。
      なんせ一回CSまで休めながら調整してほしいですね。

  8. ちょっと大げさてすが、「わが応援に一片の悔いなし」です。選手達も、首脳陣も、チームとしても、そして私らファンとしても、やる事はやりました。やるべき事はやりました。その結果、あとはまさに天命を待つだけですね。もし、それで届かなかっても諦めがつく、ちゅうか、しっかとCSに切り替えられます。本当、よく勝ちました。よく勝ってくれました。世間は、由伸登板で勝てて当たり前〜当然勝つ、てな雰囲気でしたが、私は心配性なとこもありますが、かなり不安で、なんか見ていくのも怖いくらいでした。で、由伸は上々の出だし~立ち上がりも、案の定、心配していたようにマー君には手も足も状態······。そのマー君、さすがにかなり気合いが入ってましたね。コーナーコーナーに丁寧なピッチングで、お見事でした。見てても、あかん、こりゃ打てんわ·····と、お手上げ状態。でも、ペニがこじ開けてくれました。見てが悪いボテボテな凡ゴロでも、初めての得点圏で、あの低めの球によう喰らいついてくれました。そして2点めも、これ又ラッキー、ポテンヒットタイムリー。守っても、後ろに前にと、二つの攻守。特に浅村のは救いましたね。打たれた瞬間も、あかんやられた、同点や····も、あんな深い位置からのグラブさばきとノーパン送球。お見事でした。そして攻守と言えば、もひとつ駿太。まさに、イチローさんを思い出したくらいのプレーで、駿太まだまだ健在!をアピールするかのようで、ほんま嬉しいプレーでした。それとあのツーランスクイズの見事さもあったりして······。正直、最後この大一番で、チームのひ弱さが出るんやないか·····と不安一杯でしたが、逆に全員で躍動できましたね。ほんま、レギュラー最後を締めくくるにふさわしい、CSにも大いに弾みがつく「全員で勝つ」なゲームでした。来週末のCSが、ファーストになるかファイナルになるか、神なみぞ知る····ですが、でも、最高の手は打ち終えました。どっちにしろ·····今はワクワク感で一杯です。楽しみに結果待ちしたいと思ってます。

    1. モリケンさん
      コメントありがとうございます!

      やるべきことができた、とにかくそこが大きかったと思います。
      ぶっちゃけると、昨日は「優勝かかってなくてよかった…」とも思ってました。勝っても優勝じゃない、ってのは少しチームの圧を減らしたかなと。
      チームとしては落球があったものの、そこ以外は重圧をやたらと感じる場面もなく、落ち着いて試合を見れた格好でしたね。

      ただ、マー君はめちゃくちゃよかったです。正直、スコアプレーは不運もかなりあったかと…。それでも、紅林は「持ってました」。守備も本当に良かったです。
      あとは駿太!点差がついていたとはいえ、何が起こるかわからんところで大飛球を安打にしなかったのはめちゃくちゃ大きかったです。ツーランスクイズも見事でした。

      なんせ、とにかくどっちのCSになったとしても、ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。