2020/6/28(日) 千葉ロッテマリーンズ VS オリックスバファローズ

こんばんは。オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。

千葉ロッテマリーンズ VS オリックスバファローズ
(2020/6/28 6回戦 ZOZOマリンスタジアム)

勝利投手 東條(1勝1敗0S)
セーブ投手 ジャクソン(0勝0敗1S)
敗戦投手 増井(0勝1敗0S)

<バッテリー>
(バファローズ)山本、澤田、海田、増井、比嘉、山田 – 若月
(マリーンズ)美馬、小野、東條、ジャクソン – 田村

<本塁打>
(バファローズ)T-岡田 2号2ラン(1回表・美馬)
(マリーンズ)レアード 5号ソロ(8回裏・増井)

■山本と言えども、力みがあったか…。

とりあえず、冒頭で言うておきたいのは…

無理やと思ったら「観ない」勇気も重要です。暴言で足を引っ張るぐらいならね。勝ってないときにそんなの、チームが落ちるだけだと思うんでね。

それを踏まえた上で、今日は全部観たんですが…今日は良くないときに見る山本、でしたね…。援護がサッと3点も入ったんで今日は行けるで、と観てる側からは思ってしまったんですが…。

※追加点となる岡田の2ラン、お見事でしたよね。

山本と言えど、やはりチーム状況はあったかな…。力んで抜ける失投が決めの部分で…。プロセス部分はうまく行ってたのが裏目に出ちゃった感じ。

山岡がケガしたことで、プレッシャーが分散できずってところもあるし、ちょっとね…。これは誰も責められません…。

■マリーンズはデッカイミスを選手が取り返してたなぁ…と。

しかし、これは私自身の反省でもありますが…ミスにピリピリしすぎかもな、と思いました。負けてるから仕方ないところもあるけれど、やっぱりカバーがなかなかし切れないのがね…。

※今日もついつい、挟殺プレーでモタモタした場面で怒声を出してしまいました…。これではアカン…。

というのも、今日最大のミスは実は相手方の…「先を見据えるとはいえ、たったの2点差しかない場面で、この連戦中に悪い捕まり方もしている小野を、8回のシビれる場面に、守備固めしてまで出した」ことですからね。

結果もご覧の通り、余分に投手を使う羽目になって、好投の美馬の勝ちを消してしまいましたからね(小野、茫然自失でしたよね…)。岡田にロドリゲス、ナイスタイムリーでした。

…でも、それをすぐ、選手(レアード)がフォローしたでしょ?

こういう両輪ができてきつつあるのが現状のマリーンズなんですよね(当然、勝っているからこそ、という前提付きではありますが)。結果的に相手ベンチは温存策を打ってミスったのに、傷をほぼ残さずに済んだ、っていうね。

■得点に慌てるような姿はもうなくしていってほしい。

とにもかくにも、勝ちたいって必死さは継投にも表れていましたし、決してやる気がないわけではないというのは伝わってきています。

ただし、失点ならともかく「得点に慌てる」ような姿はもう、なくしていってほしいです。落ち着いて、動かないことを意識していいと思います。動けなんて言われてるの、私はここ最近は見ていないです。

■普通に野球していい。

とにかく、このチーム状況からは逃げずに…ということですね。策を弄さず、普通に野球することが一番苦境脱出から近いんやないの、と思います。

次回のオリックスバファローズ最新ニュースもお楽しみに!

<2020年・オリックスバファローズ6月の関連ニュースまとめ>
6月の関連ニュースまとめはこちらをクリックしてください。

<オリックスバファローズ・月別ニュースまとめ>
月別のニュースまとめはこちらをクリックしてください。



↓ブログランキングに参加しております。
当ブログを今後も読みたい、と思っていただけましたらお好きな方をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

オリックス・バファローズランキング

スポンサードリンク


今、あなたにおススメ

「2020/6/28(日) 千葉ロッテマリーンズ VS オリックスバファローズ」への21件のフィードバック

  1. 8回の風岡氏の判断にはもうなんていうか、びっくりしました。
    ロドリゲスもさぞやびっくりしたと思います。
    「え?何でホーム突入してないの?」
    ペーニャが原拓也にブチ切れしたのを思い出しました。

    ロドリゲスはミスショットも多く、タテの変化に苦しんでいますが、二日連続チャンスでのヒットですね。
    何とか、日本野球に順応してほしいです。

    あと今日良かったのは、ジョニー黒木の解説です。
    割と中立的で、きちんと両チームの試合を見返して研究なさっているのだなと。
    おかげで冷静に観ることができました。

    また来週、ですね。

    1. こたふさん
      コメントありがとうございます!

