2021/4/22(木) オリックスバファローズ VS 埼玉西武ライオンズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

オリックスバファローズ VS 埼玉西武ライオンズ
(2021/4/22 6回戦 京セラドーム大阪)

勝利投手 漆原 (1勝1敗1S)
敗戦投手 増田 (0勝1敗6S)

<バッテリー>
(ライオンズ)伊藤、佐野、宮川、松本、ギャレット、平良、増田 – 森
(バファローズ)増井、富山、能見、比嘉、漆原 – 頓宮

<本塁打>
(バファローズ)頓宮 3号ソロ(6回裏・宮川)

■ジョーンズの「三ゴロ」は確認していたんですが…。

※ゲン担ぎで、リアルタイム観戦自粛中です。ハイライト中心です。

いやぁ…何が起こったんですかね?上述の事情で、負けるまでアプリでしか追わない、としているんですが…今日は実は9回に見るかどうかちょっと迷ったんですよね。3点差で負けてるし、流れ変えられるかもしれん、とかってね。

でも、やらなくてよかったです。心から。

ただ、負けたと思っていました。ジョーンズの「三ゴロ」はアプリで確認したのでね。で、しばらく別件をこなして「はぁ…明日からゲン担ぎも終わりか…」って思ってアプリを改めて見たら「6-6」の文字。

え?

今日のも「執念」ですよね。その「三ゴロ」についてのリクエストで覆り、試合が「終わらなかった」ことで大きく流れが変わって岡田が同点打をぶちかまし(岡田は猛打賞!4打点!)…

今日はここで終わらず杉本が決めた!ほんっと、頼れる選手になってきた!

今日に関しては勝ったことがすごいですから。マイナス点も多々ありましたが救われたと思います。

■頓宮は反省点も多々あったけれど…。

今日はぶっちゃけ、普通に負けたと思いました。なんせ失点内容は悪かったですもんね。ここは結果とは関係なく反省が必要かと…。

まず、頓宮は頑張ったところと、もっと頑張ってくれってところが混在…。

先制の2失点の内容はどっちもまずいもの。犠飛もヤだな、ってところで高め勝負して長打喰らったり、そのあと増井のボールをストップしきれず追加点になった点は反省が必要かなーと。

ただ、4・5回の大きなピンチは連続で0でしのいできたことはよかったんですけどねー。これがなかったらもっと早く試合が終わっていましたからね。

もっとも、これも8回の愛斗走者一掃(初球の入りはもっと慎重に…彼、初球全部手を出していたんでね…)で消し飛んじゃったな…って感じではあったのでね…。

※しかし、能見さんは申告敬遠したあとに当てちゃったのが痛かったですね…。

それでも、一時同点となる本塁打で頓宮と増井が抱擁しているのを見て、このコンビは継続していってもいいと思いました。経験で頓宮を育てていってほしいですね。

ちなみに、9回に漆原-頓宮コンビでパッと片付けさせた采配はよかったと思います。

絶好のラクな場面でしたし、これで漆原も頓宮もひとまず落ち着くと思います。まさか、漆原もこれがプロ初勝利になるとは思っていなかっただろうと思いますが…。こういうのから勢いもらって、頑張っていってほしいですね!

■「止まらない猛牛特急」へ。

しっかし、まさか勝つとは…。この3連戦は急に執念があふれてきた形。今でも、あの日曜日のチームと同じチームか?と思います。

この3タテはきちんと勢いとして掴んでいってほしいです。次のカードでさらに「止まらない猛牛特急」になってくれたら…。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2021年・オリックスバファローズ開幕から4月末までの関連ニュースまとめ>
開幕から4月末までの関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「2021/4/22(木) オリックスバファローズ VS 埼玉西武ライオンズ」への10件のフィードバック

  1. 野球のカミサマっているんだなと、ここ数年こんな感激したことはありません。
    泣けましたよ。見てもしょうがないと思っていたら、カミさんが見ればとテレビをつけてくれて、あれよあれよと連打。ジョーンズのサードゴロをなぜか、佐藤がセカンドに投げてアウト。
    しかし、どう見てもセーフでひっくり返って、岡田のあわやサヨナラ満塁ホームランのような三塁打、杉本サヨナラ。源田が珍しく諦めました。
    辻監督の茫然自失、中嶋監督の涙、素晴らしかったです。

    1. おかぴーさん
      コメントありがとうございます!