      なんというか…風岡コーチがどうというより、一塁の佐竹コーチと見解の共有ができていないように見えます。
      途中で西村監督を交えた三人で話をしている場面がありましたが…。あれのストップ自体は悪い判断ではなかったと思います。(今日は次が若月でしたからね)

      ロドリゲスはミスショットがもう少し減ってほしいですね…。殊勲打はありましたが、それまでは一番美馬を助けていたんでね…。
      比較的気楽な打順を打たせるのは悪くないと思いますし、調子をあげてもう一回「2番」って話が出てくるぐらいになれば…。

      黒木さんよかったですよねー。ホッとする解説。おかげで連敗中でも暗くなり過ぎずに観れました。

      まぁ、また来週ってことですね。もう開き直ってやっていくしかないです。

  2. 今日は競馬の方が絶好調でストレスフリーで見られました(笑)とにかく、野球観戦ができることに感謝です。本来はできなかったかもしれないわけですし。もう、勝敗は関係なく楽しむしかないです。ただのファンの立場ですからね。

    1. おかぴーさん
      コメントありがとうございます!

      よかったです笑。
      こうやって、ファンの立場からも切り替えながらやっていくのが務めの一つかなと思います。

  3. 山本、らしくない投球でしたね…
    救援陣も踏ん張れないのが厳しい。
    打線は打ててないわけではないのですが、やはり守備、走塁ミスがそのまま悪い流れに繋がってしまっているのがね…
    試合後の選手の表情見ると悔しさが伝わってくるだけにね…
    歯車さえ噛み合えば行きそうな感じはあるだけに前を向いていって欲しいです。

    1. ゆうきさん
      コメントありがとうございます!

      山本はある意味で「アカンときの、らしい投球」でしたね…。オラーってのが悪い方向に出ましたね。
      救援陣は…海田が素晴らしい投球で流れ持ってきてくれたんですけどね…。増井も決定的に悪いか?と言われると…。

      しかし、気持ちのゆとりが持てないなら、そこは割り切ってほしいですよね。負けてるうちはムリ=勝つまでは平穏が訪れない、となってしまいますもんね。
      ただね、負け犬のまま終わりたくないって気持ちは全体として感じるようにはなってるんですよ。そこを買って応援していきたいですね。

  4. お疲れ様です。

    今年はガックリくる負けが多い感じです。
    圧倒されたよりかは接戦での守備のミスや四球から負けてるのが勿体ないですね。
    村西の時以外は接戦で負けてる印象です。

    噛み合わない試合が多いですが、それでもある程度は戦えていると個人的には思います。ミスを減らせば噛み合う試合も増えてくるとは思いますので
    選手や監督、コーチも来週からは切り替えてやっていって欲しいですね。

    ちなみに来週は誰が先発でしょうか。山崎か鈴木優、微妙ですが榊原あたりでしょうかね。

    1. みーくんさん
      コメントありがとうございます!

      正直、まるっきりチーム作りに失敗しているか、と言われるとそうではないと思うんですよね。
      ちょっとしたことでガラッと変わる可能性も感じるんですが…。それこそ、今日の試合を踏まえて山本頼みを封印すれば、それはそれで甘えみたいなもんをなくせるっちゃなくせますし、前向きに行ってほしいですね。

      来週は…山崎と榊原は来るでしょうね。鈴木優もありそう。なんせ山岡も離脱しちゃったんでね…。

  5. 何だか色々とダメージがやってきた1週間でしたね…。
    チーム全体で奇策に走らず、出来る事をしていって欲しいです。
    そのうち良い事があると信じています。

    1. ゆうさん
      コメントありがとうございます!