      私はアプリで受けてたんで、ただの三ゴロで終わった、と思っていたんですよね。しかし佐藤は…敵ながら、こういう判断ミスはうちは笑えないところ。気持ちは引き締めておきたいですね。
      しかし岡田が打って、杉本が決めて…。執念が実ってきましたねー。というか、ほんまにこの3連戦を迎えるにあたって中嶋監督、何をしたんでしょうかね…。最低クラスの状態からここまで一気に上がったのは本当にすごいことやと思います。

  2. こういうのがあるからファン辞められないんですよねぇ。
    昨年のロドリゲスvs秋吉といい…
    Tのは2010年神戸のvsグラマンくらい興奮しました。
    次は2014CS第2戦のスリーランくらい興奮したいですね。

    あと中川はよく反省してほしいです。
    あの場面ノースリーから手を出すのは、アグレックスとは言いませんから。

    1. こたふさん
      コメントありがとうございます!

      いやぁ…すごかったですね。
      ロドリゲス、ほんであの手負いのTがグラマンから打ったヤツ、そして次はあのCS級へ…。

      あ、そうやなんか忘れてる気がすると思ったらそれがあった!試合結果でかすみましたけど中川のそれ、特大のミスですよね。満塁でしたから、絶対にミスはダメでしたからね…。

    2. 最後は、杉本がサヨナラで今季初の3連勝と獅子からの3 タテとなりましたが、もちろん反省点もあった試合であると思います。
      勝負のポイントになった9回裏、ジョーンズの三ゴロを佐藤が1塁に投げていたらゲームセットになっていたはずが、判断ミスで最後は、命取りに
      僅かな希望を繋げた代走小田の足が大きいかったと思います。イケイケムードになって増田を、精神的に追い詰めてトドメが杉本が、サヨナラになったと思います。サヨナラ安打になった時、源田も珍しくダメージになっていましたね!

      漆原は、敗戦濃厚のプロ初勝利でしたね。

      1. ひろしさん
        コメントありがとうございます!

        よう勝ちました!杉本、岡田、本当に良く打ちましたね!ただし、バッテリーにも攻撃にも反省点はありましたね。
        しかし判断ミスは本当に命取り。それはうちこそよくわかっているというか…苦笑。しかし走者小田やぞ、って件は辻監督かなりのお怒りだったそうでね…。
        源田もさすがに堪えたようですね…。もっとも、ライオンズは故障者で戦力が苦しい故、むしろよう勝ってきてたなという印象ですからね…。

        しかし漆原には大きなプレゼントになりました。これを意気に感じて持ち直してほしいですね!

  3. 能見さんが崩れた時は流石に今日は負けたかと思いましたが、まさか増田から4点取るとは・・ほんとに執念の勝利としか言いようがないですよね。佐藤のチョンボから始まったとはいえ1回のリクエストでここまで明暗分かれた試合も珍しいんじゃないでしょうか、というかリクエスト無かったら普通に負けていたわけでほんとリクエスト制度に足向けて寝られないですね!(笑)T、杉本の9回2アウトの土壇場から2連打は神懸かってました。特に杉本は本当に粘り強くなりましたね~。2軍漬けの日々も無駄ではなかったと今なら思えるというか、少なくとも以前のブンブン丸のままでは今回のサヨナラ打は無かったでしょう。しかし仰る通り先週末と同じチームとは思えないですよね。この3連戦の采配見ても中嶋監督の意識が明らかに変わったように見えます。

    1. 遊次郎さん
      コメントありがとうございます!