      一番は、たしかに奇策に走らないことかと思いますね。
      普通にやって負ける方が納得感はあると思います。

  6. 管理人さん、こんばんは。

    戦える形はできていると思います。来週先発は3人入れ替えになりますが、山崎福也、榊原、鈴木優らがすぐ行ける状態で、まだ漆原投手、富山投手らも二軍で経験を積んでいるのでその次の準備もできています。リリーフも疲労がたまらないように入れ替えはできると思います(近藤投手も投げていますよね)。野手も含めチャンスが巡ってきた選手は一軍に残るために何が何でも結果を出すという強い気持ちと技術を磨き続ける高い意識を持ってほしいですね。上がってきた選手がちょっとだけ噛み合っていないチームの歯車をうまく合わせて回す役目を果たしてくれると勝ち切れるようになっていくと思います。
    とにかく昨年から若い生え抜きの選手たちが敗戦の悔しさを実体験として味わっていることは無駄じゃないと思っています。今年はT-岡田選手も安達選手も元気で、その背中を見ながら自分たちの力で勝つんだという気持ちを20代の選手たちが強く持ってくれればチームは必ず強くなってくれるはずです。
    管理人さんや皆さんがおっしゃるように、この苦しい状況にしっかり向き合って下を向かずに戦ってくれればそれで十分と思っています。自分の課題、チームの課題、それらは地道に一つずつ克服していくしかありません。その先にいずれ結果は出せると信じています。今日の試合負けましたが、今のチームなりにみんなで一体になって戦えていたと思います。まだまだ希望はありますよね。

    1. ひさしさん
      コメントありがとうございます!

      とりあえず、二軍が調子いいのが救いではあるんですよね。入れ替え自体は不可能ではなく、ある程度の結果は想定していい陣容だと思います。
      (そういえば、今日はKが調整登板できっちり抑えていたようで…。彼はチーム事情としても早く帰ってきてほしい)
      なんというかね…惜しいんですよ。それも去年よりはるかに。以前のように、補強組になにもかもを甘えてしまうようなチームではなくなってきてますしね。

      ほんでね、岡田はやっぱり変わったと思うんですよ。
      今日も山本に声掛け率先していってましたし、試合終わった後も悔しそうにグラウンドを見つめる姿とか、以前はあまりなかったような…。
      この「今のチームなり」の部分を「受け止める」という覚悟をもって応援したいですね。

  7. 2死から連続四球で失点とらしくない投球が目立った
    山本でしたが、冷静に見たらまだ21歳なんですよね。
    今までが凄すぎて観てるこっちもちょっと麻痺している
    部分が有りました。今の山本に足りないのは今日のような
    重圧の掛かる試合を経験した場数だけだと思うので、
    今年はとにかく怪我せず最後まで投げ抜いて欲しいです。

    そんでもって今日の管理人様の記事を見て自分もハッと
    した部分が有りました・・連日ミスが目立つから負ける、
    というよりも負けているからミスが目立つんだな、と。
    勝っていれば「致命的なミス」なんて言われないですし
    結局は今日のマリーンズのように誰かがミスっても
    他の誰かがカバーすれば良いんですよね。(実際に
    勝った試合の時のオリックスもそれはできていたはず)
    まあこの状況ですのでどうしても皆心が荒れがちですが、
    ファンとしては信じていくしかないんですよね。
    辞めろと罵声を浴びせるのも石を投げるのも簡単、
    しかしそれをやった所で現実は何も変わらんわけで・・
    とにかくファンとしても「弱小が強豪になる過程」を
    観ていると割り切っていくしかないように思います。

    1. 遊次郎さん
      コメントありがとうございます!

      山本は出力の制御がもう一歩、できれば…。あとは経験ですね。

      そういうことなんですよ。マリーンズも多くはないですが、ミスはあるんですよ。
      マジな話、事情はあれど8回に「すでに捕まっている」小野が出てきたときは「なめんなよ!」とちょっと思ったのも事実でね。
      もしあのままうちが追い越して勝っていたら、連勝中なのにヘンな空気になった可能性も十分に考えられますしね。ただ、それを「勝ったから」カバーできているんですよね。
      でも、うちはカバーができずに首脳陣だけが(といっても過言ではないでしょう…。選手の過大評価が異様に目立つ…)叩かれっぱなし…。うーーーんってやっぱりなりますよね。個々人がもっと自分の仕事に集中力を持たないとね…。

      現実がなにも変わらなければいいんですけどね。実際は「悪くなる」んですよね。SNSの影響とか、ナメない方がいいです。
      それこそ、私自身、批判もしますけど「選手や関係者も見ている」と思って書いています。こういうところは意識しておきたいと思っています。