      能見さん-比嘉さんラインの繋ぎのアレ、大失敗になってしまいましたからね(あの入り方は頓宮、猛省してほしい…)。
      で、平良に普通に鎮火されてましたし、増田から4点はさすがにないやろ…ってのは、中嶋監督も思っていたはず(だからこそ、漆原の再生よりの采配だったはず)。
      しかしリクエストがある以上、ほんと軽率な判断はほんまに御法度ですね。その怖さはウチが一番よく知っているのではないかと…。

      しかし岡田はこれ含め猛打賞、杉本は粘っこくなりましたね(こういう打者になったのは本当に意外)。
      というか、杉本はちゃんと二軍に漬けてよかったと思います。むしろ紅林や太田は抜擢が早すぎた感が出てきてますね…(太田はずっとスランプで、紅林は警戒されたらまた止まった感じ…)。

      それにしても、采配が別人のようです。で、正直育成よりに振ると思っていたんですが…完全に「勝ちに」いくようになりましたね。
      結果として、太田や紅林が「ヘンに目立っていない」のは大きな改善だと思います。少し前は「太田が打つかどうかが勝敗握ってる」みたいになってましたからね。

  4. 55+99=感動!!ゾロ目の香水香る二人が、とんでもない事をやらかしてくれました。
    瞬間、何がおこったんかと一瞬分からなくて、ぼっ〜。凡ゴロや思たんが、転々ぬけていってたんですね。いやぁ、凄い。昨日の宗君の一発も凄かったけど、こんな事ってあるんですね。やし、野球て怖い、ちゅうか面白いなぁ。あのなんでもない5ゴロが、一瞬の判断ミスでこんな事態に変身~発展してしまうんやから·····。“ 絶好調 ” Tの、ラオウよ繋ぐから、あとも頼むぞ!の集中力が、きれいなインさばきのどでかい当たりを生んで、あとを託されたラオウも、引っ掛け気味やったけど、絶妙なコースに転がるという幸運さを生みました。それも、ともに7球めという粘りもありましたね。
    ここでふと思い浮かんだんが、初戦の正尚のメッセージ弾。まさに、“ 執念 ” でした。と、プロ野球ニュースの高木豊さんが言ってました。代走小田をきっちり送ってたんが功を奏したと。まさに勝利に対する “ 準備~執念 ” でしたね。これで、この試合に限っても、レフト正尚の返球Wも、増井さんの2度にわたる大ピンチを、見事無失点で切り抜けた事も、ちょっと地味~やけど、又してもやってけれました!富君の見事な3凡斬りも、ちょっと信頼を失いかけてた漆の、超速5球3凡処理も、ほんで、想像すらでけんかった感動ラストへと繋ぐ序章の、宗君と正尚のヒットと、全て全てが見事に繋がりましたね。そして、初戦~2戦めの粘りの勝利を無駄にならず、夢にまで見た?見事なカード3タテという結果にも繋がりました。
    さあ、札幌!当日移動で大変やろうけど、さぞ嬉しい疲れやろうし、この最高ムードを持ち込んで、又どんどんやってくれるでしょう!「痛みを知った者は強い」〜「底を味わされたチームの復元力は、凄い!」

    1. モリケンさん
      コメントありがとうございます!

      香水効果か…もう止められませんね笑。
      しかし打者走者ジョーンズで一塁で刺さないのはダメダメ…佐藤は一発二軍送還の可能性も…。
      で、ある意味「負けた」あとだから気持ちもラクではあったのかもと思います。余計なことを考えず、気持ちが集中できたんでしょうねー。
      岡田、杉本、ほんまにようやってくれました!

      正尚の執念弾から、流れ繋がってますね。この3戦はここまでまったく足りなかった「執念」が存分に味わえました。
      ほんで、試合を捨てないといけなくなるような打たれ方を増井-頓宮バッテリーがしなかったこと、正尚の返球もよかったと思います。あと小田!本当にしっかりした準備が効きましたね!

      で、富山はもう信頼を掴みかかってますね。しかしまさか適性がリリーフだったとは…(先発で育ててたし、もちろん方向性としておかしくない)。
      漆原はプロ初勝利になりましたね!5球締めでこれまた、自信を少し取り戻せるんじゃないでしょうかね。

      ほんで、ロッテ戦とは真逆の内容になったんですよね(このときはすべてが悪い方につながった…)。
      で、ファイターズ戦。絶対にこないだみたいな油断をせず、上に上がるきっかけにできるように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。