  8. 6連戦6タテの最悪な状態で終わりましたが
    ミスなければ勝てた試合
    2軍は、調子が良いので救いがあるかなと思いますし将来の1軍成績に直結するので
    若いチームだけにファンも我慢しなければならない部分も、あると思います。
    勢いがついてしまったマリーンズを止めるのに山本の気持ちも重すぎた感じしました。
    チームは、気持ちが空回りしている部分あると思いますが、下を向くのではなく上だけ向いてほしいですね。
    今年は、T-岡田と安達の同級生コンビが元気なので背中を見て育って行ってほしいです。
    山岡緊急降板した時に、たまたま観ていたのですが、解説が里崎さんでしたが山岡のケースは、今年は準備期間が短すぎたので調節不足による故障が、どこのチームでも不思議でないと話していました。

    管理人さんと同様で現状を受け止めることで応援したいと思います。

    1. ひろしさん
      コメントありがとうございます!

      ミスが「目立って」しまいましたね…。カバーするって気持ちを、私自身も忘れてしまってました…。
      なんせ、「ほっといてもいい」選手の数が12球団でおそらく一番少ないのがウチ。
      コロナ禍との相性を考えたら練成させる時間が短いともっとも厳しいんよなぁ…と、今更ながら思います。

      岡田と安達、今年は中堅ベテランらしく行ってると思います。成績ついてきてますしね。
      しっかし、故障が一番怖いのはうちも相当に自覚アリですからね…(内野陣…ほんまはよ帰ってきてくれー…)

      現状を受け止めて、難しいときはちゃんと野球とのディスタンスとって、チームのジャマせず応援していきたいですね。

  9. 敢えて触れさせてもらいますが、Tのエラーが由伸の球数、スタミナを奪ってしまい、後に響きましたね。あそこゲッツーなら波には乗れたと思います。ただTはバットで貢献しているのも事実。結局噛み合わへんなーという感じです。

    6連戦通じて感じたのは、ロッテのデータ分析が緻密で効果的なのかなと。当初はいいあたりが正面を突くアンラッキーが多いなぁと思ってました。ただこれだけ続くとそれは必然。守備位置以外にも思い切った終盤の盗塁、打者の球種の張り方などよく分析されていると思います。
    昨年の相性を踏まえて、しっかり分析されていたのでしょう。安易に最低勝ち越しと言っていた自分も反省です。

    僅差や逆転負けが多いのはキツいです。僅差のゲームを取れるような強かさを学んでほしい。早く噛み合うのを期待してます。正尚、そろそろ頼むで!

    1. アルパカさん
      コメントありがとうございます!

      そこ、触らなかったんですが(あのエラーはまぁ、ねぇ…)響いてもうたのも事実でしたね…。
      岡田は打ってるし、その辺との絡みがね…。

      マリーンズ、能力そのものよりも確かに出ている感じがありましたね。特に今日はそれを顕著に感じました。
      勝ち越し狙いに関しては私も安易な考えあったと思いますし、反省していく必要がありますね…。

      勝てばいきなり変わりそうな気がするのも、若いチームの特徴。正尚、そろそろほしいですね!

  10. 初めてコメントします。
    プロ野球が始まって楽しいはずなのに、なかなか辛い毎日ですね。
    汚い言葉のないこのブログ以外は読めなくなっています。
    勝ったら祝杯をあげようとすると禁酒状態になってしまうので、昨夜は「由伸君の負けが消えてよかった」と思って飲みました。

    外野の声を気にせずに、のびのびプレーしてほしいです。

    1. ポンさん
      はじめまして、コメントありがとうございます!

      なかなか厳しい状況ではありますねー。
      私は「負けた腹いせに呑む」みたいな行動は避け、ということが大事だと思っていますので、そうやって前向きに呑むのは良いと思います。

      正直ね、負の側面が多いのであればSNSとかはムリしなくていいと思いますね。特に選手個人はね。
      のびのびやっていける環境は、それこそ私たちも作っていきたいですね。

    2. 横から失礼します。
      ポンさんほんまにそうですよね、ここだけです、安心して閲覧出来るのは。管理人のHALさんに感謝感謝です。
      因みに私はアルコールに関しては、二月から十一月までは、優勝への願掛けの為に原則禁酒してます。冠婚葬祭などのイベントと球場でだけ呑みます。今年は球場は無理そうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。